一生の思い出に残す初節句!男の子の服装と写真とは?

スポンサードリンク

子どもが生まれると、
一年を通して色々なイベントを
しなければいけませんよね。

楽しくもあり。

でも、、、結構めんどくさくもあり。。。

そんな子どものためのイベントの一つで、
初節句があります。

一生に一度の初節句。

せっかくだもの。

思い出に残る初節句の服装で、写真に残したい!

今回は、男の子の初節句で一生の思い出になる服装。

このお話をしたいと思います。

今さら聞けない初節句とは?

スポンサードリンク

まずは、初節句とは何なのか?

このお話からはじめましょう。

初節句とは、その名の通り、
生まれて初めての節句のこと。

女の子は、3月3日のひな祭りのことを
桃の節句と言いますよね。

0歳で初めて迎える3月3日のひな祭り、
この日が初節句になります。

男の子は、初めての5月5日、端午の節句(子どもの日)
初節句に当たります。

女の子の初節句では、

  • 健やかなる成長
  • 良縁

この二つをお祈りするための日。

そして、男の子の場合は、

  • 健やかなる成長
  • 立身出世

となっています。

女の子は『良縁』
男の子は『立身出世』

昔からの風習なので、
家庭と仕事に分かれているんです。

特に地方の場合だと、
跡継ぎとなる第一子の男の子が生まれた場合、

初節句は親族一同が集まって、
盛大にお祝いすることがまだまだ多いです。

節句直前に生まれた場合、
その年の節句は見送って、
翌年を初節句とする事もあります。

初節句にすること

男の子の初節句での、一般的なお祝い方法は、

母方の実家の祖父母から、
鎧兜や五月人形、鯉のぼりを贈ることが
全国的な習わし
となっています。

その鎧兜や五月人形などを飾って、
5月5日の初節句の日や、前日(宵節句)の夜に、
親しい身内を家に招いてお祝いをします。

ただ最近では、母方の実家だけだと
経済的負担が大きすぎるということで、

両家で分担して贈るケースも増えてきています。

鎧兜、五月人形、鯉のぼり。

全部揃えたら、けっこう高いですからね。。。

第二子、第三子の場合の使い回しは?

男の子の初節句だけじゃなく、
おひな様の時でも同様ですが、

初節句のお祝いで使われるものは、
その子のお守り。

その子自身の身代わりとして、
全ての災厄を受け止めてくれる
大切な存在となります。

ですので、第二子、第三子が生まれたときには、
新しく用意することが一般的です。

初節句!男の子の服装って?


子どもの日

そして気になる、
男の子の初節句の時の服装はどうしたら良いのか?

べつに普段着でも問題は無いのですが、
初めての端午の節句。

できれば、ちゃんとした服装をさせて、
お祝いしたいですよね!

そんなあなたへ! m9っ`Д´)

男の子の初節句の時の服装。

実は、特に決まりはありません。

まだまだオムツも履いていて、
ロンパースという格好ですので、

赤ちゃんが嫌がらない服装が良いでしょう。

ただ、できればちゃんとした服装をして、
可愛く記念写真を撮りたい!

そんなあなたにアドバイス。

桃太郎や金太郎など、
昔話の衣装って可愛くて人気なんです。

金太郎なら、少し大きめのハンカチなどで、
自分でも作ることができるので、
気軽にチャレンジできますねっ!

作るのがめんどくさいっ!

なんて人でも大丈夫。

楽天やアマゾンなんかのネット通販なら、
手軽に2,000〜3,000円ほどで購入することが出来ますよ。

この前、袴風のロンパースなんてものも、
見かけました。

思い出に残る写真を残そ♫

せっかく、可愛く衣装を着せたし、
記念写真も撮りたいな。

自分で記念写真を撮るのも良いでしょう。

でもせっかくの初節句、
写真館でちゃんとした記念撮影はどうでしょう?

スタジオアリスなどの、大手写真館なら、
色々な衣装も取り揃えているので、

一番可愛い衣装を見つけるまで、
何度でも着せ替えをさせてもらえますよ

わざわざ自分で衣装を手配する手間も省けます。

ただ、赤ちゃんが疲れすぎないように、
気をつけて下さいね。

初節句は、一生に一度しかない大切なイベント。

まだ自我も無いし、記憶に残らないし・・・

なんて言わずに!

一生の中で一番可愛い時期!

とも言える初節句に、
記念に残る衣装を着せてあげませんか?

わたしなんか、
赤ちゃんの頃の写真が一枚も残っていないので、
正直、今の子達が羨ましいですよ(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です