ストレスだけが原因じゃない!アトピー悪化を防ぐ食事法とは?

スポンサードリンク

今は、一昔前とは違って、

色々な情報が簡単に手に入ります。

それは、アトピー改善方法にしても同じこと。

でも、

「あれ?これって、前に聞いた情報とは違うような・・・」

「これ、やってみたけど酷くなった。。。」

なんて事を経験した人も多いはず。

どうしてこんなことが起こるんでしょうか?

それは、アトピーは人によって体質が違うから。

アトピーは、他のアレルギー症状よりも、

効果がある方法と、無い方法の差が激しい。

わたしも、

  • ステロイドで症状を抑える
  • 漢方が効く
  • お茶が良い

などなど、赤ちゃんの頃から、

ほんとうに色々と試してみました。

より酷くなったら、すぐにやめる。

多少でも効果があれば、その方法を繰り返す。

でも、繰り返すので、

少しずつ効果が薄れてくる・・・

この繰り返し。

いや、、、ほんとに辛かった。。。^^;

専門家の人たちも、

命に関わる病気じゃないので、

本気で治そうとしてないんじゃないか?

こんなことまで考えてしまいますよね。

ただ、数あるアトピー改善法の中でも、

唯一無二の治療法があります。

それは、食事。

今回は、アトピーを改善する為に絶対に大切な食事

お話したいと思います。

スポンサードリンク

アトピーを治すには腸環境の改善は唯一無二の方法

アトピーを改善する為には、

まずは、腸をキレイにする必要があります。

腸の中がキレイじゃないと、

栄養がちゃんと吸収されないので、

いくら栄養バランスが取れている食事をしても、

意味が無くなってしまいます。

腸がキレイだと、しっかりと栄養が吸収され、

その栄養は血液に乗って体中に運ばれます。

その栄養が、アトピーで傷ついている肌の回復を促進します。

保湿も行ってくれます。

腸の中が汚れていると、栄養を吸収出来ないどころか、

その汚れが間違って血液に入ってしまいます。

すると、血液もドロドロになってしまい、

アトピー悪化の原因にも!

まずは、

「何を食べるか?」

この事を考えて、腸の中をキレイにする事を意識しましょう。

食べるもの次第で、体の中は汚くなるし、

逆に、キレイにする事も出来るんです。

食習慣でアトピーを改善していこう


和食

まずは、食習慣から変えていきましょう

食習慣と言うと、

  • 野菜をたくさんたべる
  • 規則正しく食べる

というような説明が多いと思います。

ですが、腸内環境を改善するには、

この方法ではなかなか改善する事が出来ません。

先ほども話しましたが、

腸の中がキレイじゃないと、

ちゃんと栄養を吸収する事が出来ませんからね。

そのためには、時間をかけて、

段階を踏まなければいけません。

そのための6つのステップをご紹介します。

STEP① 食べる順番を変える


焼肉

始めは、メニューを変える必要はありません。

食べる順番を変える事から始めてみましょう。

なぜ、そんなことから始めるか?

実は、食べ物はそれぞれ消化する時間が違います

例えば、野菜と肉。

野菜は1時間、長くても2時間で消化できます。

それに比べて肉類は、

10時間から24時間もかかってしまうんです。

消化に時間がかかる肉を、始めに食べてしまうと、

一緒に野菜まで、消化に時間がかかってしまうんです。

すると、胃の中の野菜はどんどん鮮度が悪くなってしまい、

吸収される時にはドロドロに・・・

消化が早いものから食べる事は、

凄く大切なんです。

  • 果物:30分前後
  • 野菜:1時間〜3時間
  • 米などの炭水化物:6時間〜12時間
  • 肉などのタンパク質:12時間〜24時間

STEP② 食事回数を減らす


朝食

外部サイトですが、こちらのサイトを見てみて下さい。

リンク先 ⇒ http://ping-jing.com/1402.html

人は本来、朝食は食べる必要はありません

午前中は、身体の中から不要な物を排出する時間ですので、

朝ご飯を食べると、

「出すの?吸収するの?」

身体が混乱してしまいます。

腸の働きをベストに保つには、

午前中は休ませて、午後から腸を働かせるのがベスト

なんですね。

一日中、腸を働かせていると、

肌を回復させるエネルギーまで腸に奪われてしまいます。

健康を健康に保つには、一日2食が理想的なリズムなんです。

身体のリズム

  • 4時〜12時:不要な物を排泄する時間
  • 12時〜20時:食べ物を消化する時間
  • 20時〜4時:身体が修復される時間

一日2食は、12時〜20時の食べ物を消化する時間なんですね。

STEP③ 季節の野菜を食べる


野菜

数年前に、スポーツドリンクかなにかのCMで、

人の身体の70%以上は水で出来ている

といった事を言っていたと思います。

これは本当にその通り。

キレイな水分を補給する事は、

非常に大切なんです。

ただ、だからと言って水をたくさん飲めば良いかと言うと、

一概にそういうわけではありません。

効率よく水分補給をするということ。

野菜には、たくさんの水分が含まれているので、

新鮮な生野菜をたくさん食べて、

必要な栄養素を補給しながら水分を取ることが必要なんです。

この、「新鮮な野菜」というところには、二つのポイントがあります。

一つめは、生野菜を食べるということ。

なぜ生野菜?

