シミ取りレーザーに失敗例が多い本当の理由とは!?

スポンサードリンク

【記事タイトル(キーワード)】

シミ取りレーザー失敗例

まえがき

一生懸命お手入れをがんばっているつもりでも・・・

どうしてもできてしまう“シミ”!

一度出てきてしまったシミは、

お手入れだけじゃ消えてくれません!

そんな時、気になってくるのは

レーザーによるシミ消し。

「でも、ちょっと怖くて手がでない・・」

という方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな「シミ取りレーザー」について調べてみました!

スポンサードリンク

肌のシミは紫外線が原因?

シミの原因は、

大半が紫外線が原因によるものです。

紫外線から体を守ろうと、

メラノサイトと呼ばれるものが

メラニン色素を作ります。

これによって、真皮に紫外線が届かないように

お肌を守っているんですね。

ですが…。

これが結果としてシミになっちゃうんです!

紫外線以外の肌にシミができる原因

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

実は、この紫外線以外にも

  • ホルモンバランスの変化によるシミ
  • 普通のお手入れでは治すことのできない特殊なシミ

があります。

なので、自己判断でケアするのではなく、

一度皮膚科を受診して、

自分のシミにあったケアをする必要があります。

肌のシミを消す方法とは?

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

肌がメラニンによって、肌にしみが現れても。

本来であれば、肌のターンオーバーによって

肌が生まれ変わることで、徐々に薄くなっていきます。

ですが、加齢、代謝不良などで

ターンオーバーができなくなってくると、

シミとして、そのまま肌に残ってしまいます。

ですので、ターンオーバーを促すためにも

代謝の良い健康な体でいることはもちろんですが、

年齢を重ねてくると、どうしても代謝が落ちてくるので、

シミも残りやすくなってくるんですね…。

シミ取りレーザーの効果とは?

b14b3e230625795da3c15b519eae219d_s

そうなってくると、

「もう物理的に取ってしまおう!」

ということで、シミ取りレーザーの出番なわけですが、

実際のところ、どんなことをするのでしょうか?

① レーザーによる照射

シミに対してレーザーを照射していきます。

ゴムでパチンと弾くくらいの痛みを伴う場合がありますが、

麻酔薬などもあるため、差ほど気になりません。

施術時間は、大体10分程度。

② レーザー照射直後

照射後は患部が白く変化し、

その後赤黒いカサブタになります。

このカサブタを隠すために

創傷保護テープを貼って患部を保護します。

③ 患部のケア

処方された塗り薬などで患部のケアを行います。

また、日焼け止め対策を入念に行う必要があります。

④ 5~7日後

赤黒いカサブタが剥がれてきます。

日が経つにつれて肌の色に変化してきます。

⑤ 1か月経過

一過性の色素沈着が現れることがありますが、

3か月~半年くらいで消滅します。

⑥ 3か月経過

シミの色が徐々に薄くなってきます。

日焼け止め対策などのケアを入念に行います。

⑦ 6か月経過

ここまでくるとシミがほぼ消えています。

シミが消えるまでには、

けっこう時間がかかるんですね…!

シミ取りレーザーで失敗しないために

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

シミ取りレーザーで皆さんが一番気にしているのが、

一過性の色素沈着が出てしまうこと。

「せっかくシミ取りしたのに、シミができた!」

と気にされる方がかなり多いんです。

分かってはいても、せっかくシミ取りしたのに、

新しいシミができちゃうと、

テンション下がっちゃいますもんね…。

次に気になるのが、時間がかかるということ。

レーザーも1回受ければ終わり!

ではなく、やはり何度か当てる必要があります。

それに、その過程でのお肌のお手入れが

ちょっとめんどくさい…。

また、レーザーを当てることで

お肌のバリア機能が弱ってしまいます。

以前にも増して、紫外線ケアをしっかりとしていないと、

逆にシミができやすくなってしまうんです…。

シミ取りレーザーで失敗するのは、

こうしたケアの怠りなどが原因のことが多いんです。

魅力的ではありますが、

その後のこともしっかり考えた上で、

施術を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です