花粉症の薬!副作用で眠気が起きない薬ってあるの?

スポンサードリンク

どんな薬でも、副作用はつきもの。

分かってはいるんですが、
説明書に書かれている副作用の項目を見てみると、
やっぱり怖くて飲みたくない。。。

そんな、気になる副作用。

花粉症の薬にも、やっぱり副作用はあります。

仕事が忙しい、エリートビジネスマンが特に気にする(?)、
花粉症の薬の副作用の中でも、

眠気が起きない薬はないの??

このことをお話ししましょう!!

花粉症の薬と眠気の関係

スポンサードリンク

花粉症の薬と言えば、
眠くなってしまう、ということは通説です。

  • 今日、花粉症の薬を飲んでるから、眠いんだよね〜
  • 花粉症の薬で、あたまがボ〜っとするんだよね〜

この眠気。

市販されている花粉症の薬の大きな欠点です。

でもどうして市販の花粉症の薬は、
眠くなってしまうのでしょうか?

それは、前の記事でもお話しした、
ヒスタミンに関係しています。

ヒスタミンは、
アレルギー反応を起こしてしまうというマイナスの面だけが、
世間一般には広がってしまっています。

だだ実は、脳を活性化するという、
大切な役割も担っているんですよね。

そんな、脳にとって大切なヒスタミン。

市販されている花粉症の薬には、抗ヒスタミン剤が含まれているので、
活動が抑えられてしまう。

脳内の活動が低下させられてしまうので
眠気が起こってしまうという仕組みなんです。

この仕組みから考えると、

花粉症の薬は眠くなるという表現自体が、
間違っていることになりますよね。

市販の花粉症の薬は、脳の活動を低下させる

という言い方の方が正しいと思います。

どう違うの?

こんな声が聞こえてきそうなので、
似たような例を一つ、挙げてみましょう!

それは、アルコールを摂取した状態。

アルコールは、眠気を誘うものではなく、
脳の判断力を低下させます。

判断力が低下してしまっているので、
車の運転のような、瞬間的な判断力が必要なことは、
禁止されているんです。

よく、

少し飲んだけど、眠くないから大丈夫・・・

と言っている人がいますが。。。

絶対に禁止!

眠気は関係ないんです!!

ヒスタミンを抑えるという状態は、
アルコールを摂取した脳の状態と同じことなんです。

怖いですよね〜。



市販の花粉症の薬を使わない理由

  • アルコールを摂取した状態なんて。。。
  • 日々の生活にまで影響が出てしまうような薬、飲めないよ。。。
  • 脳の活動を低下させない、そんな花粉症の薬は無いの?

はい。
あります。

これはちゃんと、病院で処方してもらうことが出来ます。

実は、花粉症の薬に含まれている抗ヒスタミン剤は、

第一世代と第二世代

この二つの種類に分類されます。

第一世代の抗ヒスタミン薬は、
花粉症対策の薬として、
最初に開発されました。

そのため、花粉症に対する即効性が高い

ただし、脳の機能の低下も大きいのが、
非常に大きなデメリットなんです。

そして、市販されている花粉症の薬のほとんどには、
この第一世代の抗ヒスタミン剤が含まれています。

市販の花粉症の薬でも、

『眠くならない花粉症の薬』

というキャッチコピーのものもありますが。

この薬はどうなのか?

実は、あまり効果はありません。

これらの薬のカラクリは、第一世代の抗ヒスタミン剤に、
カフェインが混ぜられています。

確かに眠気自体は、カフェイン効果で抑えられますが、
脳の活動そのものは、低下させられてしまいます。

次に第二世代の抗ヒスタミン剤。

こちらは、脳の機能の低下、
眠気が起こりにくいように配合されています。

ただその分、即効性は劣ってしまいます。

花粉症のシーズンの前、
少し早めに飲み始めなければいけない薬なんです。

この第二世代の抗ヒスタミン剤が
使われている花粉症の薬。

どうしたら手に入れられるのか?

それは、お医者さんに処方してもらえば、
購入することが出来ます。

ただ、お医者さんが処方する薬にも色々とあります。

仕事や勉強に支障をきたしたくないなど、
きちんと要望を伝えるようにしましょう。

特に、仕事で車などの運転をする人は、
必ず伝えるようにして下さい。

第二世代の抗ヒスタミン剤にも、
色々な配合のものが存在していますので。

脳の機能低下が最小限に抑えられる薬でも、
服用後は時間をあけなければいけないなど、
注意事項があります。

一日の服用回数も、変わってきますし、
眠気発現率も、10%〜1%と、
かなりの差が出てきます。

もしも、眠気が起きないように、
市販薬じゃなく、第二世代の花粉症を服用したい場合。

必ずお医者さんには、要望は伝えるようにして下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です