衝撃事実!日本マクドナルドのポテトはトランス脂肪酸だらけ!?

スポンサードリンク

トランス脂肪酸って、ご存知ですか?

この1年ほどで、急に話題になりましたよね。

トランス脂肪酸は、

一般的に食用油に配合されています。

そして実は、摂取した場合には、

極度な肥満症、心臓病などを併発する恐れがある事を、

アメリカ食品医薬品局が発表されました。

結果アメリカでは、この先2018年6月をもって、

トランス脂肪酸を、全面使用禁止する事が

発表されたんです。

このトランス脂肪酸なるものが、

マクドナルドのポテトにも

使われているんじゃないか・・・?

と、今マクドナルドに来て、

この記事を書きながら不安になりました(笑)

マクドナルドのポテト好きには、

とても心配な話。。。

いったいトランス脂肪酸を取り続けると、

どうなるんでしょう…?

スポンサードリンク

日本マクドナルドでは対応しない?

アメリカのマクドナルドでは、もう既に、

トランス脂肪酸が含まれた油を使用していないとの事。

ファストフード大国としては、素晴らしい対応の早さです!

では、日本マクドナルドの見解はというと…、

アメリカでは既に全面禁止が発表されている、

にも関わらず依然として、

「植物や牛脂を混ぜ合わせて使用しているので、全く問題ない

と言っているんです!

また、充分に食品管理をしている上での使用なので、

「全く問題なく安心して提供しています」

との事…。

どこがやねん!

と思いますよね。。。^^;

トランス脂肪酸は、

マクドナルドだけの問題ではありません。

日本では市販のパンやクッキー、スナック菓子など、

油の形を留めていない物にも、

かなり多くの食品に含まれているんです。

このこともちゃんと知っておくべきでしょう!

トランス脂肪酸の危険性や摂取量は?

213776

トランス脂肪酸と言われる製品の物には、

天然素材の中に入っているものや、

油脂自体を加工、精製する時に出来る物があります。

天然で出来る物には…、

牛とか、羊の動物の場合は、

胃の中に持っている微生物等の活動で、

トランス脂肪酸が作られる、と言われています。

なので、牛肉や羊肉を始め、牛乳、乳製品には

天然のトランス脂肪酸はどうしても含まれています

少量ではありますが、、、

油脂の加工や精製時にも…、

使用を禁止する油には、

  • 化学的に作られている油で、マーガリン
  • 子供や女性が好む、ショートニング

に、トランス脂肪酸があります。

トランス脂肪酸を摂取する事のデメリットは…、

悪玉コレステロールが増え、

体調が悪くなる原因となります。

最近で医学的に証明されたのが、

子宮内膜症、不妊症が婦人科系で起こる原因

などが上げられて、注目されているんです。

トランス脂肪酸の摂取量は…、

総エネルギー摂取量からすると、

1%未満に抑えるよう言われています。

ですが、現在の日本人で一日に消費するエネルギーは

平均およそ1,900 kcalとした場合。

一人が一日あたり、

およそ2グラム以内にする事が目標量となります。

けっこう簡単に超えてしまいますね。。。

主に考えられる人的影響は…、

トランス脂肪酸と言うのは、

植物油を取り扱う時に、人の手が加えられる時に出来る、

副産物と言われています。

これを使用し続けていると、

悪玉コレステロールの増加、動脈硬化、

心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊症、

また、アレルギー症、アトピー症、等々

人的悪影響が起こるとの報告があります。

現時点では、日本国内でのトランス脂肪酸について、

食品表示の義務、含有量等の基準は決まりはありません。

まとめ

008543

ちなみにわたしは、

マクドナルドが嫌いなわけではありません。

というか、愛着を持っています。

人生で初めてアルバイトをしたのが、

マクドナルドでした。

そしてその後、専門学校を卒業するまでの7年間。

常にマクドナルドでアルバイトをしてました。

なので、かなり愛着があるんですね。

だからこそ!

しっかりと対応をして欲しいと思って、

この記事を書きました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です