ストレスが脳腫瘍の原因なのか?どんな自覚症状が危険なの?

スポンサードリンク

「脳腫瘍」という病気。

聞いたことはあるけれど、

「実際にどんな病気なのか?

と聞かれると、よく分かりません。

脳の病気というと、

ついストレスと結びつけてしまいがち。

でも、実際にストレスが原因で脳腫瘍になる!

なんて可能性はあるのでしょうか?

今回は、そんな脳腫瘍の原因、

ストレスとの関係についてお話しましょう!

スポンサードリンク

そもそも脳腫瘍って何?

まずは、脳腫瘍がどんな病気なのか?

を知りましょう。

「脳腫瘍」とは、頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。

体の他の部位にできた癌が転移してくる転移性脳腫瘍と、

脳そのものから腫瘍ができる原発性脳腫瘍に分かれます。

そして“原発性脳腫瘍”は、

さらに「良性」と「悪性」に分かれます。

良性か悪性かの診断は、手術で取り出した腫瘍を、

顕微鏡で観察して決まります。

レントゲンなどの検査では、まだ分からないんです!

悪性の場合は、

周囲に根を生やすように大きくなります。

良性の場合は、周囲の脳とはある境界をもって、

徐々にまわりを圧迫しつつ大きくなります。

原発性脳腫瘍の本当の原因は、

まだわかっていません

原発性脳腫瘍の年間発生率は、

10万人に10~15人ほどといわれています。

この比率が高いか?低いか?

難しいところですね。。。

また、大人と子供で、脳腫瘍の種類も分かれる傾向もあります。

  • 成人…大脳と呼ばれる脳の上半分に多く発生する。
  • 小児…小脳と呼ばれる脳の下半分や、
    脳の中心(脳幹)に多く発生する。

多くの場合、脳腫瘍は脳の中にひとつだけできます。

ですが、「転移性脳腫瘍」や「悪性リンパ腫」では、

2つ以上できることもあります。

どんな自覚症状で脳神経外科を受診する?

68e0979c436c8c8118bf9528a39c951a_s

30歳前後のサラリーマン。

後輩も増えて、仕事のリーダーを任されたりして、

「出世街道に乗った!」

なんて時もくるでしょう。

でもその分、ストレスもたまります。

少々の身体の不調を、全て「ストレスのせい」で

片づけてしまわないようにしましょう!

もし脳腫瘍ができた場合、

症状は大きく三段階に分かれます。

①脳腫瘍という余分なものができることにより、

頭蓋骨で囲まれた内部の圧力が高くなります。

「頭蓋内圧亢進(とうがいないあつこうしん)症状」

頭痛・嘔吐・傾眠などがおこります。

②脳腫瘍によって、

直接圧迫された脳の機能が障害されることによる症状。

「巣症状(そうしょうじょう)」

または

「局所症状(きょくしょしょうじょう)」

③脳の一部が異常興奮をきたすことによって起こる、

痙攣(けいれん)やてんかんの発作。

脳腫瘍が疑われる体調不良

0ef4f8f1146343de77f18c6dfef56143_s

❖頭痛

脳組織そのものには痛みの感覚はありません

脳腫瘍によって脳が押されたり傷ついたりしても、

痛みを感じることはないんです。

早朝起床時に多い頭痛は、

頭蓋内圧亢進症状に特徴的です。

起床時に最も強くて、

午前中に徐々に軽快する頭痛があれば、

脳腫瘍が疑われます。

ですがほとんどの頭痛は、

その他の種々の原因で起こります。

頭痛があっても、

必ずしも脳腫瘍があるとは限りません。

❖嘔吐

「頭蓋内圧亢進」による場合と、

「嘔吐中枢」の直接の刺激による場合があります。

嘔吐中枢は脳幹部にあり、

脳幹部やその近くの小脳腫瘍に、多くみられる症状です。

「頭蓋内圧亢進」による嘔吐は特徴的で、

吐き気がなくても突然噴出するような嘔吐をし、

その後は何事もなかったように食べることができます。

放射性嘔吐と呼ばれます。

❖視力障害

頭蓋内圧亢進による場合は、

雲や霧がかかったような見え方になります。

すぐに検査する必要があります。

❖複視(ふくし)

物が二重に見えることを言います。

眼球を動かすには、3本の脳神経と6つの筋肉が必要です。

脳腫瘍で脳神経およびその中枢が障害されると、

眼球の動きが悪くなり、ズレが生じ物が二重に見えます。

❖痙攣(けいれん)発作

「脳腫瘍」が刺激となり、

脳のある部分に無秩序な電気活動が生じて起こる発作を、

けいれん発作(またはてんかん発作)といいます。

刺激される脳の部位によって、

片方の手、または足が自分の意思に反して震えたりと、

様々な症状がでます。

他にも少しでも「おかしいな!」と感じたら、

必ずすぐに、脳神経外科を受診しましょう。

「休めば治る」とか「大げさな」とか

言っている場合ではありません。

異常がなければ、それに越したことはありませんから。

分かってる、ストレスや生活習慣との関係

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s

脳腫瘍の原因は、いまだにハッキリしていません

遺伝子の変異といわれていますが、

それ以上は不明なんです。

ただし、腫瘍の進行を助長するものとして、

  • 高タンパク・高脂肪の食品の過剰摂取
  • 過度のストレス
  • 喫煙

などが挙げられています。

また最近では、

携帯電話やパソコンなどから発生される電磁波による影響も、

言われ出しています。

実際に、日本以外の国では、

「スマホを耳に当てて電話をすると、脳腫瘍になる!」

と断言をして、ニュースまで流している国もあります。

わたしが出張でよく行く、香港や中国などでも、

本当にしょっちゅう見ます。

ただ、その因果関係はまだ立証されてはいないんですけど。。。

とはいえ、暗い部屋で一日中パソコンに向かっていたり、

携帯のゲームをして電磁波にさらされるのは、

決して良いこととは思えませんよね。

日常の生活習慣や、食生活と癌や腫瘍の増大は、

密接な関係にあると言われています。

ストレスを上手に発散し、適度な運動を行い、

規則正しい生活を心がけることが大切なのは

言うまでもない事。

あなたの命のために。

今一度、日常生活を見直してみませんか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です