哺乳瓶の選び方!ガラス?プラスチック?メリットデメリットを完全公開!

スポンサードリンク

産まれたばかりの可愛い我が子に、

大切な栄養をあげるための哺乳瓶。

わが家ではママの外出中に、

パパとふたりでお留守番出来るから、

と大活躍だった、いわば子育ての必需品!

ともいえるもの。

でもお店にいってみると、なんだか素材が、

ガラスとプラスチックの二種類あるみたい!

どっちがいいの?

どう違うの?

と、不安に思うママも多いはず。

実はガラスとプラスチック、

どちらにもメリット・デメリットが

あるんです。

詳しいメリット・デメリットの内容といっしょに、

哺乳瓶の選び方も解説していきますね。

ガラスの哺乳瓶のメリットは?

スポンサードリンク

ガラス哺乳瓶のメリットは、

ミルクが冷ましやすく衛生的

ということにあります。

赤ちゃんにミルクをあげるとき、

飲みやすい熱さに冷ますのに、

時間がかかるなと思った事はありませんか?

私もミルクを溶かして冷ましている間に、

お腹がすいた赤ちゃんが泣きだしてしまい、

大変慌ててしまったことがあります。

出来れば早く赤ちゃんに

ミルクを飲ませてあげたい。

だけど、ちゃんと冷まさないと

火傷をしてしまうかも……。

そんな時って、ちょっとした

パニックになってしまいますよね。

実はガラスは元々冷めやすい素材なので、

ミルクを冷ます時間が短縮できるんです!

また、耐熱性ガラスを使っているため、

消毒がしやすく衛生的なので、

衛生面に敏感なママには特におすすめです。

ガラスの哺乳瓶のデメリットは?

ガラスの哺乳瓶のデメリットは、

重くて壊れやすくて、

あげている途中でミルクが冷めてしまうところです。

台所のガラスのコップを持ってみると、

重い!って思いませんか?

洗面所にあるプラスチックのコップとは、

全然違うと感じると思います。

哺乳瓶の大きさにもよりますが、

ガラスという素材は、

プラスチックに比べてだいぶ重いので、

初めて使うときはちょっと注意が必要です。

とくに新生児のうちは

飲むのがゆっくりだったり、

何度も休憩したりしながら

飲むことが多いと思います。

私はミルクをあげるとき、

抱っこしてあげていたのですが、

正直赤ちゃんだけでも重くて

腕が痛いくらいでした。

なので、同じように赤ちゃんを

抱っこしてミルクをあげるママは、

両手に重いものを持つことになるので、

かなり腕が疲れます。

また、重くておとしてしまったりすると、

ガラスなのですぐ割れてしまうという

難点もあります。

割れたガラスは危険ですし、

もしも外出中などだった場合は、

代わりの哺乳瓶を探すのも大変ですよね。

また、ミルクをあげる前に

冷ますときはメリットだった冷めやすさも、

ミルクを上げているときにも

どんどん冷めてしまうので、

場合によってはデメリットになるとも言えます。

プラスチックの哺乳瓶のメリットは?

プラスチック素材の最大のメリットは、

軽くて丈夫ということです。

もともとガラスに比べてだいぶ軽い素材で、

しかもちょっと落としたくらいでは

壊れたりしません。

わが家でもプラスチック哺乳瓶を

メインで使っていました。

飲むのに時間がかかってしまうときでも、

プラスチックの軽さならあんまり

疲れないんです。

うちの子は飲んでいる途中で

飽きて暴れてしまったりするのですが・・・

でもうっかり哺乳瓶を落としてしまっても、

めったなことでは割れないので、

プラスチック哺乳瓶はとても気楽に使える

ベビー用品でなんです。

その外にも、うちの子はミルクを飲むのが遅くて

時間がかかってしまう子だったのですが、

プラスチックの哺乳瓶は中身が冷めにくいので、

ミルクが長引くときでも温めなおしが少なくて済む、

というメリットもあります。

プラスチックの哺乳瓶のデメリットは?

軽くて落としても壊れなくて使いやすいというと、

いいことばかりに思えてきますが、

実はデメリットもあるんです。

それは、ガラスに比べて表面がやわらかいので、

ひっかき傷みたいな細かい傷がつきやすいということ。

ちょっと固いブラシで洗ったりしたら、

ミルクを入れる大切なビンの中に

傷がついてしまうことも。

その傷に細菌が繁殖したりしたら……と思うと、

消毒すればいいとはいえ、

ちょっと怖いですよね。

また、プラスチックは授乳時間が

長くなっても冷めづらいのですが、

反対に作ってすぐのミルクを冷ますのには、

ガラスよりずっと時間がかかります。

「すぐにミルクが欲しい!」

という赤ちゃんには、ちょっと待ち時間が

もどかしい哺乳瓶でもありますね。

ガラスとプラスチック、買うべき哺乳瓶はコレ!

ふたつの素材には、

それぞれメリット・デメリットが

色んな面であるんですね。

それでは、ガラスとプラスチック、

どちらの哺乳瓶を買うべきなのか?

答えは……。

両方買ってしまうのがいいです!

私も軽くて丈夫なプラスチック哺乳瓶は

お出かけ用にして、

お家の中ではガラスの哺乳瓶を使っていました。

プラスチック哺乳瓶は持ち運んでも

そんなに荷物にならない重さですし。

それに特に肌寒い季節だと、

万が一お外でミルクをあげるときには、

せっかく作ったミルクがすぐに冷めてしまったら、

中々温めなおしが出来ません。

反対にガラス哺乳瓶は衛生的ですし、

作ってからあげるまで

待たせておかなくて済みますよね。

ご機嫌をそこねてぐずったりして、

ミルクが長引くこともなく

あげることが出来ました。

もしも長くかかって

ミルクが冷めてしまったとしても、

お家の中なら温めなおしもすぐ出来ますからね。

例え両方買わなくても、

ガラスとプラスチックそれぞれに

色んな特徴があります。

ですからミルクをあげるときを想像して、

ご自分に合った哺乳瓶を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加