本当は蚊じゃない?そのかゆみ!腫れをともなう痒みに注意!

スポンサードリンク

蚊に刺されると・・・

我慢できずについつい掻いてしまいますよね〜。

私なんかは、少し気を緩めると、

知らず知らずのうちに、掻きむしってしまいます ^^;

でも、掻けば掻くほど、かゆみは酷くなってきてしまうし・・・

ちょっと待って下さい!

いつも以上に腫れていませんか??

もし、経験したことのない腫れや痛みがあったら、

気を付けてください!

スポンサードリンク

蚊に刺されてかゆくなる仕組み

痛みや痒みなど、皮膚炎を引き起こす原因となる主な虫は、

蚊、ノミ、ブユ、ハチ、アブ、ケムシなどの昆虫類や、

ダニ、クモ、ムカデなど昆虫以外の、いわゆる接触動物です。

そして、虫刺されの代表といえば、

家の中、人家周辺、野山など、どこでも生息できるですよね。

蚊に刺されると、ほとんどの人が発疹や痒みを生じます。

刺されてすぐに痒くなる即時型反応と、

後で症状が出る遅延型反応があるってご存知でしたか?

これは実は、生まれてから今までの刺された頻度、

回数や年齢などによって、身体の反応が分かれるんです。

また、いつまで経っても痒みが引かない、ひどく腫れるなど、

蚊に対するアレルギーを持っている方もいます。

蚊に刺されると、どうしてかゆくなるのか?

その仕組みはというと。

蚊はメスしか刺しません。

産卵のために、動物の血を吸うのですが、

吸っていることに気付かれないように、

痛みを麻痺させる麻酔となる唾液と、

空気に触れると血が固まって吸いにくくなるように、

血が固まらないようにする成分。

刺した時に、2つを同時に流します。

痒みや腫れは、この唾液に対するアレルギー反応です。

デング熱やブユ熱も怖い!


虫に刺された白人女性

また、2014年に全国を震撼させたデング熱は、

デングウイルスを持った「ネッタイシマカ」や「ヒトスジシマカ」などに

刺されることで感染します。

これは、蚊に刺された時に、

デング熱のウイルスに感染してしまって起こります。

デング熱に感染すると、2~10日ほどで突然の高熱と共に、

頭痛、目の奥の痛み、目の充血、顔面紅潮などの症状があります。

その後、全身の筋肉痛、骨関節通や全身倦怠感。

発症後3~4日後には、胸部、体幹に発疹が現れ、

四肢、顔面へと広がります。

食欲不振、腹痛、吐き気、嘔吐の消化器に症状が出る場合や、

血小板が低下しているため出血しやすくなっています。

気をつけて経過を診ないと、熱が平熱に戻る頃に、

血液中の液体成分が血管から漏れ出す、出血するなどの

デング出血熱を発症することがあります。

また、刺されたところが蚊の何倍も腫れあがっている場合は、

ブユ(関東ではブヨ・関西ではブト)が原因とも考えられます。

蚊と同様に、メスが産卵のため吸血しますが、

ブユは、皮膚を噛み切って吸血をするため、多少の痛みとともに、

噛み切られた跡が点状に出血、または流血します。

吸血時に唾液腺から毒素を注入するのですが、

ブユ刺症とも呼ばれ、刺されてから数時間後~翌日あたりから、

腫れ、発疹、痒み、発熱などの症状が現れ、

腫れや痒みは蚊に刺された時より強烈といいます。

蚊や虫に刺された時の対処法!


ポイントを言う美人女性

軽症であれば、自分で対処できます。

ですが蚊や虫刺されは、掻くと炎症が広がってしまい、

跡が残る原因にもなります。

一番良い方法は、患部を水で洗い流し清潔にした後に、

痒みを引き起こすヒスタミンの働きを抑える、

抗ヒスタミン成分の入った塗り薬を塗ります。

手元に薬がない時は、水で洗い流した後に、

患部を冷やして、神経の痒みの活動を抑えましょう。

石けんでゴシゴシ洗ったり、塩を揉み込んだりするのも、

意外と効果が高いので、おすすめの方法ですよ。

後は、お湯で温めたり、

絆創膏で空気との接触を無くしてしまったりする方法も、

かゆみが早めに引いてくれます。

ブユに刺された場合には、毒が浸透する前に、

ポイズンリムーバーという器具で、毒を吸い出します。

体内に毒が回らないように、口で吸いだすのはNGです。

毒を吸い出した後は、

ステロイド成分にヒスタミン成分などの痒みを抑える成分が

配合された塗り薬を塗ると、激しい痛みやかゆみが抑えられます。

応急処置でも痒みや腫れが引かないとか、

応急処置ができなかった場合は、

お医者さんに診てもらった方が良いでしょう。

ちなみにこのポイズンリムーバーは、

蚊に刺された時にも効果があるので、

一家に一台!あっても良いかもしれませんね(笑)

そして、もし熱が出てしまった時には、

デング熱の可能性も高いので、すぐに病院に直行するように!

デング熱は、日本では自費診療になってしまうのですが、

周囲に感染させてしまう事を考えると、隠すべきではないですよね。

ちなみにデング熱は、自分では治す事ができません。

ヘタに自分で治そうとすると、

悪化させてしまう危険があるの、でやめてくださいね!

虫に刺されないためには?


特に山や草むらに行く時は、

皮膚をできるだけ覆う服装にしましょう。

そして、肌が少しでも露出している部分には、

虫よけスプレーをすること。

蚊やブユは、本当に小さな隙間でも刺してきますからね〜 ^^;

あと、洋服の素材も注意が必要です。

蚊は、服の上からも刺してきます。

薄い素材だと、突き抜けてきてしまうんです。

少し暑いですが、デニムなら完璧!(笑)

自宅では、蚊取り線香などの虫除けや、

ハーブでの対策も良いですね。

また、虫はハッカの香りを嫌うようなので、

赤ちゃんやお子さんの大切なお肌には、

虫よけスプレーよりも、ハッカ油が良いでしょう。

寝る時には蚊帳を使うのも、良いかもしれません。

まとめ


人の血を吸う蚊

如何でしたか?

ブユに刺されているかもしれないなんて、

思いもよらなかったんじゃないでしょうか。

蚊とブユの外見は、素人目にはほとんど同じ

でも刺されると、1〜2センチも膨れ上がりますし、

かゆみや痛みも1週間以上も続いてしまいます。

とにかく厄介なんです。。。

今年の夏は、

「蚊だと思ったらブヨだった!」

とならないように、虫刺され対策は万全にしましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加