頭痛は危険な病気の信号かも!吐き気やめまいは要注意!

スポンサードリンク

2014年、タレントの磯野貴理子さんが、

脳梗塞で入院されたことがありました。

ご主人の迅速な対応もあって、

元気にお仕事ができるまでに回復されて

本当に良かったなぁ~と思います。

当日の磯野さんは、仕事の合間に帰ってきたご主人に

「身体がフラフラしていつもの私じゃないみたい」

とおっしゃったそうです。

ご主人は、いつもはさっさと歩くタイプの磯野さんが

つまづいたり、ふらついたりしていたことから、

異変にすぐ気が付いたといいます。

スポンサードリンク

日常生活での異変

先ほど脳梗塞といいましたが、

急性の脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの総称を

「脳卒中」といいます。

脳の血管が破れたり、詰まったりすることで、

脳細胞が破壊されてしまう病気です。

日本人の死亡原因の3位にあたります。

わたしが勤めている会社でも、こんな話を聞きました。

上司が、出張先のホテルの一室で脳卒中を起こし、

まもなく亡くなられた時。

ホテルから出てこない上司を心配した部下が、

マスターキーで中に入ると、

ベッドで大きないびきをかいていたと言います。

いびきは、脳血管障害から脳機能が壊れ、

喉などの筋肉が弛緩し、舌が落ち込んでしまうことで、

気道が圧迫されて、いびきをかくのだそうです。

今までいびきをかいていなかった人が、

急にいびきをかきだした!しかもものすごく大きい。

このような場合は、

すぐに脳神経外科に相談しなければいけません。

脳梗塞にかかる人のうちの約3割は、

日常生活の中で前触れがあったというデータもあるように。

いびきや、いびきが原因で、

体内の酸素が不足する睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、

一緒に生活している人がいれば、重要なサインとなります。

  • 【視覚障害】⇒ 字や物がぼやけてみえる。二重に見える
  • 【意識障害】⇒ 意識がぼんやりする
  • 【言語障害】⇒ ろれつが回らなくなる
  • 【嚥下障害】⇒ 食べ物が喉を通りにくくなる

その他、身体がしびれる、頭痛、高血圧など。

脳梗塞発見のサインとしての「FAST」

  • F(フェイス)⇒ 笑うと顔のゆがみが強調され、片方の麻痺がわかる
  • A(アーム) ⇒両腕を前に上げると片方が下がる
  • S(スピーチ)⇒ 短い文をスムーズに話せない、繰り返せない
  • T(タイム)⇒ 発見した場合は時間をおかずに受診する

頭痛やめまいは休めば治る、

休めないから良くならないんだと思っていませんか?

こんな重大な病気が隠れているかもしれないので、

けっして軽視してはいけないんです。

めまいの症状から考えられる主な病気


考える女性

一言にめまいとは言っても、

一般的に起こりやすいめまいは、大きくわけて

  • 回転性めまい
  • 浮動性めまい
  • 立ちくらみ

という3つに別れます。

「回転性めまい」は、

自分自身がグルグル回っている感じや

周囲がグルグル回っているめまいを言います。

急に発症することが多く、めまいの他に、

吐き気や嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)

などと言った症状を伴うこともあります。

耳の異常でよく起こるめまいですが、

脳の異常でも、回転性のめまいが起こることがあるので、

簡単に考えてはいけません。

主な病気

良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎、

外リンパ瘻、中耳炎、など

「浮動性めまい」は、

フワフワ揺れる感じのある症状。

他には、頭痛や痺れ、真っ直ぐ歩けないなど、

運動麻痺の神経に関わる症状を伴うことがあります。

急に症状が現れることもあれば、

徐々に症状が現れることもあります。

主な病気

脳出血/脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全、聴神経腫瘍

立ち上がるとクラッとする「立ちくらみ」は、

血圧の変動に関連する病気が考えられます。

主な病気

高血圧症、低血圧症、不整脈、低血糖症


その他のめまい

不安や心配事などのストレスが続くことで起こる

「心因性めまい」は、めまいの種類は一定しません。

めまいの他に、

眠れない、食欲がない、肩が凝る、便秘になる手足が震えるなど、

身体の調子を整える自律神経が乱れることによって、

様々な症状が起こります。

パニック障害は、

突然の激しい動悸、息苦しさ、苦しさ、めまい、

死ぬかと思うほどの恐怖感に突然追い詰められるなど、

こころの病気です。

薬物療法でも治していくことが可能ですが、

詳しくは、心療内科や精神科の医師にお尋ねください。

規則正しい生活を送ること


公園でジョギングする女性

回転性めまい、浮動性めまい、立ちくらみにかかわらず

どんなめまいにも共通していることは、

「規則正しい生活を送ること」が大切です。

  • タバコをひかえる
  • 塩分や水分、カフェインを摂り過ぎない
  • 油物を減らす
  • バランスのとれた食事
  • 睡眠を多くとる
  • リラックスする
  • ストレスを発散する

規則正しい生活を送っていることで、

日常生活の中で起きた異変にも、

気が付きやすくなります。

また、年に一年でも、

必ず健康診断を受けること。

健康診断で異常に気付く事も多いんです。

自律神経の乱れを整えるのは、

長期的になるので、大変かと思います。

内科的な処置は、お医者さんにお願いする。

自分では、規則正しい生活を取り戻すようにして、

心療内科にかかったり。

信頼のおける人に相談して、整体に通う、

ジョギングなど軽い運動をするなど、

少しずつ心を解放していくことが大切。

異常に気が付いたら、

すぐにお医者さんに見てもらって下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加