食費激減でも健康的!超節約お勧め献立を一人暮らしのあなたにご紹介!

スポンサードリンク

私が一人暮らしを始めたばかりの頃・・・

まず最初にぶち当たった壁は

「食事」でした。

毎日3食「美味しいご飯」を作るのが

こんなに大変だったとは…。

自炊出来なくても、

コンビニや外食すればいいじゃん!

と思った時期もありましたが、

やっぱり甘かった (笑)

出費が嵩み、

月末にはトホホな状態に陥ったことも。

食費は、ちゃんと意識しておかないと、

簡単にお金が飛んでいきますし、

毎食コンビニと外食では飽きます!

そしてやはりお肌や健康によろしくないです。

自分の反省を踏まえて、

実際に私がよく作り置きをする節約レシピを

紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

食費節約&冷凍なら2週間保存!簡単おすすめレシピ

まずは鶏肉。

私は一番お安い胸肉を使います。

(手羽やもも肉で作っても美味しいです)

✩鶏肉のトマト煮込み

【材料】

  • 鶏胸肉
  • カットトマト缶
  • コンソメの素、
  • にんにく(チューブでもOK)
  • 塩こしょう
  • オリーブオイル

【手順】

①オリーブオイルと、

にんにく薄切りをフライパンで炒め、

一口大に切った鶏肉を入れ、トマト缶を投入。

②煮立ったらコンソメを入れ、10分ほど煮ます。

③塩コショウで味を整えて完成!

保存容器にソースごと入れて、

冷蔵で5日、冷凍で2週間程度持ちます。

時間が経てば味も染みて、

うんと美味しくなってくれますし、

初めて作っても失敗なし!

私は一気に大量(胸肉1枚分)に作ります。

お弁当やご飯のおかずは勿論、

パスタに絡めて具沢山パスタ、

1食分を温めて冷ご飯を入れてリゾット、

おつまみにもなるし万能です。

結構飽きないんですよ〜、これ。

✩塩からあげ風

【材料】

  • 上で使った2枚入り胸肉の残りもう1枚
  • 塩こしょう
  • 片栗粉

【手順】

①一口大に切った鶏肉を、

塩コショウ、酒を入れたボウルでよく混ぜ合わせる。

面倒な時は、

スーパーでもらう透明の袋に全部入れて、

シャカシャカ振った後、ワシワシと揉み合わせます。

③揚げる直前に袋に片栗粉を入れて、

再度揉み込みます。

フライパンに揚げ油を入れて、

160~165℃に温めお肉を投入。

③色づいたら箸で裏返し、

3分ほど揚げて中まで火を通します。

箸で持ち上げて、

軽かったら火が通っています。

保存は、ジップロックなどの袋に入れて

冷蔵で3日、冷凍で2週間程度

温め直しはオーブントースターで。

これに、だし巻き卵やトマトと卵の中華炒め、

主食におにぎりが、私のお弁当定番です。

小さく切って炒飯の具にしたり、

節約レシピ定番食材のもやしと炒めたり、

なかなか使えます。

うちの近所のスーパーは、

週末に鶏肉が安くなるので、

その時に狙い買いしています。

2枚入りの胸肉を買い、

1枚はトマト煮込み、

1枚は塩から揚げ風やカレーにしたりと、

保存が効くレシピに使います。

もうひとつ、

よく使うのがきのこ類

しめじとえのきはお安いので、

まとめて買って、きのこミックスを作ってしまいます。

(しめじ1パックにえのき2袋、とか、その逆とか)

きのこミックスは、買ってきたしめじとえのきを

下ごしらえしてほぐして混ぜるだけ。

きのこは水洗いすると風味が落ちるので、

そのままでOK。

下ごしらえも、えのきとしめじの根元を切って、

ざっくり各3等分位に分けて、混ぜ合わせるだけ。

もちろん、

椎茸やエリンギを入れてもいいです。

すぐに使わないときは、

1食分ずつ袋に入れて冷凍保存。

冷蔵で4日、冷凍で2週間位持ちます。

では、きのこミックスを使ったレシピも

ご紹介します。

✩きのこ汁

【材料】

  • きのこミックス
  • だし汁
  • みそ

【手順】

①鍋にだし汁を入れ、火にかけ、

沸騰したらきのこミックスを入れます。

②再び煮立ったら1~2分煮て、

お味噌を溶き入れて完成。

きのこミックスは、

  • 炒め物
  • 汁物
  • パスタ

など、とにかく使えます。

私がよくやるのは、

きのこミックスと豚肉(バラとかの安いやつ)を

ポン酢で炒める、とか、

きのこミックスと白菜を、

トマト缶で煮てトマト鍋風、とか。

常備しておくと結構便利なのです。

惣菜を頼って!無理せず続けて自炊癖をつけよう


一人暮らしで自炊をしている人の、

平均的な月の食費は2万5千円位だそうです。

まあ個人差はありますし、

私も全然これより超えてしまいます。

疲れている時や、忙しかった週末などは

自炊する気力が出ない時も勿論ありますし。

そんな時はやはり、

手軽に外食やコンビニを使います。

平均は、

「なるべく食費を節約しよう」

という時の一つの目安にすると

良いかも知れませんね。

例えば、

平均的な2万5千円を食費の基本、

と設定し、

もし1万5千円で抑えられたら、

その月は1万円の貯金が出来ます。

無理をして切り詰めるのではなく

賢く予算を抑える工夫をしてみましょう。

では、実際どうやって食費を抑えるか。

やはりできる限りは自炊が良いので、

気が向いた時(休みの日など元気な時に)に、

大量作り置きが一番オススメです。

あとは、お米やパスタを購入しておきます。

お米は5kgで一ヶ月と少し位持ちます。

ネットで購入すれば、

重いものを持たなくてもいいですし、

定期便にすれば、少しお値引きされます。

調味料は、種類が多いほど便利です。

安く手に入れるよう、

100均とスーパーや業務用スーパーなど

見比べてみると良いでしょう。

3日分の買い物を1,000円程度に抑えれば

上出来と言われますので、

目安にしてはいかがでしょうか。

まとめ

def984046a0172d53793094288afa4f9_s

私の経験上、無理をして

「毎日毎日自炊!」

と頑張り過ぎると・・・

ある日突然、嫌になってしまいます。

上手くコンビニや、出来合いのお惣菜、

たまに外食を挟むなどして、

自分を甘やかしながら

持続していくことが大事だと思います。

一緒に頑張って

自炊癖をつけていきましょうね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です