その結婚は本当に大丈夫?挨拶する前に確認するべき事とは?

スポンサードリンク

今年、妹が結婚しました。

兄弟の中でも歳がはなれていて、

一番上の兄とは、なんと一回りもはなれています。

20代後半にさしかかってもフリーターで生きていて、

自由奔放な妹なんですが、

簡単に結婚が決まった訳ではありません。

以前に一度、結婚が破談になったことがあるんです。

それを乗り越えての、今の結婚相手。

次は破談をしないように、どうしたら良いか?

色々と相談にも乗りました。

私は一度、離婚をしているんで(笑)

これから家族になりたい、なろうとしている人と、

長く家族のように一緒に暮らしていける人なのか?

結婚する前に確認しておくことは何か?

まとめてみました。

スポンサードリンク

結婚前に確認しておきたいこと

男性は、結婚に愛を求める傾向があるのに対し、

女性は、結婚=生活で、安定した生活を求める傾向があります。

一般的な女性目線で、一番重要視されているのは

お金のこと。

特に、こと借金に関しては、

結婚生活に多大な影響を及ぼします。

結婚前に話し合える関係を築き、

借金があれば返済計画を確認しましょう。

お給料の使い道など、金銭感覚も大切です。

収入と貯金と消費のバランスが取れていない、

遊ぶお金や、生活費の借金をしている人とは、

早めにお別れした方が良いでしょう。

次に価値観ですが、価値観とは、

「何が大事で、何が大事でないか」

という個人の判断です。

自分は仕事より家族との時間が大事と思っても、

彼は仕事を優先するかもしれません。

恋愛の時は、価値観が違う人に刺激を受けるかもしれません。

ですが、一緒に生活するには、

お互いに歩み寄ったり、譲り合ったりできなければ難しいと思います。

価値観がまったく同じ人なんて、この世にいません。

少しの違い。

でもその違いを、譲り合う事ができるかどうか?

これが大切です。

また、お互いの将来の目標についても、大きく差がないか?

目標に向かってサポートし合えるか?

確認しておく事も、大切です。

それから、彼の両親や家族と同居するのか?という問題。

彼と一緒に生活できるのかすら不安なのに、

これは非常に重要ですね。

同居の問題以前に、結婚すれば家族になるので、

お互いの家族構成や、家族の仲の良さ。

家族が抱えている問題があるか?

将来の両親の介護などについても、

事前にキチンと話しておく事も大切です。

結婚が決まる前には、お互いの家族と

少しでもコミュニケーションを取っておいた方が良いでしょう。

個人的には、

宗教に関しては、後程トラブルに発展しやすいので、

本人と家族含めて確認しておくことをお勧めします。

他にもたくさんありますので、

簡単にまとめておきました。

  • 彼の生活サイクルや、休日の日の過ごし方
  • 持病があるかどうか?などの健康状態について
  • 結婚後、彼が妻に対して何を求めているか
  • 家族設計について
  • 結婚観について
  • 自分に対する思い

仕事を辞めて家に入ってほしいのか?

自分は続けたいのか?

自分の将来に大きく関わってくることなので、

キチンと確認するようにしましょう。

また、一緒に生活していると、

相手の嫌なところがどうしても見えてきてしまうもの。

嫌いなところが少ない、

もしくは、嫌いなところが許せるかどうか?

も重要のポイントですね。

婚約とは口約束で成立する?


この人と結婚するんだ!

と決めたら、男性がプロポーズをします。(たぶん^^; )

受ける側か?する側か?という事はさておき。

一般的には、プロポーズが終わった後を、

婚約としています。

婚約には、婚姻届などの法的な手続きはありません。

法的な決まり事もありません。

二人の間の口約束なので、なかなか周囲の人には伝わりません。

ですので、結納や婚約パーティなど、

第三者に二人を認めてもらう方法や、

婚約指輪や婚約通知状など、

結婚の約束を表す品物を用意する場合があります。

結納と婚約指輪など合わせて用意する場合もありますね。

また、内縁の妻など聞いたことがあると思います。

婚約と一緒で、婚姻届を役所に提出しておりませんが、

内縁は、周囲から夫婦と認められる生活を送っている状態。

人の価値観はそれぞれなので、

内縁の妻でも良いという人もいらっしゃいます。

でもやっぱり多くの女性は、内縁の妻よりは、

結婚という形を取りたいはずだと思います。

マリッジブルー


マリッジブルーの女性

一方、結婚が決まってから幸せいっぱいのはずなのに、

将来に対する不安や結婚式の準備に追われて、

マリッジブルーになる方もいらっしゃいますよね〜。

マリッジブルーは一時的な感情。

個人差はあれど、いずれ落ち着くものなので、

焦って婚約解消をしないようにしましょう。

心が安定してから、婚約解消したことを後悔しないように、

マリッジブルーを乗り切るポイントを調べてみました。

  1. お互いの考えに相違を感じた時点で、話し合って歩み寄ること。
    時には第三者に仲介してもらうこと。
  2. 不安を感じたら周りに相談すること。決して一人で抱え込まない。
  3. 多くの女性が通る道で、不安になるのは私だけじゃないんだと考える。
  4. 環境が変わりホームシックになったら、
    新しい人に出会えるチャンスが増えたんだと考える。
  5. 結婚に対する不安や不満から彼のことが嫌いになってきたら、
    悪い部分も許すことができて結婚を了承したことを思い出す。
    彼の悪い部分ばかり考えない。
  6. もう一度、お互いについて確認しておく。
    将来のことや生活スタイル、自分が大切にしたいことや譲れないことを把握しあい、
    二人が納得できるルールを決めておくことが大切。
  7. 結婚したら自由がなくなるのではなく、工夫すれば自由は確保できると考える。

まとめ


チェックポイント

心が落ち着いてから後悔することのないように、一人で抱え込まず、

彼や、周囲の人に協力を求めることが大事だと思います。

結婚生活は、楽しいことばかりではありません。

人には言えない辛いことも、たくさんあります。

困難を迎えた時に、一緒に乗り越えられる人か?

また、自分が輝いていられるか?

焦らずに見極めましょう。

長く結婚生活をすると、辛いことだけじゃなく、

絶対に良い思い出も生まれてきます。

頑張ってくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加