30代で転職失敗?!すぐ辞める事にならない5つの方法とは!

スポンサードリンク

30代。

脂が乗っている、まさに転職にうってつけの年齢

でも実は、転職に成功する人はかなり少ない

この事実、ご存知でしたか?

その数、転職をする人の30%とも、20%とも言われています。

人それぞれ、いろいろな事情があります。

どうしても転職をしなければいけない!

そんなあなたにっ! m9っ`Д´)

転職を失敗しない為の5つの方法

お教え致します!

スポンサードリンク

入社後の仕事内容の確認が不十分

当たり前だと思うかもしれませんが、

けっこう出来ないことが多いんですよね。

  • 自分は、どんな仕事がしたいのか?
  • 自分は、どんな仕事が得意なのか?

まずは面接に行く前に、

しっかりと自分の事を把握しておきましょう。

出来れば一度、書き出してみてください。

そうする事で、自身の能力や、求めていることを

ハッキリを理解する事が出来ます。

その上で面接に望む。

  • 先方の会社は、どんな能力の人を求めているのか?
  • 先方の会社では、どんな環境で仕事が出来るのか?

これらのことを、しっかりと確認すること。

転職先での仕事を十分に理解しておかないと、

期待と現実にギャップが生まれてしまいます。

始めはどうしても、期待は大きいもの。

ギャップがどんどん大きくなっていくと、

「思っていた仕事と違ってた!」

「期待を裏切られた!」

となってしまいます。

あともう一つ注意しなければいけないことは、

会社を先入観やイメージで入社を決めないこと

先入観だけで決めてしまうと、

ほとんどの場合は、思っていたような仕事は出来ません。

例えば。

10人ほどの会社で働いていて、

上場しているような大手企業を受験した場合。

「こんな立派な会社で働けるっ!」

と、先走らない。

ちゃーんと内容を確認しておかないと、

不満ばかりになってしまい、

結果的にはまた転職を繰り返してしまうという、

負のスパイラルにはまってしまいます。

短期間での転職は、デメリットにしかなりません!

上司になる人は相談しやすい雰囲気?


上司

転職では、まずは始めに人事担当者、

その後に、将来の上司となる方との面接、

というパターンが多いです。

その時、上司となるであろう方の

人柄を見極めるようにしましょう。

理想的な上司は、

  • 普段は自由に仕事をさせてくれて
  • 困ったときには相談に乗ってくれる

でも何か問題が起こったときには、

ちゃんと責任を取ってくれる人。

ま〜こんな方は、ほとんどいないんですが。。。^^;

ただ、「自分とウマが合うかどうか?」

この見極めは大切ですよ。

転職の失敗例で多いのは、

  • 指導してくれる上司がいない
  • 上司と相性が悪い

と、上司に関わる内容。

相性が悪ければ、そのストレスは半端ではありません。

これから長く関わる上司。

毎日顔を合わせます。

一日の半分以上は一緒に過ごすという事を考えると、

非常に大切なポイントということは

分かると思います。

上司との相性が良ければ、

良い仕事が回ってくることも多いでしょうし、

なによりも、働いていて楽しいでしょう。

なんだかんだ言って、仕事は社内の人間関係が大切です。

転職に焦って会社を美化していない?


焦る

転職を考えるパターンとしては、

今働いている職場の人間関係が悪かったり、

給料が安かったり。

「転職したい!」

と思い始めると、

「すぐにでも次の会社を決めなければ!」

焦ってしまいます。

特に、奥さんや子供がいる場合、

どうしても、経済的なことも考えてしまいますよね。

「早く次の会社を決めたい!」

という意識が、どうしても働いてしまいます。

面接をする会社が、本来の価値よりも魅力的に見えてしまうのも、
仕方がありません。

良く無い部分も、無理やり美化してしまったり・・・

あなた自身は体育会系ではないのに、

「気持ちが重要な会社だから楽しそう。。。」

こんなふうに美化して入社してしまうと、

あとは地獄。。。

面接のときに言われる、定番の魔法の言葉、

「今は無理だけど、将来的には希望の仕事をしてもらうように考えている」

こんな曖昧な言葉、

ほとんどの場合は実現されないと思った方が良いでしょう。

始めにお話しした、転職先での仕事内容の事と重なりますが、

  • 転職先で、あなたは何をしたいのか?
  • 何を求めて転職をするのか?

この事をハッキリとさせた上で、

面接先の会社を美化せず、焦らずに見極めましょう。

条件の確認をしっかりしよう!


給料

給料、ボーナスでの条件面だけじゃなく、

残業の時間や残業代、代休や有給休暇などの条件も、

しっかりと確認をするようにしましょう。

特に、金銭面に関して。

なんとなく聞きにくい気持ちは分かります。

ですが、ちゃんと聞いておかないと、

ほぼ間違い無く、入社後に不満が出てしまいます。

始めから給料に不満を持っていると、

仕事へのモチベーションは上がりにくい。

結果も出しにくくなってしまいますよね。

働くための条件を確認した時に嫌がるような会社であれば、

働き始めた後の態度はもっと悪いはず。

この部分からも、その会社の中が分かると思って間違いありません。

今聞きにくくても、いずれは聞かなければいけない事。

開き直って、しっかりと聞くようにしましょう。

職場の人間関係は良好?


人間関係

職場の人間関係は働くうえでは最も大切

と言っても過言ではありません。

人間関係が悪いと、やっぱり楽しくありません。

面接だけだと、確認する事は難しい部分なので

『運』と言えなくも無いんですけど。。。^^;

ただある程度、規模が大きい会社の場合。

転職サイトの口コミの部分に、

働いていた人の口コミが掲載されていることも

少なくありません。

もう既に辞めた方々のコメントですので、

良いコメントばかりではなく、

悪いコメントもたくさんあるでしょう。

全部が全部を真に受けず、

冷静に見極めることが出来れば、

参考にする事は出来ますよ。

如何でしたでしょうか?

はっきり言って、普通の事しか言っていないと思います。

ですがこうやって、はっきりと言われてしまうと、

ちゃんと自覚して面接に臨むことが出来るようになります。

20代後半、30代以降の転職、面接は、

新卒の転職とは違い、こちらも相手の会社を判断する

という側面も持っています。

必要以上に萎縮せず、しっかりと確認をする事。

これがm転職で失敗しない為の、唯一の方法です。

頑張ってくださいね〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です