頭痛や吐き気!男性は30歳から激変!めまいや下痢は大病?!

スポンサードリンク

頭痛だけでもツラいのに・・・

「吐き気」「めまい」「下痢」まで!

どうなってるの〜?

前の日に、羽目を外し過ぎたかな?

頭痛や吐き気がする。

もしそれが原因の場合、ちゃんと自分で理由が分かってるし、

時間が経てば落ち着いてきます。

仕事が忙しすぎて、

自分でもオーバーワークだという自覚もあって、

睡眠不足気味・・・

その上、仕事や会議でパソコンやスクリーンを見続けると、

クラッとめまいが・・・

そんな場合でも、一日か二日ほど、

しっかり休めば治まって、再発もなし。

スポンサードリンク

風邪をひいて、お腹に症状が出ると、

本当にツラい・・・

トイレから、まったく出られません。

こんな場合でも、病院に這うようにして辿り着き、

適切な処置と、薬を処方してもらえば。

徐々に楽になって、次の日くらいになると、

ちゃんとお腹が空いてきたりして。

ちゃんと原因が分かっている「頭痛」「吐き気」「めまい」「下痢」は、

その時はツラいですが、ちゃんとすぐに治ってくれます。

なのに、原因も分からず、そんな症状が続いたら・・・

もしかして、何か病気かも・・・っ!!

不安がつのってきてしまいます・・・

30歳代で自律神経バランスが崩れる男性は急増


体調が悪い男性

30~50代の男性で

「全く健康で体調の悪さを感じたことがない」

と、アンケートに回答したのは、

2割足らずの17.8%。

8割以上のビジネスマンが、

多かれ少なかれ、何らかの体調不良を抱えているんです。

そして、人間の身体の中で自律神経は、

健康と深い関わりがあります。

自律神経のバランス次第で、

健康にもなれれば、不健康にもなってしまう!

ということになります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経とは、自動車でいえばアクセルのようなもの。

反対に副交感神経は、リラックスしたときに働きます。

この2つのバランスが取れて、

初めて健康を手に入れることができます。

病気の約7~8割は、

交感神経が緊張状態で疲れきってしまうことで

発生しやすくなってしまいます。

この自律神経、特に副交感神経系は、

女性で40代から、男性はなんと30代から

働きがガクッと衰え始めます。

なので、男性は30代に入ると、

これまでにない肉体の異変に気が付くこともあるんです。

特に、自律神経のバランスの乱れが原因の、

免疫系の衰えは、早めに対処する必要があります。

一時間に一回くらいの

『ユックリとした深呼吸』

だけでも効果があります。

頭痛や吐き気、めまい、下痢から考えられる病気とは?


まず、頭痛やめまい、

吐き気の症状が続いていれば、絶対に放置しない事

めまいと吐き気だけなら、

最初は耳鼻科で良いかと思いますが、

頭痛もありますから、脳神経外科の受診をしたほうが良いでしょう。

慢性的な頭痛の大半は、

『機能性頭痛』と呼ばれるものです。

その代表的なものとしては、

「緊張型頭痛」と「群発頭痛」があります。

いずれも、生命に危険を及ぼす頭痛ではありません。

「緊張型頭痛」は、頭痛全体の7~8割を占め、

中高年の男女に多く、

ストレスが原因で起こることが多い頭痛です。

一方「群発頭痛」は、20~30歳代の男性に多く、

一定期間内にひっきりなしに、頭痛が起こります。

ただ「群発頭痛」は、吐き気などを伴う事はありません。

ここで疑われるのが、

日本で死因の3位になっている『脳梗塞』です。

脳梗塞は脳の血管の病気ですが、

前兆として「吐き気」「頭痛」「めまい」

があります。

ただ、しびれもなく、何より“下痢”が気になります。

そこで、他に疑われるのが『片頭痛』です。

片頭痛は、脳血流が増える場合に生じる拍動性の痛みです。

その特徴は、

  • 一回の頭痛は数時間~3日間ほど続く
  • 頭痛時に吐き気や嘔吐などを伴う事が多い
  • 遅くとも30歳頃までに発症する

などがあります。

「頭痛時に腹痛や下痢、発熱などの症状がでる」

ということから『片頭痛』である可能性が高いように思われます。

ただ、念のため“MRI”や“MRA”は、

脳神経外科で撮っておく方が良いでしょう。

たかが頭痛!されど頭痛!


片頭痛の女性

もし片頭痛だとしたら、

病院での治療法の中心は、薬物療法になります。

片頭痛の薬物療法には、大きく分けて2つの方法があります。

まず、頭痛発作が出る時のみに対処する方法で、

片頭痛の特効薬である「トリプタン剤」や、

「NSAIDS」と言われる消炎鎮痛剤があります。

これに対し、頭痛を予防するための薬もあります。

「抗うつ薬」「β遮断薬」「バルプロ酸」

「カルシウム拮抗薬」「ビタミンB2」などです。

正確な診断と、的確な薬物療法が、

片頭痛発作に効果を発揮します。

ただし、何事も自己判断は禁物!

そう。

たかが頭痛、されど頭痛なんです。

必ずかかりつけ医師に相談して、

紹介状を書いてもらいましょう!

検査設備の整った病院の受診がスムーズです。

命に係わる病気であれば大変です!

早期発見、早期治療に努めましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です