絶対あまく考え無いで!腰痛の原因は内臓疾患の恐れあり!

スポンサードリンク

2年程前、母方の叔母が膵臓がんで亡くなりました。

腰痛が酷いと訴えて、整形外科に行ってもよくならず。

大きな病院へ行ったところ、

膵臓がんの末期で、余命宣告を受けました。

母方の祖父も、母が若い頃に膵臓がんで亡くなっています。

祖父も腰から背中が痛いと言って、整形外科に行きましたが、

うちでは手におえる状態ではないと言われ、

大きな病院に行きましたが、

既に手遅れの状態だったと聞きました。

スポンサードリンク

背中や腰の痛み

背中や腰の痛みの原因の多くは、

筋肉の疲労からくる「コリ」から来ています。

同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉を使い続けることで、

筋肉が酸素不足を起こし、乳酸等が作られます。

そうすると、筋肉が固くなり、コリやだるさを感じます。

また、疲れて硬くなった筋肉は、近くの血管を圧迫し、

血の巡りを悪くします

入浴やマッサージで血の巡りがよくなると、

肩こりや腰痛が楽になることがあるのは、このためです。

揉んでもよくならない、ジーンとする、いつも同じところがこる場合は、

疲れて硬くなった筋肉や溜まった乳酸等の刺激で、

近くを通る末端神経が圧迫されたり傷つくことで、

コリや痛みとして感じられます。

内臓疾患と判断しにくい理由


悩む女性

人の身体は、身体の隅々まで神経が張り巡らされており、

脳と繋がっています。

身体で起きた損傷や異常は、神経を通って脳に伝わり、

やがて痛みとして感じます。

ただ、神経は複雑に枝分かれして各部に伝わっているため、

同じ神経の束に繋がっていたり、

他の神経の束が集まっている場所を通る場合、

ある部位の痛みを、別の部位の痛みとして感じることがあります。

これを関連痛といい、内臓の神経と肩や背中の神経が

脳へ行く途中の脊髄で交わっていることから、

内臓の痛みを肩こりや背中の痛みと勘違いする事があります。

ふと思い出したのですが、

以前、脱水症状で救急にかかった時に、

お医者さんが背中をトントン叩き、

内臓に大きな疾患がないか簡単に見てくださったことを

思い出しました。

これ、関連痛を調べていたんですね~。

内臓疾患が疑われる痛みや場所


腹痛で苦しむ男女

背中や腰の痛みの場合は、自分でも

「ここが痛い」と感じる痛みのポイント(圧痛点)が分かります。

ですが、内臓の痛みの多くは、安静にして姿勢を変えずにいても痛み、

膵臓や腎臓などが原因の場合は、背中に刺激を与えると、

突き抜けるような痛みが出たりします。

○背中右上部に出る痛み

・肺炎、肺結核など

咳き込むと背中にまで響くような痛みが生じることや、

痰のからむ咳、胸痛、発熱、息切れなども伴う。

・気管支炎など

風邪や喘息、喫煙などが原因で起こることがある。

咳や痰、胸の不快感のほか、咳をすると背中全体に痛みが広がる。

○背中右下部に出る痛み

・十二指腸潰瘍など

20~40歳の比較的若い人にみられ、空腹時にみぞおちや、

右側の背中に差し込むような痛みが生じる。

・肝炎など

右わき腹から背中にかけて、だる重いような痛みが起こりやすい。

○背中左上部に出る痛み

・狭心症、心筋梗塞など

胸の痛みが一般的だが、背中にまで痛みが拡散することがある。

手で握られるような痛みがある。

・解離性大動脈瘤、大動脈瘤など

大動脈の内膜が避けて瘤(こぶ)ができる解離性大動脈瘤などでは、

引き裂かれるような激痛が突然起こる。

○背中左下部に出る痛み

・膵炎、膵臓がんなど

急性膵炎は、脂肪の多い食事をした後や、

過度の飲酒後に起こることが多く、

胆石が原因で起こる場合もある。

耐え難い痛みが、みぞおちから左上腹部、背中側にまで及ぶ。

・腎盂腎炎、腎結石など

細菌感染で起こる腎盂腎炎や、腎臓に結石ができる腎盂炎では、

発熱を伴った痛みがある。


○腰回りに出る痛み

・尿路結石など

七転八倒するような痛みに突然襲われる。

痛みが出たり消えたりを繰り返す。

・卵管炎、子宮外妊娠など

高熱を伴い腰回りが痛む。

・子宮内膜症など

月経痛が重く、痛みは下腹部から腰まで及ぶ。

●バンザイチェック方法

背中のコリと膵臓疾患を見分ける方法

  1. :足を肩幅に開いて立つ
  2. :背中を丸めながら前屈みになる
  3. :そこからバンザイをするように身体を後ろに反らす

このとき背中の真ん中辺りが痛む人は、

膵臓の機能低下の可能性があります。

●キョンシーチェック方法

背中や腰のコリと腎臓疾患を見分ける方法

  1. :足を肩幅に開いて立つ
  2. :両腕を前に出し大きくジャンプ
  3. :着地の際にヒザやつま先のクッションを使わず、
    衝撃が身体に伝わるようにかかとから着地する

腰の奥に響くような痛みが起こる人は、

腎臓の機能低下の可能性があります。

まとめ


腰痛で苦しむ女性

いかがでしたでしょうか?

放っておくと、重症化する病気がばかりですよね。

少しでも違和感、いつもと違うなと感じたら、

整形外科ではなく、早急に総合病院への受診をしてください。

なによりも大切なのは、命です。

「ちょっとめんどくさいから、落ち着いてから行こう」

なんて思わずに、すぐにでも病院に行きましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加