もしかしてその湿疹…一番多い原因はストレスの蓄積かも?

スポンサードリンク

もう治ったと思っていたのに、

忘れた頃に湿疹が突然出てきてしまって、

困ってしまった。。。

こんな経験って、したことあるんじゃないでしょうか?

湿疹は体質によって、

出やすい人と、出にくい人がいます。

何が原因なのでしょうか。

湿疹と似た皮膚炎との違いなどを含め、

一緒に考えてみましょう。

スポンサードリンク

皮膚炎とは?

まず皮膚炎から説明します。

皮膚炎は、身体の外部からの刺激によって起きる、

皮膚の炎症のこと。

刺激で言えば、例えば野草に触れた場合や、

蛾などの虫刺されから起こる肌の炎症・トラブル。

家の中だと、ダニに刺されたときなんかにも

皮膚炎は起こってしまいます。

アトピー性皮膚炎なんかは、

根本の原因はストレスからの場合が多いんですが、

ストレスで肌が敏感になっているところを、

外部からの刺激によって、皮膚炎が起こっているんです。

湿疹は原因不明も多い

7ad51474322683a08c79405a85a1ba4e_s

湿疹は身体内部に原因がある場合が多いです。

湿疹の症状をすぐに改善するのが一番ですので、

症状が急激に起きたら、

まずは皮膚科に行くことを優先した方がいいでしょう。

症状をまず抑えるために医師に診察してもらい、

その後適切に対処しましょう。

ただ、薬で症状を抑えても、

そもそもの原因がストレスという場合も多いです。

そこで、原因となったストレスの対処法です。

ストレスの解消法までは、

皮膚科の医師は教えてくれませんから(笑)

仕事からのストレスを解消する方法を!

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

ストレスから逃れるポイントです。

これは湿疹予防という意味もありますし、

生活全般の知恵、という意味もあります。

ご参考まで。

1.   自分が悩んだり、感じたりすることが

他人も同様に感じたり思ったりする訳ではありません。

ですから、時には自分の心身に休暇を与え、

趣味や自分が好きなことに没頭し、

ふだんの社会生活から身を一歩ひくことです。

2.   誰もが欠点を持っています。

さまざまな場面で仕方がないと

寛容の精神をこころがけること。

こうした姿勢があなたの心のゆとりにつながり、

心身も良い状態を維持できます。

3.友人・知人と過ごす時間を大切にし、

笑ったり、遊んだり、自分の生活スタイルを確立しましょう。

皮膚の湿疹は根本原因から改善を!

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

湿疹は皮膚に急激に炎症が起きる状態です。

皮膚疾患の中では最も多く見られる病気で、急性の場合、

  1. 皮膚に紅斑(こうはん)
  2. ⇒次いで丘疹(きゅうしん)や水疱ができる
  3. ⇒かゆいのでひっかくと、糜爛(びらん)になったり、
    乾くと瘡蓋(かさぶた)や皮がむける。

こんな過程をたどります。

湿疹が出やすい部位は

①皮脂分泌が多く、こすれやすい場所

(頭皮から首、胸、わきの下、陰部など)

②手のひら

③足の裏

これがベスト3です。

原因もストレスのほか、さまざまです。

体質によるところが多いので、「体質改善」を基本に、

発症したらすぐ受診、そしてふだんの生活では

ストレス解消を心がけることが一番です。


私も若い頃から生真面目で、仕事や人間関係には、

相手がこんな事を思っているのではないか、

ああではないか・・・

とくよくよと考え、行動や考え方を狭めていることに

最近になって気づきました^^;

皮膚科受診の機会も、何度もあります。

湿疹と思われる症状も経験しました。

ストレスから来る湿疹だったんだな〜と、

後になって気づくこともしばしば。

出来るだけ、心穏やかに生活をしたいものですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加