クリスマスプレゼントにも良いかも!子供の発育に良い絵本3選

スポンサードリンク

子供が好きな「絵本」を知っていますか?

クリスマスまでに、

一緒に児童図書館に行ってみるのも良いですね!

クリスマスに「絵本」をプレゼント!

子供は、どんなお話を喜んでくれるでしょう?

親の言う事を聞かなかった子供が、

絵本の中の登場人物のいう事なら素直に聞く・・・

なんていうこともあるみたいです。

スポンサードリンク

子供の想像力を活発にする!絵本のおすすめ名作3選

いいこってどんなこ?

作:ジーン・モデシット 訳:もきかずこ

うさぎのぼうやが、おかあさんにたずねます。
「いいこって どんなこ?」

絶対泣かないのがいいこ?

何もこわがらない強い子がいいこ?

おかあさんはひとつひとつの問いに優しく答えます。

あなたがあなたらしくしていてくれるのがいちばん。

だっておかあさんは

いまのあなたが大好きなのだから。

これは、子供のための絵本でもあり

おかあさんのための絵本かもしれませんね。

読みながら泣きそうです。

どうぞのいす

作:香山 美子

これは、ずっと前から読まれている絵本です。

うさぎさんが小さないすをつくります。

「どうぞのいす」という“たてふだ”といっしょに

大きな木の下に置きました。

はじめにやってきた“ろばさん”が、

持っていたどんぐりをいすに置いて

木の下で一休み。

気持ちよくて眠ってしまいます。

さあ!それからつぎつぎに動物たちがやってきます。

いすの上に置いてあるどんぐりをと食べてしまい、

かわりにはちみつをいただいて、

かわりに…ろばさんが目を覚ましたとき、

いすの上にあったのは?

思いやりが心を和ませます。

読んでいるお母さんも嬉しくなる名作ですよ。

add26e4be4af78e8ea242633878f2498_s

14ひきのあさごはん

作:いわむら かずお

これもすごく有名な絵本ですよね!

森の朝、早起き一番はおじいさん。

お母さん、おばあさんが起き、

子供たちも目を覚まします。

お父さんも起きてきて、さあ、一日の始まり!

子供たちは野いちご摘みに出かけ、

かご一杯に摘んで帰ると、

みんなで一緒に朝ごはんの準備が始まります。

一日の始まりは、生活の中でとても大切なもの。

当たり前のことを、当たり前に行う14匹の生活ぶりは、

現代社会には新鮮に感じられます。

一人一人の表情には充実感が満ちあふれ、

いつの間にか読み手も温かな気持ちになっています。

読み手の“お母さん”が、

子供と一緒にワクワクしたり感動したり!

そんな素敵な「絵本」を選んでください。

素敵なクリスマスの夜になりそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です