お見合い相手を傷つけたくない!男性から断る方法!

スポンサードリンク

お見合いはしたけれど、相手がどうにもピンと来ない。

こういう事って、実はありがちなこと。

そうした時、どうやって断りの意思を伝えるのか?

慣れないことですが、自分の一生を決めること。

ためらいは禁物です。

最低限守るべきマナーに従い、お断りをしましょう。

では、その最低限守るべきマナーとは?

相手を傷つけずに断る方法、タイミングとは?

一緒に考えてみましょう。

スポンサードリンク

お見合いをして、その返事をするタイミングは

2~3日中が最も望ましいと言われています。

もしも無理だとしても、1週間以内が常識的な範囲です。

仕事が忙しかったり、プライベートが忙しかったりと、

人によって色々な事情はあるはずですが、

1週間以内に返事は必ず出しましょう!

断る時は、仲介人(世話人)の家を訪ね、

丁重な断りの挨拶をするのが礼儀です。

ただし、お見合いの相手となった方の人格を傷つけるようなことや、

仲介人に失礼になるようなことは、

絶対に口に出してはいけません。

同時に、預かっていた覚え書きや写真は、

その時に仲介人の方に、返却しましょう。

相手を傷つけない言葉にする


泣く女性

お断りの言葉を口にする場合は、

次のような言い方が良いでしょう。

「ご来歴がご立派過ぎて、

とても釣り合わないお話だと思いますので」

とか、

「とてもご良縁だとは思いますが、

もう少し本人がひとりでいたいと望んでおりますので」

などの言い方です。

また、婚約まではしていないが、実は付き合っている人がいたり、

恋愛関係までにはなっていないけど、意中の人がいるなど。

こういった事情は具体的に言えませんので、

「まだ少し早すぎるような気がしますので」

といった、無難なお断りの仕方が良いでしょう。

誰もがそうでしょうが、

話をOKするよりは、断る方が、数段難しいと思います。

言い方や書き方にも、細心の注意を払うべきでしょう。

自分の経験を思い出してみてください。

お見合いは滅多にないことでしょうが、

恋愛なら、誰でも多く経験しますよね。

「OK」なら気が楽でしょうが、

「無理」という場合には、とっても気を使いますよね。

それと同じと考えてみてください。

私も無理な場合の言い方には、

とても苦労したことを覚えています。

かなりのストレスで、食事もまともに出来なくて、

激やせしてました ^^;

仲介人に手紙での返事は許容範囲


赤いポスト

では,文章で書いて伝える場合には、

どんな書き方が良いでしょう?

もちろん、相手は仲介人宛てです。

例文

「拝啓 風薫る5月、

○○様にはお元気にお過ごしのことと存じます。

先日は、結構なお話を頂きまして、

誠にありがとうございました。

しかしながら、今回のお話は、

遠慮させて頂けませんでしょうか。

ご紹介頂きました通り、

・・・様は大変ご立派で素敵な方だとお見受けいたしましたが、

お話をさせて頂いた際、結婚後の希望や意向に

私との相違点がございました。

私のわがままで誠に心苦しく存じますが、

ご理解の上、何卒ご寛容賜り、

先様には宜しくお取り計らい下さいますよう、

お願い申し上げます。

敬具」

メールでの断りは基本的にはNG


NGを出す女性

直接お会いして、仲介人あるいは相手に対して、

断りの言葉を伝える時と同様、手紙でも、

①(断る場合は)早めに断る

②相手に対して失礼のないような言葉(文章)で文面をつづる

③自分の気持ちや感じたことをはっきりと伝える

などに配慮が必要です。

仲介人がいる場合は、

相手より先に仲介人に返事を伝えることも常識です。

まとめ


和服の女性

メールが全盛の昨今ですが、

お見合い後の断りを伝える手段としては、

出来ればメールは避けるべきでしょう。

最低限、丁寧に書き記した手紙、

より望ましいのは直接伝えることです。

断り方ひとつで、相手の方はもちろんとして、仲介人の方も、

あなたに対しての印象が大きく変わります。

そしてそれは、周囲の人にも伝わります。

きちんとした断り方が出来れば、

さらに良縁を引き寄せることにもつながります。

頑張って断って下さいね(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加