もはや万能!?ココナッツオイルでクレンジングをする理由

スポンサードリンク

ココナッツオイルと聞いて、

なにが思い浮かびますか?

料理やお菓子作りをイメージしますか?

それとも真夏の海で使う、

日焼けオイルのイメージでしょうか??

実はココナッツオイルは、

ダイエットや美肌効果などのスキンケアにもバツグン

なんです!

って事で今回は、ココナッツオイルのクレンジングについて

ご紹介しましょう♪

スポンサードリンク

ココナッツオイルの使い方とは?美容効果を種類で見分けよう

ココナッツオイルは別名ヤシ油とも言われています。

こちらの方が、聞きなじみのある人が

多いかもしれませんね。

ココナッツオイルには、ラウリン酸が多く含まれ、

石鹸や合成洗剤などによく使われています。

また、ココナッツオイルには、

精製されたものと、精製されてないものの2種類があります。

精製されたものは、その工程で

ココナッツオイルがもつ抗菌作用が壊されてしまいます。

つまり、美肌効果があるおススメなのはもう一つの方、

精製されていない純粋なココナッツオイルです。

ヴァージンココナッツオイルとして、

最近は日本でも流行り出していますよね〜。

口コミなどで、聞いたことないでしょうか?

こちらは意外にも、ベタ付きがない、

軽いサラサラっとしているのが特徴。

細かい分子のおかげで肌への浸透力が強い

という事が有名です。

ココナッツオイル効果で美肌への第一歩を踏み出そう

53b93c1a3e068a492ee920cef9d7dda4_s

ココナッツオイルの中に含まれている、

美肌効果に高い成分で、必要なものって何でしょう?

抗菌作用のあるラウリン酸と、

若返り効果のあるビタミンEです。

ラウリン酸とは、肌を強くして、

肌荒れ・肌トラブルになりにくい肌作りを助けてくれるほか、

抗菌作用のおかげで、ニキビ予防にも役立ちます。

大人になってから出来る吹き出物、

いわゆる大人ニキビも、ラウリン酸は必須です。

そしてビタミンEといえば、若返り効果があることで、

最近では、アンチエイジングとして流行りの言葉ですよね。

歳とともに女性が気になる肌のくすみやシミ、

そしてタルミなど、

血行の促進効果と同時に解消してくれるんです。

クレンジングとして使える

細かい分子で、肌への浸透力が抜群なココナッツオイル。

その性質を活かして、

メイク落としのクレンジングには最適なんです。

軽くマッサージするように肌になじませて、汚れを落とし、

その後、ぬるま湯で洗い流します。

言うまでもなく、

他のクレンジング方法と使用方法は変わりありません。

もちろん、こすり過ぎには気をつけましょう。

タオルドライをした後の自分の肌を感じてみてください。

もちもちの肌触りに満足すること間違いないでしょう。

保湿オイルにも使える

ココナッツオイルですが、

使い道はクレンジングだけではありません。

自分が普段から使っている化粧水や、

美容液に混ぜて使うことだって出来るんです♪

しっとりした柔らかい肌を期待できます。

ココナッツ独特の匂いもきつくないのが特徴なので、

お風呂上りや寝る前にもおすすめです。

まとめ

1288b2f74a4c020470c9c11f263300ee_s

いかがでしょうか。

ココナッツオイルを買う際は、食用のものではなく、

精製されていない方の、

ヴァージンココナッツオイルを選びましょう。

ぜひ参考にしてくださいね〜♪

いつもと違った若返りのための自分への一歩を

踏み出してくださいね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加