すぐ調べるべき!歯の詰め物が一番の原因?金属アレルギー症状とは!

スポンサードリンク

金属アレルギー・・・

一度なってしまうと、一生治らないと言われていますよね。

「だからピアスを開けないようにしてる」

「ネックレスやイヤリング、時計にも気を使ってるし。」

なんて人も多いはず!

でも実は、意外なところに落とし穴があるって

知ってましたか?

それは、歯の詰め物なんです。

奥歯の虫歯治療跡に、金属の詰め物をしている人も

多いと思います。

実はこれが、場合によっては

金属アレルギーを引き起こしているかもしれません。

って事で、その「場合によって」をお話ししましょう。

スポンサードリンク

金属アレルギーはどうして起こる?歯の詰め物の危険性!

歯医者さんで治療に使われる金属は、

いろんな金属で作られた合金になります。

口の中に使われている金属が、

ほんとに微量でも溶けた場合には!

口の中だけでおさまらず、手や顔など、

全身にアレルギー症状が出る可能性があります。

腕時計や指輪などをしていて、

金属アレルギーの症状が出た場合、

すぐに皮膚科に行きましょう。

もし、皮膚科で処方されたステロイド剤を付けても

症状が治らない。

そんな時には、口の中に使われている詰め物が

原因の可能性が高いです。

歯の中に金属を使っても、すぐ症状が出る事は、

ほとんどありません。

しばらく時間が経ってくると、

金属が劣化してきます。

すると、その金属が少しずつ溶け始めて、

体の中に入り込んできて、

金属アレルギーが起こってしまいます。

症状は身体全身に表れますが、

歯の治療から時間が経過している為に、

なかなか、歯の詰め物が原因と、特定されにくい

他の病気の疑いを持ってしまい、

結果、発見が遅くなる事も少なくありません。

どんな材質が危険なの?歯の詰め物から起こる金属アレルギーの症状

all

歯のかぶせ物の金属アレルギーの症状は、

季節に関係なく、一年中を通して症状に悩まされる事もあります。

口の中の唾液が洋服に付いて、

皮膚炎になる接触性皮膚炎や、

発疹、湿疹の症状だったり。

手の平や足の裏等に水疱状の吹き出物ができて、

表面の皮がむける事もあります。

金属アレルギーとして、作用が特に強い成分

  • ニッケルイオン
  • コバルトイオン
  • クロムイオン
  • パラジウムイオン
  • 金イオン
  • 水銀イオン

金属アレルギー体質を見分けるには、

病院でパッチテストをしてもらいましょう。

検査は、成分を含ませたばんそこうを

直接皮膚に貼りつけます。

数日経って剥がしてみると、赤くなっていたり腫れていたり、

何らかの炎症があった場合、アレルギー体質となります。

アレルギーが分ったら、金属は使用しないで、

プラスチックやレジン充填、

またはセラミックでの治療をしてもらうように、

歯医者さんに伝えるようにしましょう。

材料には それぞれの性質の適応性について、

歯医者の専門医と相談の上、

今後の治療の進め方を決める事をお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加