えっそんな原因も⁉︎知っておくべき冬の乾燥肌対策!

スポンサードリンク

冬は、あの嫌~な“静電気”の季節。

「バチッ!」とくるあの感覚、

ちょっとしたストレスにもなりますよね。

でもバチッとなりやすいい人と、

そうでない人がいるような気がしませんか?

実は帯電しやすい体には、特徴があるんです。

静電気を溜めやすい人の体には、

「乾燥」という共通点があります。

しかもお肌だけではなく、

「体内の乾燥」が重要なポイント!

肌の乾燥は、自覚しやすいですが、

体の内側が乾燥しているなんて、気づきにくいですよね。

血や体の中の水分バランスが悪くなり、

ある意味、体内が乾燥している状態は、

気付かずに進行しているケースが多いんです。

血液検査なんかで、「ドロドロ血」

などと言われたことがある人は、

水分補給を定期的に行いましょう!

冷えからくる“むくみ”などを防ぎ、

体の中をスムーズに水分が流れるように

心がける必要があるんです。

ところで、「静電気は肌に悪い」と

よく言われますが、どう悪いんでしょう?

スポンサードリンク

静電気が肌に与える影響

髪の毛が静電気の影響で、顔や手にくっついてくる、

という体験をしたことって、ありますよね?

なんと実は!

お肌の静電気は、空気中や床、服などについた、

小さな塵やダニ、ダニの死がいなどのアレルギー源を

吸着させてしまうことがあるんです。

お肌が乾燥して、バリア機能が低下している状態でだと、

炎症や肌荒れなどの原因になりかねません。

静電気が起きにくい、体内外が乾燥しにくい状況を作らねば!

冬は、肌が乾燥してカユカユになります。

靴下のゴムのところの痒さは・・・想像したくない!

お肌の乾燥対策、あなどれません。

段階別!冬の乾燥がかゆみの原因

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

乾燥肌は肌荒れだけではなく、

老化を早めシワが出来やすくなったり、

痒みが強くなったり。

搔いたあととかできちゃって、ホンとに困りますよね~^^;

人間の肌には、バリア機能があります。

肌の表面にある角質細胞と呼ばれる“レンガ”と、

セラミドなどの細胞間脂質と呼ばれる“セメント”によって

形成されています。

これらの細胞間脂質は、

水と結合して肌の水分を保つ、重要な保湿成分。

保湿成分が、正常に働かなくなったり、減少すると、

水分を保てなくなり、肌は乾燥してしまいます。

肌の水分が30%以下になった状態が、『乾燥肌』!

危険水域への突入ですね。

乾燥肌は、「肌トラブルの原因」になります。

なので、出来るだけ早い段階でのケアを心がけましょう!

❖第一段階

軽いかゆみ、肌のツッパリ、カサカサ、

粉をふいたような状態になります。

❖第二段階

ひじやひざ、くるぶしなどの関節がが黒く変色し、

ヒビ割れが起こります。

❖第三段階

ヒビ割れた部分から雑菌が侵入し、湿疹がでます。

※あまり酷くならない内に、専門医を受診しましょう!

厄介なのが“温まると痒くなる!”という状態。

冬は寒い、寒いから温まりたい!

なのに温まるとその後が痒い!!

熱いお湯に、長時間入ってしまうと、

肌に必要な皮脂や天然の保湿因子まで、

流出させてしまうんです。

お布団に入って、身体が温まり始めた頃に痒くなってくるのも

ツラいですよね~。。。

肌荒れを治すには?早く治す方法


◇口元のカサカサ女子は・・・

口元、特に唇は「皮脂腺」が少ないので

乾燥しやすく荒れやすいんです。

口元の乾燥と荒れの即効ケア

寝る前に、ワセリンを唇に塗ります。

口の大きさに合わせて、ラップを切り口元に貼ります。

マスクをかけると、ラップが落ちません!

普段からリップを塗ってマスクをすると、

口元の乾燥、荒れ対策に!

口元のケアとして、

  • 落ちにくい口紅
  • リップグロス

を避けることが、口元の乾燥と荒れを防ぐことになります。

落ちにくい口紅とグロスのメイクを落とす時に

ポイントメイク用のクレンジングを使用するのは

避けたほうがよいでしょう。

ポイント用のメイククレンジング剤は、

洗浄力が強いものが多いので

唇の乾燥と荒れを助長してしまうかもしれません。

オフィスではできませんが、

家で一番簡単にできるのが、

寝室に濡れタオルを部屋にぶら下げて寝る!

本当に簡単です。

あと、寒い日の夜って、

電気毛布を使いたいですよね。

でも熱で体が温まると、

どうしても水分が蒸発してしまいます。

寝る前に電気を入れて温めておいて、

自分が布団に入ったらスイッチを切るようにした方が

肌のためには良いですよ。

それでも肌荒れが治らない…原因は洗顔かも?

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

◇毎日の洗顔から見直してみましょう!

ついシャワーを浴びた温度のままで、

顔を洗っちゃいますよね。

でも、35℃以上の熱いお湯での洗顔は、

乾燥肌にとっては絶対にNG。

肌に必要な皮脂や水分まで洗い流してしまうので、

綺麗になるはずが、お肌がパリパリになってしまいます。

30℃くらいの優しい温度で、

大切な“肌”を洗ってあげましょう。

また、石鹸や洗顔フォームは、熱いお湯で泡立てると、

泡がヘタッテしまって充分に泡立ちません。

ゴシゴシと洗いたい気持ちを抑えて、

フンワリとタップリと泡立てて、泡で顔を洗いましょう!

泡立てるのが苦手な人は、

泡立て用のネットを使うと、綺麗に泡立ちます。

ぬるま湯で、タップリの泡で洗う!

毎日の積み重ねが、乾燥肌を改善させ、

美肌につながります♪

スキンケア用の乳液を、

クレンジング代わりに使ってみるのも効果あり!

タップリの乳液とメイクをなじませて

洗い流しましょう。

美肌は一日にしてならず!

毎日、無理なく続けられるケアを心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加