子供とパパの冬休みの課題♪しめ縄の作り方やコツ♪

スポンサードリンク

お正月にかかせない正月飾り。

そのうちの1つ、かつ最重要(?)であるしめ縄。

今では、スーパーやドラッグストアで買ってくるのが

一般的になっていますよね。

でも昔は、農家の冬仕事のうちの1つとして、

各家庭で手作りされていたそようですよ〜。

現在は、伝統文化継承の地域イベントなどで、

「しめ縄作り」が行われているくらい。

わたしが小学生の時は、図工の時間なんかに、

しめ縄作りをしたりしていたんですけど・・・^^;

そんなしめ縄。

意外とそんなに難しくないので、

一度作ってみませんか?

スポンサードリンク

しめ縄の作り方、藁の手配の方法

ネット通販なんかを見てみると、

初心者でも簡単に作ることができるキット

たくさん紹介されています。

はじめは、初心者用のキットを使って、

子供と一緒に楽しむのもアリですねっ!

たぶん翌年くらいから、

少し物足りなくなってくると思います(笑)

そんなあなたには!

本格的なしめ縄の作り方や、

コツを紹介しておきましょう。

一番難しいのは、やっぱり藁の手配ですね。

地方の方だと、近くの農家さんに、

ちょっと藁を分けてもらうというのが良いでしょう。

もし、そんな農家さんが近所にいない場合には、

こんな時にも、ネット通販を利用!

便利な世の中になりました(笑)

ホームセンターなんかでも、格安で購入できますよ。

庭がある家に住んでいる方なんかは、

しめ縄用の藁を、自分で育てたりするツワモノも!

しめ縄の作り方

しめ縄にする藁は、青刈りといって、

まだ青いうちに稲を収穫したものを使うことが多いです。

◎ポイント

刈り取った稲は、しっかりと乾燥させて、

ビニール袋に入れて保存します。

穂がついていない藁は、

ホームセンターなどで手に入ります。

しめ縄作りの前日。

稲わらと稲穂のついているものを、

稲穂より下の部分を湿らせて、

ビニール袋に入れておきます。

しめ縄作り当日。

まずは木づちで叩きますが、

あまり強く叩くと切れてしまうので注意です。

藁は、穂先でない側から、

握りこぶし1つ分くらいのところを

しっかりと結びます。

30本を1束にして、3束1組とします。

まずは1束、根本をしっかり足で踏んで押さえて、

左巻きでねじ上げていきます。

2束目も左巻きでねじ上げて、

2束合わせて今度は左巻きに編み上げます。

更に3束目を、先ほどの縄に左巻きで編み上げます。

端をしっかり紐で縛って、輪にして紐で縛ります。

はみ出ている藁をカットして、形を整えたら完成です。

完成したしめ縄に、紙垂や縁起物を飾ります。

まとめ

106723

いかがでしたか?

想像していたよりも、結構シンプルじゃないですか?

コツはやっぱり事前の準備!

「藁をしっかりと乾燥させること」

でしょう。

しっかりと乾燥させていないと、

強度が足りず、割れてしまったり。

飾っている時にも、カビが生えてきてしまったり。。。

一年の始まりの日。

迎える神様にも、気持ちよく来てもらいたいですよね!

しっかりと、でも気持ちを込めて、

しめ縄作りにチャレンジしてみましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加