日本車のディーゼルエンジン大丈夫!?排ガス規制偽装の仕組みとは!

スポンサードリンク

ドイツの大手車メーカーであるフォルクスワーゲン社が、

大きく揺らいでいます。

その理由は、アメリカでのディーゼル車の排ガス規制を

不正に逃れていて、それがバレたから。

現在、欧州でも同じ不正を行っていた事を、

ドイツの運輸省が発表しました。

アメリカでは、他の自動車メーカーも調査するとして、

世界規模での大きな問題に発展してきています。

でもどうして、不正操作なんか出来るんでしょうか?

素人目で普通に考えてみると、

検査する車(エンジン?)だけを良くしていたようにしか、

考えつきません。。。

今回は、車の排ガス規制やディーゼルエンジンについて、

出来るだけ簡潔に、お話ししたいと思います。

スポンサードリンク

フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン偽装の仕組みとは?

どうやって不正操作して、

アメリカが定めている排ガス規制をクリアしたのか?

その方法は、簡単に言うとカンニング、

というか身代わり受験です。

排ガス試験の運転パターンはプログラム化されています。

フォルクスワーゲンでは、そのプログラムパターンを感知すると、

試験対策用のプログラムが動き出して、

排ガスを制御する、という仕組みです。

普段は使わないプログラムが動き出して、

試験対策をしていた、

という事なんですね。

問題は、

「各国が定めている試験基準に、不正をした」

ということ。

実は他の自動車メーカーも、

この試験基準、運転条件のみに対して、

排ガス規制をクリアするように、

エンジンを作っているんです。

だから、その基準外では、

排ガス規制なんてまったくクリアしていないんです。

例えて言うなら、

「時速60kmで1時間走ったときに、
排ガスが◯の量以内におさまったら合格」

「だけど、時速100kmで1時間走った時には、
ものすごく排ガスは出るけど、基準はないから関係なし」

って事。

実はこれ、何十年も前から行われている、

自動車業界の悪しき習慣。

試験モード以外での状態でまで、

排ガス対策をしている自動車メーカーは、

世界中に1社たりともいないんです。

なぜ?

理由は、コスト。

そこまで対策をしてしまうと、

車の販売価格が跳ね上がりすぎてしまって、

まったく売れなくなってしまうから。

これが良いのか?悪いのか?という判断は、

凄く難しいところなんんですが、

フォルクスワーゲン社は、

この「定められた試験を合格するため」に、

手を加えていた事が、大きな問題なんです。

排ガス規制!日本車のクリーンディーゼル車は大丈夫?

e258e5d3f9b1278fb3fc9719dd4fd040_s

フォルクスワーゲン以外にも、

調査のメスが入るであろうディーゼルエンジン。

やっぱり気になるのは、

「日本の自動車メーカーは大丈夫なのか?」

という事ですよね。

実は、良くも悪くも、

日本はディーゼル後進国。

ディーゼルエンジンに関して言えば、

欧米の自動車メーカーから、かなり出遅れているんです。

だから、近年の厳しい排ガス規制を基準として、

開発が行われています。

それに加えて、日本の排ガス規制は、

アメリカの基準に近く、かなり厳しいもの。

欧州の排ガス規制は緩いのですが、

厳しい排ガス規制を基準に作られています。

ハッキリと言い切る事はできませんが、

結果としては、

日本の自動車メーカーは、大きな問題は起きないんじゃないか?

と思います。

それに日本では、国土交通相や、東京都などが、

市場に出回っている自動車の抜き打ち検査も行われています。

だから、不正自体が難しい環境。

数年前に、いすゞ社が不正を行っていて摘発された事があるので、

他の各社も、不正を行うリスクが高い事を身にしみているはずです。

クリーンディーゼルは何がクリーン?燃費が良いの?その仕組み!

7bfa810592955fa496afcf5b46c9926e_s

ディーゼルエンジンって、日本でのイメージとしては、

クリーンではないですよね?

「排気ガスがたくさん出る」

ってイメージが強い人も多いはず。

実際、この印象は間違っていません。

ただ、ガソリン車とは何が違うのか?というと、

「窒素酸化物」「硫黄酸化物」が、

ガソリン車よりも遥かにたくさん出るという事。

この二つの物質は、人体には非常に有害。

だから日本では、印象が良くないんですね。

でも良いところもあるんです。

それは、ガソリン車と比べて、

CO2の排出が少ない、という事。

「じゃあ、排気ガス自体をガソリン車と同じくらいにすれば、

CO2が減るよね!」

って事で開発されたのが、

今話題になっている、クリーンディーゼル車。

ディーゼルエンジンで欧米から大きく離されていた

日本のディーゼル技術ですが、

今回の問題から、大きく注目されて欲しいものです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です