原因不明のツラい腰痛!症状次第で内臓疾患を疑おう!

スポンサードリンク

今や腰痛は、日本人の国民病といわれるほど、

たくさんの人が悩んでいます。

日本人は、腰回りの筋肉が、

白人や黒人よりも細くて弱いため、

どうしても腰痛になりやすいんです。。。

腰痛の原因は、腰の骨や筋肉の損傷によるものから、

ストレスや、他の病気によるものまで、

原因は様々!

その原因を全て合わせると、

日本人の成人の90%以上もの人が、

一生に一度は腰痛を経験している、

とまで言われています。

そして、その原因の一つには、

内蔵の病気が原因になっている事もあるんです!

内臓疾患が原因か?

他の原因なのか??

今回は、そんな不安な腰痛のお話です。

スポンサードリンク

腰痛が起こりやすい物理的な理由

人間は、重い頭部を持ち、

直立して二足歩行をしています。

この身体の仕組みが、他の動物と比べて、

背骨に大きな荷重がかかる。

そして、その土台である腰骨(骨盤や腰椎)には、

とりわけ大きな負担がかかっています。

腰は、体重の多くを占める上半身の重みを

全て支える役割をしています。

そしてさらに、物を持ったり、

身体を曲げ伸ばししたりする、様々な動きの時にも、

いちばん負担がかかります。

特に、腰の背骨「腰椎(ようつい)」の

一番下の骨盤との境界部分には、

全体重の約60%が!

そして、腰を前に曲げると、

何とその4倍の負荷がかかります。

なので、日常生活で負担がかかる機会が多く、

若い時時からでも、腰痛などの症状が

起こりやすい部分なんです。

「ぎっくり腰」のように、原因が分かっている“急性腰痛”と。

病院に行っても原因が分からず、

湿布とかで、「ダマし、ダマし」過ごす“慢性腰痛”。

物理的な腰痛の原因は、

この二つに分かれています。

腰痛の85%は原因不明!内臓疾患を疑おう!


お腹が痛い女性

腰が痛いんだから、原因は「腰」だろう!

と思ってしまいがちですが、

腰の痛みを訴えて受診する人のうち、

椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」など、

原因が特定できる腰痛は、何と全体の約15%

「ぎっくり腰」を含め、

原因不明の『非特異的腰痛』のほうが圧倒的に

多いんです。

まず、腰痛を大きく3つのタイプに分けてみましょう。

❖内臓疾患からおこる「腰痛」

❖筋骨系の問題からおこる「運動性腰痛」

❖精神的要因(ストレス)から起こる「腰痛」

重い物を持ち上げた、腰を打った、

などの後で腰痛を発症した場合には、

原因が分かりますよね。

でも、思い当たる原因もないのに腰痛がおこる場合は、

内臓系の疾患を疑ってみる必要があります。

内臓性腰痛」の特徴は、姿勢や動作には関係なく、

常にシクシクと痛んだり、痛みのために眠れないほどの痛み方です。

筋骨系の問題による「運動性腰痛」の特徴は、

歩行時や、腰の曲げ伸ばしなどの動作などで痛みます。

ただ、横になるなど、腰への負担が少ない姿勢をすると

痛みが和らいだり止まったりします。

では、精神的要因の「腰痛」は、なぜ起こるのでしょう?

身体に損傷が起こると、

痛みの信号は神経をつたって脳に伝わります。

全ての人間の脳には、

この痛みの信号を抑制するシステムが備わっているんです。

ところが、長期間の過度なストレスや、不安のある状態が続くと、

痛みを抑えるシステムがうまく働かなくなります。

すると、痛みを実際以上に強く感じるようになってしまいます。

身体の機能をコントロールする「自律神経」のバランスも、

崩れてしまいます。

自律神経が過敏になり、

少しの症状でも強い痛みを感じるようになるんです。

考えられる病気などの紹介。


悩む女性

内臓がなぜ腰痛の原因になるんでしょうか?

人の胴体には、内臓がギュウギュウに詰め込まれています。

内臓の大きさが、病気などによって肥大すると、

内部からお腹や腰が圧迫されます。

この内臓による圧迫が、痛みとして感じられることが、

腰痛の原因となっているんです。

男性の場合、腰痛を伴う病気として考えられるのは、

「慢性胃炎」「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「胆嚢炎」

「胆石症」「胆道結石」「慢性膵炎」「腎盂腎炎」「腎がん」

「尿路結石」「尿管がん」「膀胱がん」「腹部大動脈瘤」「便秘」

などなどが・・・

こんなにもたくさんあるんですね~ ^^;

帯状疱疹になった事がある人は、

神経痛のため、腰痛になっている事も・・・

それぞれの対策方法など。


ポイントを言う女性

もし、「ぎっくり腰」になってしまったら!

痛みが起こったのが自宅なら、

背骨にかかる負担を軽減させるために

直ぐに横になりましょう。

仰向けに寝て、ひざを曲げたり、

ひざ下にクッションを置いて、

足を高くするのが最も楽な姿勢。

または、横向きに寝て、エビのように丸まって、

一番楽な姿勢をとって下さい。

外でおこった時は、

壁や柱などにもたれて呼吸を整え、

腰を下に垂直に落とすようにして固定。

ひざを軽く曲げて、

クッションのように衝撃を吸収させながら歩いて移動。

壁をつたいながら、カニ歩きをすると、

少し痛みが楽になってきます。

腰痛が激しい時は、とにかく腰を動かさないこと!

通常、2~3日で痛みが軽くなってきます。

「安静」「冷却」「圧迫・固定」を行いましょう。

◆精神的要因(ストレス)から起こる「腰痛」への対応

整形外科でも「問題ない」

内科的にも「問題がない」

そんな場合は思い切って、

心療内科や精神科を受診してみましょう。

まずは、腰部の痛みをとる薬物療法を試みます。

主に、非ステロイド性消炎鎮痛薬が処方されますが、

精神的な要因を改善するためには、

抗うつ薬が有効なケースもあります。

心理的療法や、カウンセリングなどを行った方が

良い場合もあります。

まとめ


眉間に指を当てる女性

*がんこな腰痛が続くとき

*発熱したとき

*腹部・背中など

ほかの部位の痛みが出ているときには、

特に注意が必要です。

内臓系の疾患による腰痛の場合、

だんだん症状が強くなる可能性もあります。

腰痛の原因になりやすい腎臓疾患は、放置しておけば、

命に関わる事態にまで発展する病気でもあるんです。

必ず、かかりつけの整形外科医で診察を受け、

腰痛以外に病気がないかどうか?

調べるようにしましょう。

必要があれば、検査設備の整った病院を

紹介してくださるはずです。

この際です!

キチンと原因を調べましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です