印象が悪くならないお見合いのお断り!理由やポイントとは?

スポンサードリンク

親戚や職場の上司、友人からのお見合いのお話。

でも、せっかくいただいたご縁でも

申し訳ないけど、

「ちょっと・・・」

ということはあると思います。

相手も同じ気持ちであれば、少しは気が楽なんですが。。。

紹介してくれた方との今後のお付き合いに影響がないように、

上手にお断りするための理由を考えてみました。

スポンサードリンク

お断りを連絡する相手は?

仲介する人がいるのか?

それとも、ネット婚活のように仲介する人がいないのか?

どの形式のお見合いでも、

お断りするのは、出来るだけ早いほうが良いです。

相手が好意を持ってくれている場合、

傷つけてしまうことには変わりありませんが、

早ければ早いほど傷が浅くてすみますからね~。

お互いに。。。

一般的には、お見合いから2、3日中、

遅くとも一週間以内には、返事をしなければいけません。

何度かデートを重ねてから決めるにしても、

3か月以内には、結論を出すのがマナー。

お断りを入れる相手ですが、結婚相談所からの紹介であれば、

担当仲人さんにお断りしたい旨を伝えれば、

仲人さんが手続きしてくれます。

親戚や職場の上司など、知人からの紹介であれば、

紹介者にお断りを入れます。

お見合いの段階で、相手と連絡先を交換するのは

マナー違反になります。

なので、紹介者を通して連絡を取るようにしてください。

お見合いから時間が経っていて、

相手とも連絡先を交換済みの場合は、

相手にもお断りを入れた方が良いでしょう。

友人から紹介されたデートのような場合、

相手と連絡先を交換済みであれば、

相手にお断りを入れてから、紹介してくれた友人にも、

ちゃんと報告してください。

直接会ってお断りする場合は、

友人に同伴をお願いしても良いかな~と思います。

婚活サイトを利用した場合は、

すでに相手の連絡先を知っていると思いますので、

直接相手にお断りを入れます。

お断り内容のポイントは?


"おじぎを

どんな形式のお見合いでも、

誠意を持って対応することが大切です。

結婚相談所からの紹介の場合は、

担当仲人さんが、上手く対応してくださると思いますので、

「相手がタイプではなかった」

などと、率直にお伝えしても良いと思います。

職場の上司や、恩師からの紹介の場合が、

紹介者との今後の付き合いを考えた時には、

一番難しいと思います。

紹介者の立場を考えて、相手に失礼のない範囲で、

ある程度は具体的な理由や、自分に合わなかったことを

お伝えすると良いんじゃないかな~と思います。

親戚や顔見知りの知人の場合は、

その紹介者との関係にもよると思いますが、

  • タイプじゃなかった
  • 会ってみて、やっぱり合わなかった

と、お伝えしてもよいのかな?と思いますが、

相手に非がある言葉は、避けた方が良いでしょう。

友人から紹介されたデートのような場合には、

相手にお断りを入れて、

友人へは、上手く行かなかったことを報告すれば良いと思います。

あなたのことを思って紹介してくれているので、

いくら親しくても、相手の欠点や相手に非のある言い方は

しない方が良いですね。

ネット婚活の場合には、

お断りの定型文が用意されている場合が多いです。

お見合いの直後であったり、

実際にお会いする前であれば、

定型文を利用されてもよいと思います。

お見合いから時間が経過しているなど、

相手に直接お断りを入れないといけない場合には、

相手を立てて、こちら側に非があるような理由にすると

良いでしょう。

印象が悪くならないお断りの例文

お見合いの直後のお断りとして。

結婚相談所の担当仲人さんには、

自分とは合わなかったため、辞退したいと伝えるほかに、

「気さくでとても好印象でしたが、(気になる点)がありました」

など、相手から受けた印象や感想を報告すると、

次回ご紹介いただく際に、考慮して貰えるようになります。

また、

「遅刻しても特段焦った様子もなく、

お詫びにも気持ちが籠っていなかった」

など、相手の気になる点をお伝えすることで、

その方へのアドバイスの参考になるのではないかな~とも思います。

そこまでしなくても良いかもしれませんけど ^^;

親戚や職場の上司など、知人からの紹介の場合は、

「立場が立派過ぎて、私では釣り合わないと思いました」

「お話させていただいて、お互いの価値観や考え方が合わないと感じました」

など、紹介者にも相手にも、

失礼のないような言葉を見つけてください。

友人の場合は、

「私にはもったいない」

「よいお友だちにはなれそうだけど…」

「別れた人がまだ忘れられない」

など、当たり障りない理由で良いと思います。

直接相手にお断りを入れる場合は、

「お会いして、色々とお話もさせて頂きましたが、

私が至らないばかりに、価値観の方向性に開きがあると感じました」

など、自分を下げる文例がよくありますが、

無理に理由を作らずに、

「優しいお兄さんのようで、

結婚相手として見ることができませんでした」

としても良いのかな?とも思います。

まとめ

理由の他に、お断りすることに対しての謝罪と、

紹介者には、自分のことを思って紹介してくださったことに対する感謝。

相手の方には、時間を割いてくださったことに対する感謝と、

一度でも縁が会って出会った方ですので、

相手の幸せを願う気持ちも忘れずにお伝えください。

このような気遣いが出来るか?出来ないか?

これが、良縁を引き寄せる分岐点になるはず!

見てる人は見てるんですよ~(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加