おならが多い!おならの原因となる食べ物や生活習慣とは?

スポンサードリンク

きのうは、おならが止まらない理由と原理
お話ししました。

いや、原理だけだと意味がない!

おならを減らす方法を、教えてもらいたいっ!!

そんな声にお答えするために。

おならの回数を減らすための、
食べ物や食べ方、生活習慣
調べてみました。

空気を飲み込まないようにする

前回お話ししたように、
おならの原因の大半は、
飲み込んでしまった空気。

ということは、
飲み込む空気を減らせば良い!

とは、誰でも思うことですが、
でも自分では、空気を飲み込んでいる実感なんて
ないと思います。。

ただ実際に、おならの回数が多い人は、
やっぱり空気を飲み込む機会が、
実は色々とあるんですよね〜。

炭酸飲料はおならの最大の原因!

まずは、一番分かりやすい、
体内に空気が溜まりやすい原因。

炭酸飲料です。

炭酸飲料に含まれている炭酸は、
体内に入ると、二酸化炭素と水に分かれます。

この、炭酸から生まれてくる二酸化炭素が、
おならやゲップの回数を多くしてしまいます。

炭酸飲料を飲んだあとって、
ゲップが出ますよね?

でもそのゲップ、恥ずかしいからといって、
無理に我慢したり、飲み込んでしまったりしていませんか?

その我慢したり飲み込んでしまったゲップ
ほとんど全て、おならに変わってしまいます。

当然ですが、いちばん良い対策方法は、
炭酸飲料を飲まないこと。

そうすれば自然と、
おならが激減してくれます。

ただ、わたしのようにどうしても、
炭酸飲料をやめることが出来ない人は、
どうしたら良いのか?

意識して、ゲップを多くしましょう!

それだけでもかなり、
おならの回数を減らすことが出来ますよ。

無理やりにでもゲップをしてみると、
不思議とおならが出なくなります。

分かっているとは思いますが、念のため。

ビールにも炭酸が含まれていますので、
ご注意ください。

飲み会の後にデートが控えている人は、
ビール以外を飲んだ方が良いでしょう。

スポンサードリンク

早食いやガムもおならの原因

男性には多い、早食いの人。

実は早食い、ダメなんです。

空気を飲み込んでしまう原因の一つなんです。

食べ物には、空気も含まれています。

あまり噛まないで飲み込んでしまうと、
空気も一緒に飲み込んでいるのと同じこと。

ゆっくりと噛むことで、
食べ物に含まれている空気を
出すことができます。

飲み込む空気を、
最小限に抑えることが出来るんですね。

そして早食いにはもう一つ、
おならへの悪影響があるんです。

あまり噛まずに飲み込んでしまうと、
食べ物が消化しにくく、
胃や腸に長く滞在してしまいます。

そうするとやはり、
胃や腸の中でガスが発生しやすくなってしまい、
おならの回数が増えてしまいます。

ゆっくり、しっかり噛むということは、
肥満だけじゃなく、おなら対策にも効果的!

ビフィズス菌で腸内環境を整える

まだ研究段階なんですが
ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、
腸内環境を整えてくれるので、
ガスの発生も抑えてくれるというデータが出ています。

もし、あなたの身体に効果がある場合。

日々のおやつや朝ご飯、
ヨーグルトに変えてみても良いかもしれません。

ただ、乳製品が体質に合わない人の場合には、
逆にお腹を壊してしまって、
ガスが増えてしまう可能性もあります。

そんな人の場合、
乳酸菌のサプリメントで対策をしてみましょう。

ヨーグルトを食べるのと、
同じ効果があるはずですよ。

健康的な生活を心がけよう

食習慣での対策も大切ですが、
やっぱりいちばん大切なことは、
健康的な生活です。

夜更かしや朝寝坊は、
自律神経が乱れて、
内蔵の働きに悪影響が出てしまいます。

おならは、確実に激増するでしょう。

早寝早起きをすること。

早寝とは、22時、
遅くても23時台には眠るようにして下さい。

早起きは、5時・・・とは言わないまでも、
出来れば6時台には起きた方が、
体内時計や内蔵にとっては健康的。

あとは、適度な運動ですね。

運動をすると、内蔵が活発に働いてくれるので、
腸内の善玉菌が増えてくれます。

運動をすると、適度なストレス発散にもなって、
お腹の調子も整えてくれます。

運動をすると、睡眠もしっかりと取ることが出来ます。

特に男性は、ストレスに弱い生き物。

ストレス発散が出来るなら、
何でも良いと言えば良いのですが、
運動に勝るストレス発散法、健康法は、
無いでしょう。

運動、ストレス発散、健康、おなら。

これらは全て、共通しています。

健康的な生活は、非常に大切。

おなら対策をするだけで、
生活習慣病の予防にもなる。

まさに、一石二鳥、一石三鳥と言えるでしょう!

ぜひぜひ、ご飯の食べ方や生活習慣、
一度見直してみて下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です