間違うと悪化する肩こりや偏頭痛!正しい目のケア方法とは?

スポンサードリンク

ツラ~い頭痛!

仕事にならないですし、遊ぶことすら出来ません。

なんとか少しでも治まってもらわないと、

テレビを見ることすらも、苦痛ですよね。。。

そんな頭痛ですが、いくつかの種類に分けられます。

中でもよく見られるのが、

偏頭痛と、目の疲労からくる頭痛(緊張型頭痛)の2つ。

それぞれに原因も違いますし、

その解消方法も全く違う

頭痛が起きた時には、

「自分はどちらの頭痛なんだろう・・・?」

これをまず考えましょう。

今回は、片頭痛と緊張型頭痛、

この二つのお話をしますね。

スポンサードリンク

PC作業による目の疲れは血行促進を!

普段から「目の使いすぎでは?」

と悩んでいるあなた!

目の使いすぎは、もはや現代病の一つ。

確かに、毎日デスクワークでのパソコン作業が中心の、

現代人特有の悩みです。

目の疲れから、頭が締め付けられるような痛みや、

後頭部にズシーンとした重い痛みが続きます。

首のこりや、肩こりも、同時に起きることも特徴です。


こうした目の使いすぎから、目が疲労し起こる頭痛は

緊張型頭痛」と呼ばれます。

パソコンのモニターなど、

同じ場所を長時間見つめ続けることから、

目の筋肉が緊張して、頭痛が起こります。

さらに、PC作業で同じ姿勢を続けている事から、

首や肩の筋肉の緊張で、血液の流れが停滞することで、

こりや痛みが起きます。

ですから、解消法は筋肉の緊張をとって、

血液の流れをよくすることがポイント!

具体的にやることは、こんな感じです。

  1. 運動やストレッチで肩や首の筋肉をほぐす。
  2. 入浴し、体全体や顔の決行をよくする。
  3. 入浴までしなくても蒸しタオルなどで目の周りを温めて
    血行を促進する。

私も近眼で、ふだんはメガネをかけていますので、

目の疲労度は、本当に激しくてツラいです ^^;

月に一回行っている理容室で当ててもらう蒸しタオル

これ、とても気持ちが良くって、天国にいる気分に(笑)

行きつけの理容店なんで、

「目の周りをまず押さえてよ…」

とリクエストまでしています。

偏頭痛は急激な「血管拡張」が原因


頭痛で苦しむ男女

一方、偏頭痛は、

血管が急激に広がることで神経を刺激して、

痛みが発生する症状。

極度の緊張が解けた時や、入浴中に症状が起きたり、

あるいは女性ホルモンの分泌が影響している、

とも言われています。

偏頭痛の解消法は

血管の拡張を抑えること」。

つまり、緊張型頭痛とは真逆なんですよ!

目の周りや、こめかみ部分の血管の拡張を防ぐため、

冷たいタオルなどで冷やします。

あるいはコーヒーの成分には、

血管を収縮させる作用があるので、

コーヒーを飲むと、偏頭痛を改善できる、

と言われています。

では、偏頭痛と緊張型頭痛の見分け方って、

具体的にどうしたら良いんでしょう??

片頭痛と緊張型頭痛の見分け方


頭痛で苦しむ男性

偏頭痛の痛み方は、こめかみの周辺が

ズキズキと脈を打つような痛みです。

頭部の片側や、あるいは両側で発生して、

数時間~数日間痛みが繰り返すのが、

特徴となっています。

男女別では、女性に起こりやすい症状としても知られます。

偏頭痛は、血管が急激に拡張することで起こります。

そして緊張型頭痛は、血管が収縮して、

血液の流れが悪くなることで起きます。

まさに逆のパターンですよね。

なので、頭痛の原因がどっちなのか?

見極めることが非常に重要!

間違った対処をしてしまうと、

悪化させてしまうんです。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です