クレンジングオイルって本当に肌に悪いのか?肌に負担をかけない方法

スポンサードリンク

化粧落としの際、あなたは何を使っていますか。

薬局には、化粧落としと同時に洗顔できるタイプの

一つにすべてまとまったものもあって、

とても便利ですよね。

でも基本的には、

  • まずはクレンジングで化粧を落とし、
  • それから洗顔フォームで顔を洗い、
  • その後に化粧水、

と言う順番が、一番丁寧だといわれています。

果たして、正しい化粧落とし方法は

何なのでしょうか。

化粧を落とす最初の段階の、

クレンジングって、本当に必要なのでしょうか。

肌トラブルが治らない人は必読です。

スポンサードリンク

クレジングで肌に優しいものはないのか?

「いくら丁寧に洗っても大人ニキビは治らないし、

肌の調子はよくならない……。」

そんな経験ありますよね。

「やっぱり、化粧落としのクレンジングが良くないのかな〜」

と、気になるかと思います。

私も何度も悩んだ経験があるんですよね。

そもそもクレンジングは、

使い方を間違ってしまうのは当然NGです。

ということは、逆にクレンジングを正しく使えば

その負担はなくなりますよね?

そうなのです。

クレンジングをすること自体は、

悪いという答えではありません。

クレンジングで肌負担が少ない方法

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

では、正しいクレンジングとはなんでしょうか。

まずはクレンジング選びから、きちんとすることが

美肌キープのための第一ステップです。

「クレンジングなんて、どれも一緒じゃないの?」

と思われがち。

ですがクレンジングは、

メイクを落とすことが目的なのですから、

ここが重要!

気をつけてくださいね。

  • オイルタイプ
  • リキッドタイプ
  • ミルクタイプ

など、日頃のメイクの濃さや自分の肌に合ったものを

きちんと選びましょう。

クレンジングが肌に悪い理由

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

いろんなクレンジングの種類の中でも、

とくに界面活性剤が多く含まれる「オイル」タイプのものや、

あまりにも洗浄する力が大きすぎるタイプのものは、

皮膚への負担が大きすぎるために、良くありません。

確かに、もともと自分の肌に必要な皮脂があるのを、

オイルの刺激によって取ってしまうと、

余計に乾燥したり敏感になったりしてしまいます。

肌への負担は重いはずです。

とは言っても、アイメイクやその日によっては

濃くなる場合もあるでしょう。

そんな時、落ちやすいオイルタイプのものは

やっぱり欠かせません。

界面活性剤の中でも、自然由来のものは

刺激が最小限のものもあるので、

きちんと見分けましょう!

クレンジングオイルで気をつけること

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

最後に、クレンジングオイルを使うにあたっての

注意点です。

肌へのダメージを避けるために

長時間オイルを肌につけておかないことです。

「丁寧に化粧を落とすために・・・」

といって、5~10分はもちろん良くありません。

1分くらいが理想です。

パパッとしてしまいましょう。

あとは、人肌より若干低めのぬるま湯で

優しく顔を洗ってあげてくださいね。

いかがでしょうか?

メイクが濃いという日は、

クレンジングオイルだけにして、

普段は自分の肌に合った、

別のクレンジング剤を使ってみる。

これが、一番お肌への負担は少なくて済むでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です