秋のカナダのメープル街道!感動の紅葉が見れる最高の時期!

スポンサードリンク

紅葉は、四季があって、

自然が残っている国では見ることができる・・・

わけではないんです!

紅葉する木は落葉樹のみに限られ、

日本などの東アジア沿岸部、

ヨーロッパの一部、北アメリカ東部でしか、

見ることが出来ません。

※落葉樹・・・毎年秋に全部の葉が落葉して越年する木

そう!

日本は素晴らしいんです(笑)

スポンサードリンク

世界の美しい紅葉ランキング

数年前「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」

というテレビ番組で紹介されていた国です。

第3位 アメリカ

ニューヨーカーたちのオアシスで有名なセントラルパーク

第2位 カナダ

カナダ東部のオンタリオ州と、

ケベック州にまたがるセントローレンス川沿いの観光ルート、

通称「メープル街道

第1位 日本

メインは、近頃人気が高まっている、

茨城県国立ひたち海浜公園コキアの紅葉と、

日本三大紅葉(京都府嵐山、栃木県日光、大分県耶馬溪)

学生のとき、一度だけカナダに旅行に行った事があります。

8月の猛暑の時期だったのですが、

カナダは本当に涼しい〜!

そして何よりも良かったのは、広大な自然

日本の自然も良いですが、

カナダの自然は広大で、日本とは違った感動を

得られる事は間違いありません!

日本からの留学人気がトップクラスなのも、

頷けますね〜 ^^

治安も良いですし。

カナダ国旗


カナダ国旗

カナダの国旗は、

「メープルリーフ旗(The Maple Leaf Flag)」

とも呼ばれ、中央には

サトウカエデ(Sugar maple)」

の葉が配置されています。

サトウカエデは、カナダのニューファウンドランド州から、

アメリカのジョージア州、テキサスからミネソタ州にかけて

分布している植物。

寒冷な気候を好み、高さは30~40メートルまで達し、

葉は掌のように5裂していて、秋には鮮やかに紅葉します。

樹液は、カナダの名産品でもあるメープルシロップや、

メープルシュガーに加工され、

建築や家具など木材としても利用されます。

現在の国旗は、1965年2月15日から用いられ、

それまでは赤をベースに、左上にイギリス国旗を配置したものでした。

1921年から、国旗の一部にメイプルリーフが使用され、

開拓時代、食べ物がない冬期に、

先住民の教えにより楓の樹液をすすって飢えをしのいだことから、

カナダの厳しい自然の中での暮らしの象徴となりました。

現在の国旗は、両側に赤、

中央に白地に赤のメープルリーフが配置されていますが、

向かって右側を大西洋、左側は太平洋を、

そしてメイプルリーフの周りの白は、雪の降る様子を表しています。

また、12本のメイプルリーフのとげは、

10州と2準州の数を指しているといわれます。

1921年に、国のシンボルカラーとして赤と白が指定され、

赤はストロング(強さ)白はピュア(純粋)を表しています。

メープル街道


メープル街道とナイアガラ

国旗のシンボルでもあるサトウカエデですが、カナダ全土ではなく、

カナダ東部の限られた区域にしか存在しません。

中でも、北はケベックシティから、

南はナイアガラの滝まで続く約800kmの街道は、

メープル街道と呼ばれています。

秋になり一斉に紅葉すると、とても美しい景色が広がり、

観光客の人気スポットとなっています。

この街道沿いを現地では、

カナダ建国の歴史にまつわる都市が点在することから

「Heritage Highway(史跡街道)」と呼びます。

日本人が名付けたとされる「メープル街道」は

通じないんですよ。。。 ^^;

広大なエリアから、場所によって紅葉の見どころの時期に差が出たり、

天候にも左右されやすいため、

大まかにいうと9月最終週〜10月第2週がピークとなります。

地域ごとの紅葉見ごろ時期

・ナイアガラの滝

10月第2週中頃~10月第4週

メープル街道の最南部に位置する世界三大瀑布であり、

カナダ屈指の観光スポット。

秋の紅葉も見物!

カナダ最大の都市トロントが、ナイアガラの滝への拠点であり、

メープル街道の出発点

・サウザンド諸島

オタワから車で約2時間。

オンタリオ湖からセントローレンス川に注ぎ込む場所に、

数多くの島々が浮かぶ不思議なスポット。

紅葉の時期は、クルーズしながら景色を楽しめる

・オタワ

9月第5週~10月第4週

カナダの首都。(実は、トロントじゃありません ^^; )

ケベック州との境にあるオタワ川と、

世界遺産に指定されているリドウ運河が、

街中を流れ、水の都と呼ばれる。

郊外の公園の紅葉の他、ゴシック様式の国会議事堂も見物。

・アルゴンキン州立公園

9月第3週~10月第1週

東京都の約35倍の面積を持つという、

オンタリオ州最大にして、カナダ最古の公園

現地では、散策やカヌー、ハイキングスポットとして有名!

・モントリオール

9月第5週~10月第3週

北米のパリと称されるケベック州最大の都市で、

街中に楓の木が植えてあり、紅葉を楽しめる!

・ローレンシャン高原

9月第4週~10月第2週

ケベック州中部〜北部にかけて広がる高原。

中でも、高原で一番標高の高い、
モン・トランブラン(標高960m)から見渡す紅葉は絶景!

・ケベックシティ

世界遺産にも登録された街で、歴史的な建物が残る。

・イースタンタウンシップス

モントリオールとケベックシティの南側に位置する、

ローレンシャン高原と並ぶリゾートエリア。

まとめ


紅葉と国旗

メープル街道以外にも、

世界遺産のカナディアンロッキー

(北アメリカ大陸西部にあるロッキー山脈のカナダ部分)は、

秋になると、アスペンやポプラ、白樺などが、

一斉に黄色く色づくのも見事です!

見頃は、9月第3週〜9月第5週

メープル街道のさらに東にあるプリンスエドワード島は、

赤毛のアンの舞台になった場所でもあり、

秋には大変美しい紅葉も見ることができます。

各旅行会社でも、様々なツアーが企画されています。

今回紹介させて頂いた以外の情報もたくさんありますので、

是非、探してみてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加