その理由は、栄養素をそのまま補給する事ができるから。

ビタミンCやカリウムなどは、加熱すると破壊されてしまいます。

これでは、せっかくの野菜が台無し。

ということで、生野菜を食べる必要があるんです。

二つめは、季節の野菜を食べる事。

今は、ビニールハウスなどで季節外れの野菜を食べる事も出来ますが、

季節の野菜には、その季節に合った作用があります。

特に、にんじんやジャガイモ、根野菜のような冬野菜には、

血行を良くしたり、身体を中から温めるという効果があります。

身体を強くしてくれるので、

アトピーに対しての免疫力や、傷ついた肌の早期回復にもなるんです。

STEP④ キレイな油を摂取しよう


食油油

人の肌の表面は、油分で覆われています。

この油分が不足すると、肌に含まれている水分が蒸発してしまって、

乾燥肌になります。

乾燥肌はアトピーのかゆみの原因の一つですね。

この油分が不足してしまう原因の一つとしては、

人工的に作られている油を摂取してしまっていること。

今の日本社会では、人工的に作られた油が蔓延しています。

それは、油を長持ちさせるためには必要な事なんですが、

成分としては、石油から出来ているプラスチックに非常に近いんです。

プラスチックが身体に悪い事は、誰でも分かると思いますが、

知らない間に摂取してしまっているのは怖いですよね。

キレイで良い油分を摂取すること。

これが、アトピー肌の保湿に効果があります。

良い油を摂取するには、ココナッツオイルや亜麻仁油など、

天然に近い油がオススメです。

逆に、身体に悪い油の見分け方は、

水素化油脂や植物油脂と表記されているもの。

出来るだけ、避けた方が良いでしょう。

STEP⑤ 添加物を出来るだけ避ける


添加物

添加物とは、食べ物を長持ちさせるためや、

美味しく感じさせるために、

人工的に作られているもの。

今の日本の食生活の中では、

なかなか避ける事が難しい。

ですが、避けなければいけないことも事実ですよね。

食品添加物は、身体の中に蓄積されてしまいます。

蓄積されて、許容量を超えてしまうと、

身体の防衛反応が働いて、

添加物を身体の外に排出しようとします。

便などで排出してくれれば良いんですが、

アトピーの人の場合、肌から出そうとするので、

アトピーが悪化してしまうんです。

この添加物を避ける方法の一つとしては、

昔から言われている「さしすせそ」をちゃんと使うこと。

  • さ:砂糖
  • し:塩
  • す:酢
  • せ:せうゆ(醤油)
  • そ:みそ

さしすせそを使った料理は、確かに手間と時間がかかります。

でも、美味しいですよね。

この優しい美味しさが身体に優しいということを、

覚えておいて下さい。

STEP⑥ 牛乳は日本人には合いにくい


牛乳

牛乳は、日本人の体質には合いません。

それは、牛乳を消化するために必要な物質である、

ラクターゼを作る事が出来ないから。

みんなではありませんが、ほとんどの日本人は出来ません。

消化が出来ない牛乳を飲むことで、

腸の壁に沈着してしまい、

腸の中がドロドロになってしまうんです。

「じゃあ、カルシウムはどうやって取ったら良いの?」

ほうれん草を食べて下さい。

実は、牛乳よりもほうれん草の方が、

含まれているカルシウムが多いんです。

そしてそのほうれん草を、晩ご飯に入れましょう。

そうする事で、昼間は骨から吸い出されたカルシウムを、

効率よく補給する事が出来ますよ。

ちなみにわたし、

アトピーの検査では牛乳はまったく反応無し。

ですが、牛乳を飲む事をやめて、

アトピーがマシになったと実感していました。

まとめ


赤ちゃん

また別の記事で書こうと思いますが、

わたしをアトピーから救ってくれたのは、

あるお医者さんの言葉。

そして、そのお医者さんを信じての食事療法です。

その時に、このお医者さんを信じていなければ、

わたしは今でも、アトピーに苦しめられていたでしょう。

アトピーは、絶対に一朝一夕では治すことは出来ません。

本当に時間がかかるんです。

焦る気持ちは、痛いほど分かります。

ですが、すぐに完治させることが出来ないことは、

あなたも分かっているはず。

「急がば回れ」

焦らずに治療しましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です