治したいなら!アトピーのこどもに市販シャンプーは使わない!

スポンサードリンク

実はわたし、生まれた時からアトピーがあります。

小さい頃は、手がジュクジュク状態でした。

当然、水で手を洗うなんて、

痛くて痛くてたまりません。

走るだけで、手に当たる風に、

痛みやかゆみを誘発させられます。

痒いから掻く。

そして悪化する。

見た目も悪いので、外出もしたくなくなります。

それがストレスとなり、

更に悪化してしまう。。。

アトピーの人はみんな、この負のスパイラルに悩んでいます。

頭では理解しているんですが、

本当に抜け出す事が出来ないんです。
幸いわたしは、身体を動かす事が好きだったので、

痛くてもスポーツをしていました。

でも、どんな運動をする時でも、

手袋は欠かせません。

小学生に上がる頃には、

手以外の部分の皮膚も、

アトピーでただれている状態にまで悪化。

寝る時は、枕の上に赤色のバスタオル。

掛布団も、使い捨てのシーツ。

これは、無意識に掻きむしった時の血が、

布団や枕に付かないようにするための対策。

当然ですが、頭皮もジュクジュク状態。

お風呂でのシャンプー、痛くて痛くて。。。

そんな私が、小学生の4年生から始めて、

大人になってもやっている、

アトピーの人の為のシャンプー方法

御紹介したいと思います。

スポンサードリンク

シャンプーが頭皮に与える影響

まず根本的なことですが、

アトピーの人の肌は乾燥肌。

そして、過度な乾燥肌はアトピーの大敵

どんな人でも、お肌が乾燥するとかゆくなってしまいます。

アトピーの人は、アレルギー反応も重なって、

乾燥したお肌が、もの凄く敏感になっています。

これが、耐えられないほどのかゆみを誘発しているんです。

まずは、お肌の乾燥を意識する事。

出来るだけ、乾燥しないようにすることが大切です。

頭皮は、水分を維持するために、

油分などがバリアを作ってくれています。

シャンプーを使うと、その洗浄成分で、

この油分のバリアがほとんど除去されてしまいます。

そして、お肌の水分などが蒸発。

こうなってしまうと、後は分かりますよね?

頭皮の油分バリアは、元に戻るまでに、

数日かかってしまいます。

アトピーじゃない人でも、毎日シャンプーをしていると、

頭皮は常に、カラッカラに干からびたサハラ砂漠状態。

アトピーの人の乾燥肌は、もの凄く敏感なので、

シャンプー自体が危険なんです。

アトピーの人はシャンプーが危険!


シャンプー

シャンプーの成分がアトピーの頭皮に悪い事は分かりますよね。

でも、

「自然由来の成分配合」
「頭皮に優しい」
「アトピーの人でも大丈夫!」

なんて言葉を売りにしているシャンプーはどうなの?

ハッキリ言って、アトピーの頭皮に良くはありません。

どれだけ優しくても、

洗浄成分が入っている事には変わりはありません。

頭皮のバリアは除去されてしまいます。

少しでも乾燥する事は、アトピーには致命的なのは、

分かっていると思います。

これらのシャンプーの中には、

デザインを可愛らしく、優しいものにして、

誤魔化しているものも、少なからずあります。

「誤摩化している」は、言い過ぎですね。

販売促進のために、キレイな外装にする事は、

販売テクニックの一つ、悪い事ではありませんので・・・

アトピーの人はどうやってシャンプーをしたら良いの?


シャンプー

じゃあ、アトピーの人はどうやってシャンプーをしたら良いのか?

わたしが実践しているのは、

お湯だけで髪や頭皮を洗うこと

まったくシャンプー剤を使っていません。

「臭くならないの?」

はい。

正しい方法を実践すれば、

まったく臭くなりません。

お湯だけでシャンプーをする方法


お湯

どうしてシャンプーをするのか?

これを知ることは大切です。

シャンプーをする理由は、二つの汚れを落とすため。

一つは、髪に付着している汚れ。

もう一つは、頭皮の汚れ。

髪に付着している汚れのほとんどは、

日常生活のホコリです。

頭皮の汚れは、身体の中からにじみ出てきた汚れ

染み出てきた汚れは、外気の温度で固まって、

頭皮に滞留します。

ということは、体温に近い温度なら、

溶けてくれます。

だいたい、35度~36度で溶けてくれるので、

この温度のお湯でしっかりと洗えば、

汚れを落とすことが出来るんです。

その時、紙のホコリも絡み取って、

一緒に流れていきます。

シャンプー剤は、効率良く汚れを落とすためのもの。

アトピーの人には不要、害悪しかないんです。

こうやって考えてみると、

アトピーの人には、シャンプーが害悪だということが

分かると思います。

それどころか、アトピーじゃない人にとっても、

頭皮に良くないですよね。

もちろん、わたしも長年、アトピーに苦しんでいる一人。

一人一人、それぞれでアトピーの原因や対策が違う事は分かります。

ただこの方法、わたしの知り合い数人に試してもらったところ、

ほとんどの人が、改善する事が出来ました。

もし今まで、色々な事を試してみて、

あう方法が無かったら。

一度、お湯だけシャンプーを、

試してみて下さいね。

ーーーーー2016/8/6 追記ーーーーー

ここ最近、いろいろなシャンプーを試してみています。

その理由は、海外出張が増えたから。

海外と言っても、

中国や東南アジアばかりなんですけどね^^;

でも、急激に発展している国ばかりなので、

日本以上に、大気汚染がひどいところばかり・・・

アジアの各国に行くと、

本当に空気が汚いです。

そりゃもう、本当に。。。

タイのバンコクなんて、

目も痛くなってくるほど、酷いんですよ。

日本だと、東京や大阪の大気汚染が

一番ひどいと思いますが、

そんなのは比にならないくらい。

そしてそのせいで、

髪や体も、かなり汚れます。

雨が降ったりした時には、

もう、見て分かるくらい汚かったりします。

そうなると、お湯だけシャンプーだと、

汚れが取りきれません。

だから最近、シャンプーを使い始めてみたんです。

で、今まで試した中で、

私の身体に比較的あったシャンプーが二つあったので、

ご紹介しておきます。

一つ目は ⇒ こちら 

説明は色々書かれていますが、

まあ簡単に言うと、

「無添加、オーガーニック、ノンシリコンだから身体に優しいですよ」

ってことが説明されています。

ただアトピーの人の場合って、こんな事は基本ですよね。

大切なのは、

「使われている水が合うか?合わないか?」

だと思います。

私の場合は、合いました。

なんか、かなり純度の高い水を使っているようで、

その水が合いました。

完璧にとまでは言いませんが、

お風呂上りでも、程よく肌の水分が維持できていて、

あまり痒くなりません。

もう一つは ⇒ こちら 

こちらも当然、

「弱酸性、オーガニック、ノンシリコン」

等々の基本条件はクリアしています。

ですので、こちらも使われている水が、

私の肌に合ったんでしょう。

お風呂上りに、

肌の荒れている部分(特に首の後ろと前の関節)も、

乾きすぎず、でも残りすぎず、

丁度いい感じにペタペタしてます。

当然、どちらのシャンプーも、

子供が使っても大丈夫。

ですので、一度試してみる価値はアリだと思いますよ。

⇒ 頭皮のアトピーや湿疹対策!お湯シャンプーのメリットやコツ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です