行く前に要注意!徳島阿波踊りの駐車場や混雑を避ける方法とは!?

スポンサードリンク

毎年8月になると、

四国・徳島県で開催される「阿波踊り」

阿波踊りには毎年140万人以上の人が

訪れるそうです。

海峡を隔てても、以外と近いので、

一度行ってみたいと思うのですが、

140万人以上の人という混雑と、

宿泊、駐車場を考えると、

毎年先延ばしになっています。

しかも例年、8月12日~15日までの

4日間開催なので、お盆と重なりますし、

余計に大変だと思います。

駐車場も気になりますね。

140万人以上訪れる、利便性からいえば、

車も多いのでは?と心配です。

「阿波踊り」は、有名な文句に

「同じ阿保なら踊らにゃそんそん」

とありますが、言葉の通りに、

見て楽しく参加して楽しいお祭りです。

「どうせ行くなら楽しまなきゃそんそん」

なので、行く前に駐車場や

混雑を避ける方法を探してみました。

徳島の阿波踊りの駐車場、混雑を避ける方法とは?

スポンサードリンク

混雑を避けたい!

と思うのなら、確実なのは

車を使わずに徳島入りする方法です。

飛行機、船、JR、バスで徳島入りして、

宿に入るのが理想ですね。

荷物も持たずに動けるので、見るのも踊るのも、

終了後もさっと宿に戻って、

ゆっくりできるので最高です。

ただし、早い段階から計画することが

必要となります。

車で行動する人が、混雑を避ける方法は、

とにかく早く駐車場に入ることです。

18時以降は交通規制がかかります。

それまでは車での移動が可能ですが、

中心地の駐車場は16時頃にはほぼ満車になります。

満車に近くなると、入庫するのにも一苦労で、

イライラすること間違いなしです。

民間駐車場もありますが、

空きがあると保証できません。

中心地以外の、

吉野川河川敷緑地の駐車場に駐車する場合は、

16時以降はシャトルバスが運行されます。

早めに駐車した場合は、

徳島バスが利用できますが、

時間帯によっては渋滞に巻き込まれます。

何せ140万人以上の観光客+踊り子ですから…

早くついてしまった場合は、

藍場浜演舞場近くのあわぎんホールで行われる、

選抜阿波踊りを見たり、

町中で踊っている

「連」を見て始まるまで楽しんでください。

帰りも同様です。

シャトルバス、駐車場から出る車で、

大変混雑しますので、早めに出庫されるか、

反対に遅く出るかがおすすめです。

徳島阿波踊りの一般車向け臨時駐車場リスト

臨時駐車場

阿波踊りの駐車場で、

県外客にも利用しやすい場所のリストです。

●市営駐車場

・市営新町地下駐車場

収容台数…133台

料金  …20分まで100円、

12時間以内まで900円

交通規制がかかるので、

18時から23時までは入庫できません。

出庫は可能です。

・市営紺屋町地下駐車場

収容台数…287台

料金  …20分まで100円、

最大料金制なので、昼間は500円

夜間は1000円となります。

交通規制がかかるので、

18時から23時まで入庫できません

出庫はできます。

・市営藍場町地下駐車場

収容台数…295台

料金  …1時間300円、

30分ごとに150円

交通規制にかからない部分が少しあります。

●小学校や公園の臨時駐車場

・内町小学校…16時台で満車になります。

シャトルバスの乗降場に近いので、

大変込み合います。

特に出庫時は覚悟が必要ですね。

・新町小学校

人気の場所です。

14時台で満車になります。

学校や公園の駐車場は有料で1000円です。

●徳島県庁駐車場

県外ナンバーに限り、18時以降駐車できます。

●吉野川河川敷緑地駐車場

収容台数…1000台

16時から22時50分まで

シャトルバスが利用できます。

駐車場は無料ですが、

シャトルバスは1回100円と有料です。

●マリンターミナル駐車場

収容台数…550台

シャトルバスの利用ができます。

とにかく込み合うことが予想されます。

混雑にイライラすることなく、楽しい旅を!

阿波踊り

人気のイベントは、楽しいばかりでなく、

混雑イライラはつきものですね。

早い時期から計画をして、

余裕のあるスケジュールで臨みましょう。

家族連れならなおさらです。

小さい子どもさんが一緒なら、

優しい楽しい旅行を心がけて下さい~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です