諦めないで!無料で出来る!視力回復のトレーニング方法!

スポンサードリンク

目が悪くなったらすぐメガネ!

私が子どもの頃はそうでした ^^;

でもやっぱり、メガネは邪魔くさい!

コンタクトなら邪魔にはなりませんが、

毎朝の手間もありますし、なによりも目の健康が心配です。

メガネやコンタクト、あるいはレーシックに踏み切る前に!

自分で視力を回復する方法って、

無いものなのでしょうか?

スポンサードリンク

視力低下の原因

遠くのものや、近くのものが見えづらくなった時に、

私たちは一括りに、「目が悪くなった」と言います。

ですがその原因は様々なんです。

特に一番多い原因は、

屈折異常と呼ばれる「近視」「遠視」「乱視」

である場合がほとんど。

諸外国に比べて私たち日本人は、

屈折異常での近視のかたが多いです。

ちなみに、加齢とともに近くが見えづらくなる老眼は、

調節異常といいます。

近視になる原因としては、

遺伝的要因や生活習慣から来るものと言われていますが、

「これ!」という、はっきりとした原因は分かっていません。

生活習慣から来る主な原因としては、

  • 猫背など姿勢が悪く、近くで物を見すぎる
  • テレビやパソコンなど1点を長時間見つめすぎる
  • 集中してまばたきの回数が減ると目の周りの筋肉が硬直する
  • 寝転んでテレビを見るなど、見ているものと左目と右目の距離に差がある
  • ストレスによって自律神経が乱れている場合
    (自律神経は目もコントロールしている)
  • メガネやコンタクトの度が合っていない
  • よく見えないのにメガネやコンタクトを装着していない
    (かえって目が疲れる)
  • 呼吸が浅く、取り込まれる酸素量が少ない
    (体内の細胞の動きが鈍くなる。目の筋力の細胞も同様)

などがあります。

パソコンやスマホの画面を見続けるなんて事は、

ついつい自分もやりがちなこと。

注意をしなければいけませんね~。。。

視力の矯正・回復方法


コンタクトレンズを持つ手

視力が悪い場合は、

視力を矯正することを真っ先に思い浮かべます。

その視力の矯正や回復方法には、

  • メガネ
  • コンタクトレンズ
  • オルソケラトロジー
  • レーシック
  • 視力回復トレーニング/視力回復センター

がありますね。

メガネやコンタクトレンズは、

知らない人はいないと思うので、ここでは省略しますね。

オルソケラトロジーというのは、

一人一人の角膜の形状に合わせて作られたコンタクトレンズを、

夜間装着して、角膜表面の形状を矯正する方法。

病院に行かなければいけないので、

少し手間と費用がかかってしまいます。

そして、言わずと知れたレーシックですが、

手術後の合併症のニュースもたくさん報道されています。

手術をしても効果が得られず、再手術をする人もいる、

なんて話も聞きますよね。

さすがに今の段階だと怖いので、

メガネが手放せない私でも、まだ今は遠慮したくなります ^^;

そして、出来れば無料で視力を回復したい!

と、みんなが思っているはず!

無料で出来る、視力回復トレーニングですが、

目の周辺の筋肉を鍛えることで

目の調整機能をあげ、視力回復を目指す方法です。

視力回復センターなどを利用すると、料金が発生しますので、

時間が多少かかっても、まず自分でお金をかけずにやってみましょう。

手軽にできる視力回復方法


簡単にできる、視力回復方法を調べてみました。

無料の方法だけじゃなく、少しだけ費用がかかる方法も

紹介しておきますね。

ドライアイの場合

ドライアイの人は、涙の膜が均一でなく、

目に入る光が散乱して、物がはっきりと見えにくくなっています。

涙の膜を均一にしてくれる、ムチンという成分が入った目薬を

眼科で処方してもらうと、それだけで効果がでる人もいるそうです。

目の水晶体を支える毛様体筋(もうようたいきん)を鍛える

1.遠近凝視法

遠くと近くを交互に見て毛様体筋を動かして緊張をほぐす

2.遠方行司法

遠くの一点をじっと見つめることで毛様体筋をゆるめる

星などの見えそうで見えないものを見ることが効果的です。

眼球を上下左右に動かす筋肉を鍛える

1.上下に眼を動かします。

2.左右に眼を動かします。

3.斜めに眼を動かします。

4.右回り、左回りと円を描くように目を動かす

この1セットを無理しない程度に、5セットほど行います。

メジャーリーグでも行われているトレーニング

1.目を強くつぶり10秒上を見る

2.目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返す

3.8の字を横にした∞を3回指で描き、目で追う

4.指を奥から手前へ3回動かして目を追う

目を直接マッサージする

1.両目の間のくぼんだところを2秒押す

2.眼窩の骨の一番上のくぼんだところ(眉のすぐ下)を下から2秒押す

3.頬骨の一番下の部分を下から2秒押す

4.こめかみを左右から2秒押す

5.親指をこめかみにあてて、人差し指の横で

眼のまわりのマッサージを上下2回ずつ行う

この5つを1~2回繰り返します。

目がしょぼしょぼした時

こういう時は血行不良のため、横になって、

熱めのお湯で絞ったタオルを目に覆いしばらく休みます。

目が充血している時

冷水で絞ったタオルを目に覆いしばらく休みます。

合わせて目がしょぼんとする場合は、

冷やすと温めるを交互に行うと効果があります。

目だけでなく脳も休ませる

長時間パソコンやテレビを見ていると眼だけではなく

頭痛など体全体が疲れてきます。

それは脳も疲れている証拠なので、

目だけではなく体全体を休ませることで、脳の活性化を図ります。

目によい栄養素

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンE、

アントシアニン、亜鉛など。

またビタミンCは、Eと一緒に取るとさらに効果があります。

今回紹介させて頂いた視力回復の方法は、たくさんある中のごく一部。

あなたに合う視力回復方法を、探ってみて下さいね!

そしてもし、休憩しても眠っても治らない場合は、

病気が潜んでいる場合があります。

そんな場合は必ず、早めにお医者さんにかかるようにしてください。

目は、本当に大切ですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加