十和田湖と言えば絶好の紅葉スポット!オススメ見頃時期は?

スポンサードリンク

秋と言えば?

食欲?

芸術??

それも良いでしょう。

でも、美しい自然をゆっくり鑑賞するのはいかがですか?

そう!

紅葉です。

美しい紅葉が楽しめる東北地方の中でも、

十和田湖の紅葉は素晴らしい!

日頃のストレスも吹き飛びそうな、

十和田湖の紅葉!見に行きた~い!

今回は、そんな声も聞こえてきそうな

十和田湖の紹介でーす。

スポンサードリンク

十和田湖ってどんなとこ?

十和田湖とは、

青森県十和田市と、秋田県鹿角郡小坂町、

この二つにまたがる、大きな湖です。

十和田八幡平国立公園内にあって、

日本の湖沼では12番目の面積・規模の、二重カルデラ湖。

深さは約326m(深い!)で、日本で3番目という深さ。

江戸時代より、郡の境界がハッキリせず、

十和田湖の帰属が決まらないため、

青森県と秋田県との境界は、

実はハッキリ決まっていなかったんです。

ようやく決まったのは、2008年8月29日(けっこう最近!)。

青森市で開催された、北海道・北東北知事サミットで、

青森、秋田両県と、関係自治体が、

『湖面の境界線を青森県6:秋田県4』

という割合で、青森と秋田の県境を決定、合意しました。

大変ですね〜(笑)

これで、1871年の廃藩置県以来、

137年目にして、ようやく県境が決定(笑)

61.02km²の十和田湖は、

  • 青森県十和田市に36.61km²
  • 秋田県小坂町に24.41km²

と、割り振られました。

そして更に、十和田湖および奥入瀬渓流として

国の特別名勝、天然記念物にも指定されて。

1936年には、周辺の奥入瀬渓流八甲田火山群と共に、

十和田八幡平国立公園に指定されました。

「十和田湖」の紅葉!

一度は、見頃の時期に見に行きたいものです。

今は、バスツアーなんかもありますし、楽ちんですよね!

有給休暇をとって行きたいところですが・・・

先輩の目が気になってしまうかも。。。 ^^;

十和田湖といえばヒメマスの養殖!


ヒメマスの姿焼き

和井内貞行という人をご存知ですか?

魚が一切住まなかった十和田湖に、

養魚事業を定着させた、すごい人(笑)

十和田湖の観光開発に人生をかけた和井内貞行は、

真珠の御木本幸吉(ミキモトブランドですね〜)、

ハマチの野綱和三郎と並ぶ、

『近代日本の養殖家三偉人』の一人!

1858年、秋田の武家に生まれた和井内貞行は、

16歳で学校の先生になったんですが、

23歳で小坂鉱山に転職。

この時に、十和田湖畔に住むことになりました。

2千人もの人々が働く鉱山には、何でも揃っていました。

新鮮な魚』以外は・・・。

「十和田湖で養魚を成功させたい!」

そう思った貞行は26歳の時、

自費で鯉の稚魚を6百匹放流しました。

5年後、鯉は十和田湖で大きく育ちましたが、

乱獲の為か?直ぐに獲れなくなり・・・

その後も毎年、稚魚(12年間で3万匹!!)

放流しましたが、すべて失敗。

38歳で、貞行は小坂鉱山をやめて、

一家で十和田湖の養魚事業に全てをかけます。

十和田湖にマスの孵化場を自費!で築き、

カワマス、日光マスなどの養魚に取り組んだものの、

またまた失敗。

貞行は資産を失い、多額の借金も抱えました。

44歳の時、家具調度も売り払い、

ヒメマスの卵を支笏湖から購入ふ化させて、

稚魚を十和田湖に放しました。

5万匹を最初に放流したのは1903年春。

2年半後の1905年秋、

貞行は十和田湖の湖面を見つめ続けました。

そんなある日、十和田湖の湖面がさざなみで揺れました!

ヒメマスが大挙して、十和田湖の浅瀬に、

産卵の為に押し寄せたんです。

22年間という凄まじく長い年月、

和井内貞行の血の吐くような努力が実った瞬間

と伝えられています。

こんな話を聞くと、「ヒメマス」を食べる時、

思わず躊躇してしまいそうですよね(笑)

でも私は鱒寿司大好きなんですよね〜♪

例年の紅葉見ごろ時期


十和田湖の紅葉

  • 十和田市十和田湖 : 10月中旬~下旬
  • 十和田市奥入瀬渓流 : 10月下旬~11月上旬
  • 十和田市蔦七沼 : 10月中旬~下旬

  • 見頃の時間 : 10月中旬~下旬
  • 主な標高 : 400m
  • 主な紅葉樹種 : カエデ、ブナ、ナナカマド、カツラ

【所在地】

青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486

問い合せ:0176-75-2425 十和田湖総合案内

【アクセス】

JR八戸駅→バスで2時間15分、バス停:十和田湖下車、徒歩すぐ

東北道十和田ICから国道103号経由33km 50分

駐車場:1,000台/410円

十和田湖周辺!紅葉おすすめスポット紹介!


十和田湖の遊覧船

❖十和田湖遊覧船はいかがでしょう?

十和田湖めぐり、最大の魅力は何といっても、

湖上遊覧でしょう!

豪快にして繊細な十和田湖!

その魅力を、四季折々の彩りで約50分間、

次々と見せてくれます。

運賃:大人1,400円 小人700円

グリーン室料:大人500円 小人250円

十和田観光電鉄株式会社/十和田湖双胴船

〒018-5501 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

TEL:0176-75-2201 FAX:0176-75-2205

❖奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の中にあり、

十和田湖から流出する、唯一の河川です。

十和田湖の子ノロ〜焼山まで、約14kmの流れが、

奥入瀬渓流とされ、四季を通しての景勝地

渓流には遊歩道が整備されていて、

渓流沿いにいくつもの滝が点在する十和田湖観光には

欠かせない散策ポイント。

渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいの

トレッキングが楽しめます。

紅葉の時期は、特に美しい景観。

1928年には、天然記念物にも指定されています。

❖乙女の像

国立公園指定15周年記念事業として、

1953年(昭和28年)に、

十和田湖畔の御前ケ浜北端に建てられました。

作者は「智恵子抄」で有名な、高村光太郎。

互いに左手を合わせる形で向き合う、

高さ2.1mの2人の裸婦像には、

「病弱だった妻・智恵子への想いが込められている」

と言われています。

神秘の湖・十和田湖の象徴的存在。

これほどの見事な紅葉!

一番の見頃に行きたいですよね〜!

土日のツアーは割高です。

有給休暇をとったら、お土産をタップリと買って帰りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です