コンタクによる充血が治らない!即効で効果があるオススメ対処法!

スポンサードリンク

「最近、コンタクトによる充血がつらくて・・・」

とお悩みの方。

どのような原因や対処法があるんでしょう?

一言で充血といっても、いろんな要因があります。

結膜炎や角膜潰瘍、アレルギー性結膜炎など

炎症性のものは、眼病の対象となります。

痛みやかゆみ、メヤニが多いなどの

症状が出るはずですので、

かならず医療機関を受診してください。

今回は、そのようなはっきりした訴えのない

充血について調べてみました。

スポンサードリンク

コンタクトで目が充血する理由や対処法

ソフトレンズとハードレンズ使用者では、

違いがあります。

ハードレンズのユーザーに、

一番よく発生する充血は、

夕方になると起こる角膜左右の充血

朝は大丈夫だけど、

仕事などで1日中パソコンや、

スマホの画面を見ていたら、

だんだん疲れ、同時に目の左右が充血してくる。

それだけでなく、

ごろごろしたり、乾燥したりして、

レンズを外したくなるような感じになってきます。

ハードコンタクトに涙を奪われ、

他の部分が乾燥してしまう。

なおかつ、構造上乾燥しやすい部分があり、

そこがどうしてもになってしまう。

パソコン作業をする方は、まばたきの回数が減って

5~10回/分にも下がります。

(通常時15~25回/分)

まばたきで、涙と酸素を補充しているので、

回数が減ると、酸素不足がおこるのです。

コンタクトレンズの経年変化による劣化により、

眼に負担がかかっている場合もあります。

対処法としては、

  • ゆっくりした、しっかりまばたきを意識してふやす。
  • コンタクト用目薬を時間を決めて使う。
  • しばらくメガネに変えてみる。
  • 可能ならば、ソフトコンタクトに変えてみる。
  • ハードレンズそのものを買いかえてみる。

次に、ソフトコンタクトレンズの充血について。

残念な事に、

ソフトコンタクト使用時の充血は、

何らかの眼病を起こしていることが多いです。

これはレンズの構造によるものから。

ですから、

たとえば2週間交換型ソフトコンタクトを、

3~4週間まで勝手に延ばして装用していたりすると・・・

感染症をおこしてしまい

充血、痛み、痒みを起こしやすくなるのです。

あとは、誰もがご存じのドライアイです。

文字通り、

眼が乾燥し、充血、ゴロゴロや痛みを感じます。

日本人の6人に1人がドライアイという

データもあります。

対処方法は、

  • パソコンを眼より少し低い位置に設置する。
  • 部屋の加湿を行う。
  • コンタクトを使わない日を設ける。
  • 防腐剤を含まない目薬を使う。
  • 新素材のシリコーンハイドロゲル素材レンズを使ってみる。

コンタクトで充血が治らない!即効効果がある対処法!

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s

蒸しタオルを使って、

血行を促す方法が効果が高いです。

先に人口涙液を点眼し、

(人工涙液とは薬局で売っている

「人工涙液」と書いてある目薬のこと)

濡れたタオルをレンジでチンして、

目の上に乗せてみてください。

(やけどに注意!)

約40度で10分間行うと、かなり効果があります。

ただし、痛みを伴う場合は

冷たいタオルをお薦めします。

血行が良くなると、

余計痛くなってしまうからです。

その後、まぶたを何度か開いたり閉じたりします。

次に眼球を左右上下に動かします。

(眼の筋肉をほぐして、血行を促します)

それから、これには即効性は無いのですが、

栄養面からの補足です。

ビタミンB2には、

目の充血を治す効果がありますので、

多く含む食材を摂るようにしましょう。

レバー・卵・豚肉・納豆・うなぎ・海苔・モロヘイヤ

などに多く含まれています。

医療品としてだけでなく、

ファッションアイテムにもなっているコンタクトレンズ。

使用方法をまもって、眼を大事にしてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です