彼氏へネクタイプレゼント!男性目線オススメブランドランキング!

スポンサードリンク

男性へのプレゼントの定番と言えば?

ネクタイでしょうっ!!

20代、バリバリ働くカッコいい彼氏。

さらに、オシャレなネクタイをしていたら、
さらに出世できること間違い無しっ!

かも。

そんなオシャレなネクタイ、
彼氏にしてもらいたい!!

でも。。。

どんなネクタイを選べば良いのか?

色は?

柄は??

形状は???

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

男性のファッションは、
女性には理解出来ない部分も多いですからね〜。。。

もし、会社に身につけて行けないようなデザインだったり、
コーディネートが難しいようなデザインだったら。。。

せっかくプレゼントしたのに、
身に着けてもらえなかたら哀しいですよね。。。

女性なら、有名高級ブランドなら間違い無いけど、
男性の場合は、逆に敬遠しそうだし。。。

それに、そんなにお金も出せないし。。。

そんなあなたに!

色々な男性からの意見を集約した、
男性目線で失敗しないネクタイ選び

  • コーディネートしやすいブランド
  • 高品質間違い無し!

この2点を中心に、ご紹介しちゃいます!

5位 タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

1984年に、菊池武夫が立ち上げたブランド。

働く男性の定番ブランドで人気のタケオキクチ。

国内でもトップクラスの知名度と品質で、
女性でも、知らない人は少ないでしょう。

ビジネスシーンでも使いやすい、落ち着いたデザインから、
ちょっぴり小洒落た色使いのデザインまで、
幅広い展開をしています。

ブランドのターゲットの年齢層は、
20代〜40代と幅広い。

ですので、どのような年齢の男性でも身に着けられる
女性ウケは悪くない、テッパンブランド。

海外の高級ブランドと比較すると、
価格帯も少し安いので、
1万円も出せば、かなり良いものを選ぶことが出来るでしょう。

特に、ドレスラインはオススメですよ。

さすが日本ブランド!
と思わせる、高品質なネクタイが取り揃えられています。

4位 ポールスミス(Paul Smith)

ポールスミスと言えば、イギリスのトラッド系ブランドの雄。

日本で展開の歴史は長いので、
知らない人はいないでしょう。

ただ、意外にもブランドの歴史は、
1970年にスタートと、けっこう若手。

当初は、「マーガレット・ハウエル」や「ケンゾー」などを
取り扱う小さなお店から始まりました。

その後、少しずつ自分でデザインした商品が海外で売れだし、
現在のように世界的なブランドまで成長。

20代中盤から30代前半の男性には、
今でも非常に人気のブランドですね。

ブランドの特徴は、なんといっても、
見えない部分のこだわりの配色

バッグだと、中の生地を派手な色のストライプにしたり、
ネクタイの場合、裏地にブランドイメージの
色鮮やかなストライプ柄を配したり。

男心をくすぐってくれる遊び心が満載ですねっ。

品質やデザイン性が高いブランドなのに、
こなれた値段だと言うところもポイント高しっ!!

ちなみにポールスミスさん。

イギリス人のデザイナーとしては3人目の「Sir(サー)」の称号、
いわゆるナイトの爵位を授与されています。

以前、このブランドの仕事に関わっていたときに、
ポールスミスさんにお会いしたことがあるんですが。

オシャレでカッコいい、品があるけど優しい。

そんな、粋な男性でしたよ。

3位 マリネッラ(Marinella)

1914年に始まった、イタリアのちょい老舗のブランド。

日本ではあまり有名ではないところが、
男性的こだわりにはポイント高しっ!!

このブランド、何がオススメなのかというと、
ネクタイ専業のブランドだということ。

品質は間違い無いですし、
世界の著名人、国王や大統領など、
名だたる人たちも身につけています。

このブランドのネクタイをしていて、
恥ずかしい思いをすることは、
まずないでしょう。

ただ唯一の欠点は、他の高級ブランドのように、
どこでも買うことが出来るわけではないということ。

本場イタリアでも、
ナポリ本店かミラノ支店でしか買うことが出来ないので、
手に入れることがけっこう難しい

それ以外の国では、ルガノという国、ロンドン、
日本だと東京ミッドタウンのみ。

一部、ネットでも直輸入して販売しているお店もありますが、
それでもなかなか、手に入れることが出来ないんですよね。。。

2位 ダンヒル(dunhill)

イギリスの老舗、有名メンズブランドですね。

元々は喫煙具から始まったブランドですが、
現在はラグジュアリーから服飾までの
トータルコーディネートブランドとして
展開されています。

ダンヒルの特徴は、イギリス王室御用達というところ。

品質はお墨付きです。

スーツの本場であるイギリスでは、
ダンヒルは格式が高いブランドの一つ。

ステータスの一つといっても過言ではありません。

日本では、オジサンが着けているブランド
というイメージがありますが、

実は、サッカー日本代表のオフィシャルスーツに、
ダンヒルが採用されたってこと、
ご存知でした?

採用された時期は、
2014年のFIFAワールドカップブラジル大会。

今の日本のプロサッカー選手は、
オシャレな人が多いですよね。

長谷部や本田など、世界で活躍している選手達が
かっこ良く爽やかに着こなしたブランド。

派手すぎず、でも品格、格式が高いブランド。

幅広い年代で使えます。

こういう定番ブランドは、
いつまで経っても廃れません

流行に左右されないブランド。

ネクタイなどの小物類は、
少しずつ揃えていれば、
ある程度の年齢になった時に助かりますよ。

1位 プラダ

15年ほど前でしょうか。

日本では、プラダのナイロンバッグが大流行しました。

今でいうルイ・ヴィトンの人気か、それ以上。

最近んはあまり、
プラダのバッグを使っている人は見かけません。

ただ実は、ファッション業界の人たちの間では、
プラダの洋服や小物類は、
密かに人気が高いんです。

その理由は、控えめなデザインや色合いの中に秘めている、
確かな高品質と高級感

特にネクタイの人気は相当なもの。

グッチなどと同じように、
老舗の高級ブランドの一つですので、
海外のセレブも愛用しているブランドの一つです。

色使いも素晴らしく、
シックな色合いのネクタイだけじゃなく、
少し派手な色合いのネクタイでも、
身につけてみると、不思議とシックリきます。

年配の方は当然として、
なぜか若い人でも、不思議とシックリきます。

これが、高級ブランドの、高級ブランドたる所以なのでしょうか。

わたしも、父が40年ほど前(わたしが生まれる前)に
ヨーロッパ出張で買ってきたプラダのネクタイ。

家を出るときに勝手に貰ってきたものを、
18歳のときからずっと使っています。

大切に使っているので、
不思議とくたびれてきません。

どんなスーツやジャケットにもあうので、
汎用性が高いんですよね〜

ダントツオススメのブランドですよっ!!

いかがでしたか?

ネクタイは、男の大切なアイテム

重要な商談や、プレゼンのときには、
ネクタイを着けて、キッチリしっかり締めて挑みます。

何本あっても困りません。

そんなネクタイ、愛する女性からプレゼントされたものなら、
いつも以上に仕事に気合いが入ります。

それこそ毎回、プレゼントはネクタイでも良いくらい。

男性へのプレゼントで迷ったら是非!

ネクタイも選択肢の一つに入れてみて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です