知ってる?東西で人気No.1の露天風呂をご紹介!

スポンサードリンク

温泉。

気持ち良いですよねー♪

日本人で良かった♪

と思える瞬間の一つです。

そんな、温泉大好きな私たち日本人ですが、

正しい温泉の入り方って、ご存知ですか??

私は、知りませんでした(笑)

スポンサードリンク

正しい温泉の入り方って知ってる?

入浴前の注意点は?

実は温泉は、入る前から準備をしなければいけません!

温泉の入浴は、私達が思うより、

普段のお風呂以上に、かなりのエネルギーを消費します。

長時間の旅で、気持ちや身体が疲れている時には、

部屋などで少し休息してから、

温泉に入るようにした方が良いでしょう。

※疲れを癒すため直ぐ入るのは間違いです!

温泉に入る時は、

十分に「かけ湯」をして、身体を温泉に慣らしてください。

食事の直後、空腹時の入浴は、

絶対に避けましょう。

ご存知だとは思いますが

当然、飲酒後の入浴も、絶対にしないように!

思わぬ事故を起こすことがあります。。。

◆入浴回数と時間等

温泉への入浴回数は、どんなに健康な人でも

1日3回くらいがちょうど良い。

そして入浴時間は、

熱めのお湯だと10分以内

ぬるめのお湯の場合には、30分くらいにしましょう。

高血圧症や心臓病を持っている人、

動脈硬化症の場合には、

42度以上のお湯に入るのは控えてください!

湯治療法。

都会だと難しいですが、

これは、温泉地に住んでいる方の特権ですねっ!

もし、温泉地での湯治療法を考えている方は、

必要期間は、おおむね2~3週間

温泉療養を開始して、

数日後に「湯あたり」が現れることがあります。

その間は、入浴回数を減らすか、

もしくは中止をして、身体の回復を待ちましょう。

◆入浴後の注意

お風呂から出た後は、

身体に付いている温泉の成分を

水で洗い流さないようにしましょう!

これ、けっこうやってしまいがちですよね。。。^^;

「でも、不潔・・・」

と感じる人は、身体についた水分を、

バスタオルで吸い取るだけにしてみてください。

「拭き取る」ではなく、

「吸い取る」ことがポイントです。

ただし、お肌が敏感だったり、弱い人の場合には、

湯ただれを起こしやすいので、

真水で身体を洗ってくださいね。

入浴後は、湯冷めに注意して、

30~60分くらいの休息をとりましょう。

東西での人気No.1の露天風呂!

4cddce95bbe2c6eff5b59b27c0b7f5b5_s

露天風呂は、

野湯のような状態であった温泉を、

浴槽を整備したものが始まりのようですね。

やっぱり、露天風呂の人気は高いんですよ〜。

景色を眺めながら入浴できることや、素晴らしい開放感!

浴室内に熱がこもらないので、のぼせにくいことなども、

温泉好きに「露天風呂」は絶対に外せません!

今では旅館だけじゃなく、日帰り入浴施設でも、

内湯に加えて露天風呂も増えてきていますよね。

ただ、源泉温度が高い掛け流し温泉では、

お湯の温度が天候状態で大きく上下するので、

細やかな温度管理が必要となります。

1980年代後半のバブル景気の頃から一気に、

露天風呂が人気となってりました。

 

 

東西の露天風呂番付!

東の横綱は『宝川温泉』

所在地は、群馬県利根郡みなかみ町藤原で水上駅からバスで!

そして、西の横綱は『湯原温泉』

岡山県真庭市にあります。

まとめ

7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s

最近では、外国人からの人気も急激に上がってきています。

露天風呂のない温浴施設は、集客に影響するほどに。。。

そんな露天風呂だけでも情緒タップリなのに、

さらに“紅葉”が見れたら、どんなに素敵でしょう!

では次は、紅葉時期の関西オススメ露天風呂4選

ご紹介で〜す♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加