大損する前に!前歯のインプラント費用は保険を使える?

スポンサードリンク

前歯が欠けた!

サラリーマンにとって、口元の印象は大切です。

もし欠けてしまうと、

すぐに歯医者さんで治療をしないといけません。

ただ、インプラントをしようと思うと、

気になるのは、治療費。

高額なイメージがありますが、

どのくらいなのでしょうか?

健康保険は、全く使えないのでしょうか?

スポンサードリンク

前歯のインプラントに保険適用できる?

 

◆差し歯とは?

 

歯の根が残っている時に、

根を利用して、被せ物をすることです。

残っている根を治療して、土台を立てて、

被せものをします。

根が残っていない場合は、

インプラントやブリッジをすることになります。

70%の方が前歯を保険で差し歯にしないそうです。

❖保険で治療している前歯は、

金属の土台と金属の冠の表面に

プラスチックを張り付けています。

金属は、水分のある場所ではイオン化して

溶け出してしまいます。

溶けた金属の成分は、歯茎を黒くしてしまいます。

その色を取るには、歯茎ごと取って

他の歯茎を移植する必要があんです!

❖保険での治療の差し歯は、

表面にプラスチックを張り付けます。

プラスチックは、口の中で水分を吸収し、

黄色く変色しやすいんです。

また、表面の傷の凸凹にプラークが残り、

黄ばみの原因にも!

❖一般的な歯の色は、あまり目立ちません。

ただ、歯の色が濃い人やまだらな感じの人は、

プラスチックでは色が合わせにくいために、

周りの歯から浮いてしまう可能性も。

近年は、歯科材料も進化したので、

金属を使わないで、セラミックだけで治療する、

オールセラミックという治療法が、可能になりました。

ちなみに、金額は前歯の被せもので9万~12万円程度です。

※保険適応の材料の場合は、数千円で済みますが・・・

インプラント治療に保険を適用させるには?

11d38093c229d320d5c1d8a2dbcb3aa4_s

インプラントとは?

体内に埋め込む医療機器や、

その材料の総称として使われています。

心臓のペースメーカーや、

美容成形の目的で使うシリコン材料なども、

全部インプラント!

歯が無くなった場合、骨に埋め込む人工歯根は、

歯科インプラント(デンタルインプラント)と言います。

インプラント治療とは?

 

虫歯や歯周病、また外傷によって歯を失うことがあります。

そのような、歯が無くなってしまっている部分の

顎の骨の中にインプラントを埋め込んで、

そのインプラントに義歯を付ける治療方法のことです。

インプラント治療は、

1本だけ歯がなくなった場合でも治療できますし、

全部の歯がなくなった場合でも、適用できます。

インプラントの材料・構造は?

強度、生体親和性、骨との結合から、

現在インプラント材料としては

主にチタン・チタン合金が使用されています。

インプラントの構造は、

骨の中に埋める部分の事を、インプラント体と呼びます。

そして、インプラント体と義歯の間の部品を、

アバットメントと呼びます。

一般的にアバットメントは、スクリューを使って、

インプラント体に固定されています。

インプラント治療のメリットは?

 

義歯をしっかりと固定できることが、

最大のメリット。

インプラント治療では、残っている歯を削ったり、

義歯を安定させるための装置を付けたりすることがありません。

残っている歯に負担をかけずに治療できることも、

インプラント治療の利点なんです。

インプラント費用1本分は?

インプラント体+アバットメント+上部構造=330,000円。

※あくまでも一例です。

インプラントは通常、自費診療となります。

インプラントの金額は、歯科医院によってかなり差があります。

1本が15万円くらいのものから、

50万円以上するものまであります。

決して安い治療ではありません。

材料や治療期間など、

担当の歯科医師と納得いくまで話し合いましょう。

相談に応じてくれない医院は論外です!

◇インプラント治療で保険適応の条件は?

