一人暮らしでも簡単♪アクリル毛布を洗濯でふわふわにする方法

スポンサードリンク

一人暮らしを始めて、はや半年。

初めての冬が始まります。

実家で使ってた毛布を引っ張り出してきたけど・・・

なんとなく、洗いたい。。。

でも、毛布の洗い方って、

よく分からないですよね?

シーツや枕カバーは、

洗濯機で洗っちゃえば良いですし。

敷布団や掛け布団は、

定期的に天日干ししてるし。

でも毛布って、天日干し?洗濯機??

ちょっと気になってくると、

「どれくらいの頻度で洗ったら良いの?」

「シーズン終わりとシーズン始め、どちらも洗ったほうが良い?」

なんて、どんどん気になっちゃいます^^;

スポンサードリンク

毛布を洗濯機で洗うのに必要な容量とは?

やっぱり、一つの季節を使った毛布には、

「ご苦労様」

といった気持ちを込めて、

綺麗に洗ってしまってあげたいですね。

そうする事で、

次のさむ~い冬にも、

暖ったぁ~かく、気持ち良く

お世話になれるというものです。

でも毛布って、洗濯機で洗って良いのかな?

そもそも、自分の家の洗濯機に入るのかな…?

そうですね!

だいたい一般的に、

一人暮らしの方が購入される洗濯機は、

4.5キロくらいだと思います。

素材がアクリルで、シングルサイズだと、

洗濯機に入ります。

ただ、けっこうギリギリになってしまうんで、

洗っている時のかき回しは、

あまり出来ていません。

なので、粉末状の洗剤は

やめておいた方が良いでしょう。

残ってしまいますからね…^^;

液体状の洗剤でも、粉末状ほどではないとは言っても、

あまりにも毛布がギリギリだと、

一箇所だけに集中されてしまいます。

もし気になるようでしたら、

コインランドリーの大型洗濯機を

活用してみましょう。

毛布を洗濯した後は?ふわふわにするには乾燥時間も大切

576109d214b27ef04f42f025fff7f546_s

毛布は大きいので、

「洗濯機では洗えない・・・」

なんて思っている人の方が多いはず。

きちんと洗ってみてください。

気持ち良い毛布に生まれ変わってくれますよ〜

毛布を洗濯するコツ…

自分の家で毛布を洗う時に準備する物は、

毛布は勿論として、

  • 液体洗剤
  • 柔軟剤
  • 大きめの洗濯ネット

の三つです。

仕上げに柔軟剤を使うと、

ふっくらと仕上がってくれますよ。

ただ、出来るだけ香り付きは

やめておいた方が無難でしょう。

いくら自分の好みの香りだったとしても、

寝ている間、ずっとだと、

睡眠が阻害される恐れがあります。

大きめのネットに入れて洗うと、

毛布の毛並みが荒れたり、毛玉が出来たりするのを

防止できますよ。

干し方

せっかく洗った毛布も、

正しい干し方が重要です。

正しい干し方が出来ていないと、

干した毛布はいつまで経っても乾きづらく、

乾き方もムラムラになってしまいます。

生乾きの部分が出来てしまうと、

どうしてもニオイが発生してしまいます。。。

出来るだけ早く乾かしたい時には、

洗濯ポールを2本使って、

毛布と毛布の間を風が通るよう

工夫してみてください。

毛布全体に風が通ると、

ムラなく早く、乾かす事ができます。

もし、色あせなどが気になるような時は、

同じ干し方で、陰干しましょう。

一人暮らしの部屋で、ベランダが小さい場合、

影が出来ないかもしれません。

そんな時は、部屋の中の風通しを良くして、

部屋干ししてみましょう。

もし、干すスペースがなかなか確保できない場合には、

またまたコインランドリーを利用してしまいましょう。

コインランドリー大型乾燥機なら、1〜2時間ほどで、

ふっくらと乾かしてくれますよ。

まとめ

0f0e39a99b14ecf0f59a2b9834e032a9_s

いかがでしたでしょうか?

毛布って、洗うと本当に生き返ってくれます。

その日の夜から、布団に入ることが楽しみになりますよ♪

気持ち良い毛布なら、

良い睡眠がとれます。

すっきり睡眠をとると、

お肌の調子も良くなってくる。

体調も良くなって、健康になってと、

良いことづくし!

毛布、洗ってみてくださいね〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加