その糖質は本当に大丈夫?正しく知ろう!太る原因とは?

スポンサードリンク

甘いものが食べたいっ!

でも太っちゃうしな~。。。

とお悩みのあなた!

これは若い女性なら誰もが悩む、

「永遠のテーマ」ですねっ。

マスコミやネット社会でも、次から次へと

  • 痩せる方法
  • 新手のダイエット法

などが紹介されます。

尽きることがありませんよね~(笑)

でも、「食べ物」と「太る」ことの関係、

基本原理をちゃんと理解さえすれば、

そんなに悩むことではありません。

しっかりとした基礎知識を知って、

あとは少しずつでも良いので、実行すること!です。

そんな、堅実志向のあなたに!

太る原因をお話しましょう。

スポンサードリンク

炭水化物に含まれる糖質をカット!

最近流行っているのが、

いわゆる糖質ダイエットですね。

「糖質を抜くことでダイエットにつなげる」

というダイエット方法。

でもその基本原理をちゃんと理解した上で、

みんながみんな、やっているんでしょうか?

何事も、その仕組みを知らずにやっているのと、

ちゃんと理解した上でやっているのでは、

意味合いが全く違ってきます

「わからない」

「そんな仕組みなんてわからなくても、やせればいいの…」

という人は、その時々に流行するダイエット方法を

ただやってみて・・・

成果が出ないで、次々と、

さまざまなダイエットを繰り返すだけになってしまいます。

どうせ取り組むなら、

仕組みを理解した上でやってみましょう!

今回強調したいのは、

「ちゃんと仕組みを知りましょう」

ということです。

インスリンの分泌もカギです

17f28a4e88e09ffdcff6c2a9476a0b7b_s

三大栄養素とは、

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質

の3つです。

この中で、糖質が含まれるのは炭水化物

人間の身体は、炭水化物に含まれる糖質を減らすと、

エネルギーが足りなくなってしまいます。

その不足したエネルギーを補おうとして、

脂肪を分解します。

こうすると、体の脂肪が減って、体重が落ちる・・・

逆に、炭水化物(糖質)をたくさん食べると、

エネルギーが余ってしまって、脂肪になる・・・

という仕組み。

太り体質を解消する仕組みは、もう一つあります。

その方法は、脂質の摂取を抑えること。

糖質を摂ると、食後の血糖値は上がります。

その血糖値を下げる目的で、

体内では、インスリンが分泌されます。

インスリンは、余っている糖を脂肪に変えて、

脂肪細胞に蓄える働きもあります。

なので、脂質を摂取を抑えると、

インスリンの分泌も抑えられるので、太りにくくなる、

という仕組みですね。

野菜ジュース等にも含まれる糖質

fbbf5ce53c1df64616746e9925cf201f_s

要するに、こうした2つの意味があり、

糖質を摂る事は太ることの原因になる、という事。

「糖質オフダイエット」は正しいんですね~。

でも、ちゃんと仕組みを理解した上で、

という前提がつきます。

しかも、糖質には結合数の少ない順から

  • 単糖類
  • 少糖類
  • 多糖類

の3種があります。

  1. 単糖類 果物・はちみつ等
  2. 少糖類 砂糖・牛乳など
  3. 多糖類 穀類・イモ類など

結合数が少ないほど吸収が早く、

果物などは、摂りすぎるとすぐに太る代表格です。

例えば、野菜不足を気にして

野菜ジュースを多く飲む習慣の人。

野菜ジュースには果物も結構含まれているので、

意外と糖質オフにはつながっていません。

炭水化物系の主食を減らしても、

ポテトサラダなどをよく食べる、

という人も同じパターンです。

糖質を無理に抑えたことによって、

その後のリバウンドを繰り返してしまう方も多いですよね~。

ですから、糖質オフも仕組みを理解して、

徐々に・気長に行う気持ちが必要でしょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です