寂しがってる勤労感謝の日…夫に贈るプレゼントランキング

スポンサードリンク

11 月 23 日は勤労感謝の日♪です。

小さな子供でも制作できる!勤労感謝の日のプレゼント!

では、小さい子供から大好きなパパへの

プレゼントのお話をしましたね。

今回は、一番身近な人、働くことの大先輩である、

ご両親へのプレゼントをご紹介したいと思います。

働くことの大変さは、

年をとるにつれて、どんどん分かってきます。

子供をちゃんと育てながら、

でも社会の荒波に振り落とされず、

ちゃ〜んとあなた(私も)を育て上げたご両親。

勤労感謝の日に、

感謝の気持ちを込めてプレゼントしてみましょう!

スポンサードリンク

勤労感謝の日のプレゼント

学生さんへのアンケートとして、

「働くことの先輩である両親のために、

アルバイト代を使ったことがありますか?」

というアンケート調査(求人情報のan)で、

使ったことがあると答えた人は

1,000人中736人でした。

使った金額は、

  • 1,000円以上3,000円未満 ⇨24.9%
  • 10,000円以上 ⇨24.7%
  • 3,000円以上5,000円未満 ⇨21.6%

と、見事にばらけています。

プレゼントの内容は、

食べ物(お菓子や飲み物など)と、アクセサリーや小物

同率の51.5%で、ダントツの1位!

次に食事が30.8%。

高価なプレゼントは誕生日で贈る人が多く、

勤労感謝の日のプレゼントとしては、

気軽な、でも普段は贈らないような

プレゼントが良いでしょう。

10,000円以下で人気の贈り物は、

  • 名入れ有田焼湯飲み3,780円(有田焼1位))
  • イタリア革財布8,532円(リキエル・オム1位))
  • 高級お茶漬けセット3,780円(お茶漬け・雑炊1位))
  • 牛本革日本製ペンケース3,000円(ペンケース2位))
  • ローファー7,452円(ローファー2位))
  • 九谷焼ペアコーヒーカップ5,400円(コーヒーカップ3位)

10,000円を超えてしまいますが、

名前にちなんだ詩を作る「名前ちりばめ詩」10,800円も

上位で人気です。(書1位)

他にも、名前を使った書や、

名前を入れた商品への人気が高まってきています。

意外と、プリザーブドフラワー(3,218円)も人気ですよ^^

なんのために働くのか?

db488d12822fe9aa1c4080df614e0b70_s

2014年、インターネットサービスプロバイダの@niftyが、

仕事・職業についてアンケートを行いました。

働く理由で最も多かったのが

「生活費、老後の蓄えを得るため」 ⇨78%

次いで

「家族を養うため」 ⇨49%

「自由に使えるお金がほしいため」 ⇨40%

と、なりました。

また、子どもの頃の憧れの職業に対しては、

「憧れが変わり、最終的には憧れの職業を目指さなかった」 ⇨60%、

「憧れていた職業に就いた」 ⇨13%

でした。

憧れた職業に就けなくても、

その仕事に対してやりがいや達成感がある、

人間関係が良好など、

良い条件が一つでもあれば、満足できると思います。

でも現実は、

「まあまあ満足している」 ⇨45%

がトップという結果に!

なお、

「大満足・だいたい満足」の「満足派」 ⇨50%

「どちらともいえない派」 ⇨28%

「やや不満・かなり不満」の「不満派」 ⇨22%

という結果となりました。

30代以下の世代だけで見ると、

「満足派」 ⇨31%

「不満派」 ⇨34%

ですが、60代以上になると、

「満足派」 ⇨67%

で、上の世代になるほど満足度は増して行きます。

ちなみに、@nifty内の別のアンケートで、

満足度が高い職業として

「経営・マネジメント」「教職員」「専門職」

は満足度が圧倒的に高く、

「肉体労働」は満足度が低くなっています。

30 代だと、まだまだ

「自分はここまでやってやる!」

なんていう向上心が、満足度を抑えている要因の一つなんでしょう!

逆に60代だと、

「ここまで全力で働いてきた」

という、いい意味での達成感とでも言うんでしょうか?

私の父は、定年後でもまだまだ全力で働いて、

全力で楽しんでます。会社で踏ん反り返りながら ^^;

感謝の気持ちは伝えてる?

74b0030344c41070dff5cde3f4c3832f_s

今でも変わらず一生懸命働いてくれる両親に対して、

日頃から感謝の気持ちは伝えていますか?

11/18は「家族の日」

11/22は「いい夫婦の日」

11/23が「勤労感謝の日」

と、11月は、家族に感謝する日が目白押しです(笑)

アサヒ飲料が「家族への感謝」をテーマに行った調査では、

普段から感謝の気持ちを

「十分伝えている」「まあまあ伝えられている」

が全体の過半数を超え、その多くが女性だといいます。

一方、残りの4割の

「あまり伝えれていない」「伝えられていない」

というのは、

「感謝の気持ちを伝えるのが気恥ずかしいから」

と答えた方が65.2%、男性が目立つという結果になりました。

また、Benesseが子を持つ親に、

子どもが感謝の気持ちを伝えてくるタイミングを

調査したところ。

母の日や父の日を挙げた方が過半数近くという結果。

ただ、「ひとり親」の家庭に配慮して、

父の日や母の日参観等を行わずに、

家族へ感謝する日として「勤労感謝の日」を

重視する幼稚園や保育園も、増えてきています。

私が子どもの頃は、そうした配慮は無かったと思うので、

日本の社会、どんどん変わって来てますね〜

良いことです!

勤労感謝の日のプレゼント。

気軽に贈ってみましょうね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です