*顎骨の1/3以上が連続して欠損や形成不全の状態にあり、

それが医科の保険医療機関の主治医によって、

先天性の疾患によるものと診断される場合。

*病気や外傷などで広範囲にわたり、顎骨を欠損している場合、

またそれを骨移植術などの方法で再建している場合。

前歯インプラントのデメリットとは?

b794029c49692a72630dd626568cb8c0_s

インプラント手術前後の注意事項は?

 

  • 手術前の注意事項

手術の前日は睡眠を充分にとって、

体調をしっかりと整えておきましょう。

  • インプラント手術直後の注意事項

手術当日は、絶対にうがいをしないように!

頻繁にうがいをすると、いつまでも血が止まらなかったり、

痛みの原因になる場合があります。

通常、1日位は唾液に血が混ざります。

その後も流れる程の出血がある場合には、

歯科医院に連絡しましょう!

*手術直後に鎮痛剤を服用します。

その後痛みが出るようなら、

4時間以上あけて鎮痛剤を服用しましょう。

また、痛みがなくても、鎮痛剤以外に処方された薬は、

体に変調がない限り指示通り飲みましょう。

あと、下痢や湿疹などの症状があれば連絡しましょう。

医師から処方された抗生物質は、

完全に1週間分飲みきるようにして下さい。

*食事は、麻酔がさめてから、

軟らかい物を反対側で噛んで摂りましょう。

手術部位に刺激が加わってしまうと、

感染の原因になってしまうかも・・・

熱いもの、刺激物も要注意です。

*人によっては、顔の腫れや

内出血斑(青アザ)が出ることがあります。

腫れは2~3日目がピーク!

20分ごとに冷水で湿布してください。

※氷など極端に冷たい湿布は、かえって治癒を悪くするかも。

避けましょう!

※内出血は数日で自然に消えていきますから、心配ないですよ。

*お風呂は軽く流す程度か、シャワーにしましょうね。

*手術後2~3日は、激しい運動は避けて下さい。

※個人によって、注意点は違いますよね。

キチンと説明してくれる病院で治療しましょう。

そして当然ですが、注意事項は必ず守りましょう!

前歯が欠ける原因は?

68e0979c436c8c8118bf9528a39c951a_s

 

そもそも、歯が欠けなければ、

インプラント治療は必要ありません。

事前にできるだけ、歯が欠ける要因を減らす事が大切です。

 

虫歯で歯が欠ける!

徐々に歯が菌におかされて、

欠けていく場合がほとんどでしょう。

そうなると、歯の内側の神経が外側にさらされて、

虫歯特有の痛みが出てきます。

「虫歯で歯が欠けてきたかな?」

と思ったら、早く歯医者さんに行きましょう。

虫歯が原因で突然歯が欠けるということも!

 

歯は表面の材質が非常に固いので、

小さな穴の内側から菌が浸食してしまうからです。

こうなると内側が空洞のようになり、

食事などの軽い刺激でも、欠けてしまうことがありえます。

まず、虫歯に気付いたら早めに歯医者さんに行きましょう!

「食いしばり」や「歯ぎしり」も原因に!

食いしばりや固いものを噛む癖などがあると、

外からの刺激が続く事により、

歯が欠けてしまうことがあります。

歯ぎしりも歯が欠ける原因になります。

特に、睡眠中に癖が出ることが多いです。

その歯ぎしりは、ストレスがたまっているのかも?

鏡で歯を見て、噛み合わせの部分が削れているようなら、

歯ぎしりをしている可能性“大”です。

大人は、事故が原因のケースも!

大人の場合は、事故やけがなどが原因で

歯が欠けることが多いです。

<注意点!

病院に行くとき、

欠けた歯をティッシュに包んではダメです!

なんと!

欠けた歯は“口の中に含んで”持って行くのが一番良いんです。

歯を乾燥させずに、欠けるまでと同じ状態に保つ事ができるので

最も劣化が少ないからなんですね。

口に含むのは抵抗がある場合には、

牛乳につけて持って行くのが良いですよ。

そばに牛乳もなく、口に含むのも嫌という場合には

せめてティッシュを濡らしてから包みましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です