旬の情報!ホタルイカの身投げは富山県!時間や注意点とは?

スポンサードリンク

ホタルイカ。

美味しいですよね〜

春になったら、食べに行きたい・・・

そんなホタルイカの身投げで有名な所はというと、

富山湾!

ロマンチックですね〜

食べるけど(笑)

ということで。

富山湾でのホタルイカの身投げ情報

お教えしちゃいます!

ホタルイカの身投げはどこで見られるの?

富山湾でのホタルイカの身投げスポットと言えば!

滑川市ですね。

富山県は、ホタルイカ群遊海面と言って、

国の特別天然記念物に指定されている現象があります。

けっしてホタルイカが天然記念物ではありません。

ホタルイカが押し寄せる海面が特別天然記念物

なんです。

不思議ですよね(笑)

しかも、普通の天然記念物ではなく、
特別が付いているんです。

ホタルイカ自体は、日本全国の深海にいるんですが、

産卵のために、こんなにも大量に沿岸部に押し寄せるのは、

富山県、富山湾だけなんです。

世界一!

なんですね。

そしてこの滑川市付近の海岸は、

ホタルイカの水揚げ量は世界一!

世界一のホタルイカの身投げを観賞することが出来るんです。

スポンサードリンク

ホタルイカの身投げが行われる時期や時間は?

まずは時期のお話。

ホタルイカの産卵は、3月〜5月のあいだ。

6月に見られる可能性も、無くはないんですが、

確立で言うと激減します。

そしてやっぱり、一番確立が高いのは、

4月の深夜!

でも、毎日見られるわけではなく、

条件が重ならないと、見ることが出来ません。

しかもその条件が重なっても、

100%の確立ではありません。

こればっかりは、運ですね。

自然は不思議がいっぱいです・・・

で。

その条件ですが、こちらです。

  • 新月前後(月が見えない夜)
  • 満潮の深夜
  • 南よりの風で、穏やかな風と波
  • 晴れていて、水が透き通っている

なかなか難しい条件です。。。

でも諦めないで下さい。

風や水は、なかなか読むことが出来ませんが、

新月だけは、読むことが出来ます!

そして新月の日は、

他の条件が重なりやすいっ! と思う。。。

では2016年度、3月〜5月、

新月の日をお教えしちゃいましょう!

  • 2016年 3月9日(水) 10:55
  • 2016年 4月7日(木) 20:25
  • 2016年 5月7日(土) 4:30

当然、昼は光りません。

ですので、この中で一番オススメな日程は、

2016年 4月7日(木) 20:25

でしょう!

2番目は、

2016年 5月7日(土) 4:30

ですね。

起きていられれば・・・^^;

そもそも、ホタルイカの身投げって何?

ここまで触れていませんでしたが、

いちおう説明しておきます。

ホタルイカは、3月〜5月の産卵の時期になると、

海岸に大量に押し寄せてきます。

そして、数千から1万ほどの卵を生んだ後。

力尽きて死んじゃいます。。。

その力尽きた身体が海岸に打ち上げられる様子を

「身投げ」と呼んでいるんです。

ホタルイカは、触手の先っぽが発光しているので
「ホタル」の名前がついているのですが、

その触手が発光したまま海岸に打ち上げられて、

海岸全体が青く光っている様は幻想的です。

ロマンチック・・・そして!


ホタルイカ

見る分にはロマンチックなんですが、

やっぱり食べたい!

そんな花より団子なあなたにオススメなのは、

ホタルイカすくいですね。

特別天然記念物だからと言って、

許可は必要ありません。

準備する物は、

  • クーラーボックス
  • 懐中電灯
  • ゴム長靴

と、こんなところでしょうか。

あとは完璧な防寒対策ですね!

なぜゴム長靴が必要なのかって?

それは、海の中に入って採るからっ!

実は、海岸に打ち上げられたホタルイカは

美味しくありません。

砂まみれですし、産卵で体力を使い果たして、

死んでしまっているから。。。

ですので、まだギリギリ生きているホタルイカを

海の中で採るんですね。

食べる!

その方法ですが、

絶対に生では食べないようにして下さい。

ホタルイカの内蔵には、寄生虫がいます。

それも、ほぼ確実に。

もしも生で食べてしまうと・・・

病院直行ですね(笑)

内蔵を取ったら、生で食べられないこともないんですが、

出来れば加熱して食べた方が安全でしょうね。

もしもどうしても生で食べたい場合は、

ちゃんと近所のご飯屋さんに行きましょう!

加熱する場合でも、ちゃんと内蔵は取って下さいね。

ホタルイカの身投げは、美しく幻想的。

でもこれは、「身投げ」の名前の通り、

新しい命を生み出しているんです。

そんな生命の神秘を感じながら、
美味しく食べ観賞しまましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です