庶民は買えなくなるかも!?日本だけがバター不足の原因とは?

スポンサードリンク

今、日本国内でバター不足と言われていて、

海外からたくさん輸入している事って、

ご存知ですか?

でもなかなか思うように輸入できておらず、

市場のバター不足が解消されていません。

なぜか、牛乳やチーズが足りないとは言われていないし。

報道もされていないし。

もちろん、店頭でも楽に手にはいります。

同じ乳製品なのに、

どうしてバターだけが不足しているんでしょう?

スポンサードリンク

バターと、他の乳製品の違い

チーズは、海外からの輸入品を、

たくさん目にしますよね。

でもバターって、輸入品を見かけた事って

あんまり無いと思いませんか?

実は、バターの輸入は、

米とか、小麦等と同じように、

日本政府で管理されている国家貿易の対象商品

なんです。

日本で使われるバターや脱脂粉乳は、

国内での不足していると思われる分だけを、政府が輸入。

その後、日本の乳業メーカーに売買されているんです。

理由は、日本の酪農家を守るため

出来るだけ国内産を使用して、

不足している部分だけを政府で輸入しているんです。

国内自給率が下がっているので、

良い事ではあるのですが・・・。

慢性的なバター不足の理由は?

135914

数年前から、

バターの価格が安定していない

と言われています。

その理由は、、、

➀農林水産省が2007年度から、

国産のバターを減産する事を指示した事が始まりでした。

②酪農家の減少で、次世代の酪農の後継者が少なくなった事…。

その理由の一つには、国が今後も海外からの輸入を

増やしていくのではないか?

という不安が、大きな原因の一つと言われています。

これら二つの原因の為に、

国内産のバターは大幅に少なくなりました。

そして翌年の2008年度からは、

大幅なバター不足になったんです。

それにも関わらず、

バター使用量は全く減る事はありません。

ですが政府は、

国内のバター需要は少なくなると言い続け、

見直す事をしなかったんです。

今後の日本のバターはどうなっていく?

188096

実際に、ここ10年間のうちに、

国内での酪農家は35%減少しました。

生乳の生産量も、12%も少なくなっているにも関わらず、

日本政府は酪農家を守らなくてはいけないと言う事から、

海外からのバターの輸入制限をしています。

私たち消費者にとって、いちばん気になる事は、

2015年度から見た場合には、

  • バター不足を感じるのはいつ頃からになるのか?
  • 価格も、値上がりを感じる様になるのはいつ頃からなのか?

と言う事ですね。

これは、なんともはっきり言えません。

いくら政府が酪農家を守とは言っても、

すでに後継者は激減してしまっています。

増やそうにも、政府の態度や方針がはっきりしないので、

なかなか増えません。

まとめ

003237

その他にも、乳牛には欠かせない、飼料の価格が、

2013年度から比べると、2014年では、

円安の為に3倍にも及ぶコストUPになりました。

特に海外では、今後TPPの進展がどのようになるのかと、

心配する酪農家も少なくないと言われています。

いろんな原因が重なって、

日本国内の酪農家が少なくなるのは必須。

で、それに伴いバターの生産量が減少する事も、

免れない事なんです。

もし、海外から輸出量を削減され、

買い付け交渉等が上手く行かなかった場合には、

世界的な面からも、価格競争に苦しめられる事は

明らかだと思われます。

今後の政府の進め方が、

私たちの生活にも大きな影響を与えるんです・・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です