みんなが気になる貯金の平均!20代で結婚するには?

スポンサードリンク

交際はしていても、

お金がないので結婚はできないのかな〜・・・

と半ば諦めているあなた!

結婚するにはもちろん、

それなりのお金が必要なのは事実でしょう。

しかし、結婚へのゴールインは、

お金だけがあればできるのでしょうか?

もっと大切なのは、

愛情や、お互いへの思いやりではないでしょうか??

20代の男性の貯蓄は普通、

130万円前後だとされます。

「彼女の分と合わせて、それで結婚費用に足りるのか?」

悩みどころですよね〜。

結婚を真剣に考え始めたあなたと一緒に、

結婚費用や貯蓄について考えてみましょう。

スポンサードリンク

20代男性の平均貯蓄は約130万円!

冒頭でいきなり話してしまいましたが、

20代男性の独身者の平均的な貯蓄額は、130万円ほど。

そして女性の場合は、

男性より少し高くて170万円近くだそうです。

2人合わせると、300万円前後。

これに対して、結婚するためにかかる費用はというと・・・

なんと、330万円!ほど。

これは挙式、披露パーティにかける費用の

全国平均の金額だけ。

これに結納、二次会、新婚旅行などを加えたら、

一体いくらになっちゃうの!

という感じです。。。

びっくりするほど、大金ですよね。。。

単純にこの金額だけを見ても、

貯金だけではまったく足りない事だけは、

はっきりしています。

じゃあみんな、

結婚費用をどうやって用意しているのでしょうか?

だいたいの人は、親からの援助。

そして、招待客からのご祝儀(会費制なら会費)をプラスしています。

でも、結婚式等の会場の支払いは、

1~2週間前の前払い!

ご祝儀で、あとで回収が出来るとは言っても、

ある程度の現金がないと、結婚式は挙げられないんです 。

ご祝儀などは、金額が確定しているわけではないので、

事前にはあてにできませんからね〜。。。

完璧にやろうとすると、費用はキリが無い


披露パーティーなどは、

こだわるポイントを絞りましょう。

かけるべきところにかける姿勢が、必要になってきます。

しかし、お料理・引き出物・装花などをケチってしまうと、

披露パーティーが終わってから、陰で

「ずいぶん貧弱なパーティーだったねー。よほどケチったね」

なんて言われかねません。

削るところにも工夫が要ります。

結婚式、そして披露パーティ、新婚旅行。

さらに事前の結納。

この4点を完璧にやるととなると、

かなりの負担を強いられる事は、これでおわかりでしょう。

「身分相応」に!大きな財産は2人で築きたいもの


結婚前のカップル

「やっぱり結婚無理。。。」

なんてあなた!

ご安心下さい。

「身分相応」という言葉もあります。

日本経済は、この20数年ほどは、経済成長率も低く、

どなたの“ふところ具合”も厳しい状況が続いていますよね。

こんなご時勢を受けて、さまざまなリーズナブルな商品、

サービスも増えてきています。

選択肢が増えているんです。

わたし自身は、1度目の結婚の時は、

給料が安すぎたので、結婚式は挙げませんでした。

披露宴どころか、結婚指輪も数年後、という始末 ^^;

新婚旅行は行っていません。

友人の一人は、結婚後の生活の事も考えて、

都民共済のブライダルで、普通の結婚式よりも、

そうとう安く抑えていました。

結婚のスタート、新婚生活のスタートは

「身分相応」が一番大切です。

もちろん、20代に貯蓄に励み、結婚に備えることは必要です。

でも必要以上に頑張りすぎないことも、大切な考え方でしょう。

懸命にがんばって作り上げた貯蓄の額をもとに、

結婚式―披露パーティーなどの演出をすればよいのです。

あなたに合った「人生設計」のスタートです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です