意外とみんな気づいてない!肌の乾燥対策には入浴方法も大切!

スポンサードリンク

冬の乾燥肌。

ついつい顔に“力”が入り気味。

でも体だって乾燥してます!

足のすねや腕などが、

白い粉をふいたようになったりしませんか?

白い粉の正体は、乾燥で

皮膚からバラバラとはがれ落ちてしまった角質なんです。

今回は、乾燥肌で苦しむあなたの入浴方法について

お話ししましょう。

スポンサードリンク

肌を乾燥させずに保湿維持を意識する!

冬には、顔と同様に

ボディの保湿ケアも心がけましょう。

入浴方法も大きなポイントです。

お湯は、“皮脂”や“セラミド”などの

角質細胞間脂質を流してしまうので!

熱いお湯に長くつかっていると、

皮膚の乾燥が進んでしまいます。

お風呂の温度は、冬も40℃までがおススメです。

ぬるいから、と長くお風呂につかっていると

皮膚がふやけて、角質層がとれてしまいます。

そこに、石けんで体をゴシゴシ洗ってしまうと、

皮膚がボロボロに!

お風呂には、

体を温め、リラックスをするなどの目的があります。

でも、お肌の潤いを守りたいなら、

長湯は避けましょう。

ユックリと入りたい日は、石けんで体を洗わずに、

お風呂につかるだけにしましょうね。

洗う時も、ボディシャンプーや石鹸などをよく泡立てて、

泡のクリームで、汚れを吸収させるように洗ってください。

入浴後は、“ボディクリーム”や“ローション”をしっかりと塗って

十分に保湿しましょう。

塗るタイミングは、入浴後の場合は20分以内に塗ること!

体の水分が蒸発してしまう前に、

肌の中に水分を閉じ込めましょう。

手のひらにとって、よく温めてから

優しく伸ばしてください。

肌乾燥対策には入浴剤が効果的!

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

「冷えと乾燥の冬」にピッタリの入浴剤を

タイプ別にまとめてみました。

特に、空気が乾いて冷たい北風にさらされて

お肌の乾燥が気になる季節には

「スキンケアタイプ」がおススメです!

入浴中に、お肌をしっかり潤してくれるので、

まさに冬の入浴には欠かせない優れもの!

*うるおう乳液風呂 *バスロマンbihada

日本は温泉の宝庫。

自宅のお風呂で、各地の温泉気分が味わえる「温泉タイプ」

日替わりで各地の温泉に行った気分が楽しめます!

泉質の違いはもちろん、パッケージのご当地情報も

なんだか盛り上がります。

*露天の宿 *日本の名湯

冬は、乾燥と共に「冷え」の季節。

入浴するだけでも体は温まりますが、

寒さが厳しい時には、更に体をポカポカにしてくれる、

「温浴タイプ」を試してみませんか?

お湯の温度を高くするのではなく、

体にあまり負荷のかからない温度の湯船に

ゆっくりつかりましょう。

※つかり過ぎに注意でしたね!

まとめ

c5fbf5aa2303c7137c856ae3eedaa606_s

いかがでしたか?

さむ〜い冬は、家に帰ると

暖かいお風呂でゆっくりしたいもの。

でも、油断して長風呂になってしまうと、

逆にお肌にとって良くありません。。。

しっかりと対策を取って、お風呂に入りましょうね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加