花粉症の薬!気になる頭痛は本当に副作用?

花粉症の薬の副作用シリーズ。

前回までは、

この二つの気になる事に対して、
お話をしました。

いや〜。

ただの都市伝説的な内容や、
思い込みだけで信じきっていた事などなど。

色々とあったんじゃないでしょうか。

かく言うわたしも、知った当時は目から鱗状態に!

「へぇ〜」

って感じで、へぇボタンでも押してしまいそうになりましたよ。

ちょっと古いネタですが・・・(^_^;)

では今回は、花粉症の薬でもう一つ気になる副作用。

頭痛についてのお話をしましょう。

[ad#co-1]

花粉症の薬で頭痛は副作用?

いろんな病気に対する薬の副作用で、
頭痛はけっこう一般的。

当然ですが、心臓病に対しての薬や、
脳に対しての病気の薬など。

病気が重ければ重いほど、
薬の効果も強くしなければいけません。

必然的に、副作用は強くなってしまいます。

頭痛が起こる可能性も高くなり、
かなり重い頭痛になってしまうことも、
やむを得ないでしょう。

そして。

花粉症の薬の副作用でも頭痛はあります。

ただ花粉症自体は、
命に関わるような重い病気ではありません。

ですので、現在の研究結果では、
そんなに深刻な頭痛は起こらないというデータが出ています。

花粉症患者にとっては、
かなり重い病気に感じるんですけどね〜。。。

花粉症の薬を服用している人、
けっこうな確立で副作用で頭痛が出てくる人は多いのですが。。。

わたしの周囲の人、特に女性は、
バファリンなどの頭痛薬を併用して、
痛みを抑えてしまおうとする人が多いんですけど。

でもこれ、絶対にやめておきましょう!!

いくら花粉症の薬が、あまり強くないとは言っても、
医師の判断無く、二つ以上の薬を併用してしまうと、
他にどのような影響が出てしまうのか?

怖いものがあります。

市販薬を素人判断で服用することほど、
怖いものはありません。

もしも頭痛が我慢出来なかったら、
一度、医師に相談をするようにした方が良いでしょう。

花粉症でも頭痛が起こることもある!!



その頭痛、本当に薬の副作用ですか?

違う原因は考えられませんか??

というのも、実は花粉症でも、
頭痛が起こることもある
んです。

花粉症の主な症状としては、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

これらが代表的。

この症状が重い場合は、
鼻の粘膜が炎症を起こしやすいです。

炎症が悪化してしまうと、
脳に十分に酸素が行き渡りにくいので、
そこから頭痛に発展している可能性もあります。

でも、それだけならまだマシ。

さらにもっと怖いのは蓄膿を発祥している可能性

  • 鼻通りが全然改善されない
  • 頭痛が長引いている

このような症状の場合は、
蓄膿を疑ってみて下さい。

蓄膿を簡単に説明すると、
鼻の奥、顔の骨の空洞部分に、
膿がたまってしまう症状。

この蓄膿という病気は、悪化してしまうと、
口の中を切って、顔の奥、骨の奥から膿を吸い出すという、
かなり大掛かりな手術になってしまいます。

花粉症を、薬を飲まずに乗り越えようとして、
こじらせてしまって蓄膿になってしまう・・・
なんて事例も、多々あります。

そんなことになってしまったら、
最悪ですよね!

  • 薬が嫌い!
  • 出来るだけ薬を飲まないで乗り越えたい!

この気持ち、分かります。

わたしも、風邪くらいでは、
病院には行きません。

インフルエンザの場合でも、
よっぽど熱が高くならなければ、
処方された薬も飲みたくありません。

ただ、薬を服用することで、
後の重い病気を抑えられるなら、
その方が良いでしょう。

花粉症の季節には、
風邪やインフルエンザも蔓延している場合も多いです。

頭痛の原因が花粉症とは気づかず、

「風邪か?インフルエンザかも?」

と思っている人も少なくありませんが、
実は花粉症が頭痛の原因という場合も多いんです。

素人判断で、市販の風邪の薬を服用したり、
頭痛薬を服用したりしないで、
病院に行ってみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする