ちゃんと知ってる?除夜の鐘の回数の本当の意味

スポンサードリンク

日本人で、

「除夜の鐘を聞いたことが無い人!」

って方は、まずおられないのではないでしょうか?

厳かな音色とは、まさにこの事ですね~。

除夜の鐘が、初めて公共の電波を使って流れたのは、

1927年(昭和2年)上野・寛永寺の鐘の音。

JOAK(NHK放送センターの前身)のラジオ放送で、

もう90年も前のことです。

日本の多くの仏教寺院では、

除夜の鐘が鳴る回数が、108回撞かれる事は

ご存じと思います。

でも、107回までを31日に撞き、

残り1回は、元旦に撞くって事は、

知らなかったんじゃないでしょうか。

でも、どうして108回なんでしょう?

スポンサードリンク

除夜の鐘の意味は煩悩

諸説あるようですが、仏教では、

人間の煩悩(ぼんのう)は108個あると

古くから考えられてきました。

煩悩とは、人間の心を惑わし、

悩み苦しませる心の働きのことを言います。

大晦日に鐘を撞くことで、

この人間のどうしようもない煩悩を払い

清めるのだそうです。

本来なら、仏教の厳しい修行を積む事で、

煩悩を取り払い、解脱させて頂くのですが、

修行僧のような厳しい行を積んでいない、私たち一般庶民でも、

除夜(大晦日のこと)に鐘をつけば、

心の乱れや汚れを祓うことができる、

という信仰が、現在まで伝わっているんです。

ちなみに、仏教寺院の中には、

希望者が多く、108回以上撞く寺院もあります。

除夜の鐘の108回には様々な由来がある

プリント

作法としては、

鐘を撞く前に鐘に向かって合掌し、

お祓いいただく感謝を込めて撞きます。

人生の四苦八苦(4,9,8,9)を取り払うため、

4×9+8×9=108回鐘を撞くという説。

ほかに、

人間の欲望は6つの感覚器官(眼、耳、鼻、舌、身、意)

からもたらされ、

3つの状態(好、悪、平)、

さらに2つの状態(浄、染)から

感じ取るのだという説もあります。

  • 好=気持ちが好い。
  • 悪=気持ちが悪い。
  • 平=どうでもよい
  • 淨=きれい。
  • 染=きたない。

6×3×2=36回

そして、前世・今世・来世の3回で、

36×3=108回鐘を撞くという説。

(宗派で少し表現の違いが有ります。)

それから、1年間の季節を表している、

という説などもあります。

寺院の鐘のことを、梵鐘(ぼんしょう)といいます。

中国で生まれ、仏教の伝来に伴い

朝鮮半島や日本にも伝わってきました。

古来より、寺院にはなくてはならない物です。

日本の梵鐘の事を和鐘といい、

福井県の常宮神社の鐘が、年代の明らかなものとしては最古で、

833年といわれています。

他に、国宝や重要文化財に指定されている梵鐘は、

日本三名鐘として、

  • 園城寺(三井寺)鐘
  • 神護寺鐘
  • 平等院鐘

なども残っています。

ただ悲しいことに、

第二次世界大戦時の金属回収令を受けて、

供出されたまま、行方不明となっている梵鐘も多いんです。。。

この金属回収令で、9割の鐘が失われたと言われています。

近隣のお寺の鐘の歴史や由来などを調べてみると、

面白いかもしれませんね。

まとめ

111280

心に響く鐘の音・・・

今年一年の無事に感謝し、108の煩悩をお祓いいただき、

来る翌年が、さらに佳き年となりますように。

同時に、平和への感謝も忘れずに捧げたいと思います。

最後までお読み頂きましたことに感謝申し上げ、合掌。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加