メガネが子供のいじめの原因?!視力回復トレーニング方法とは?

スポンサードリンク

私の妹は、小学生の頃からメガネをしています。

そのきっかけになったのは、学校の眼科検診でした。

成長する度に視力が下がっていったので、

その度にメガネを買い替えて行ったのですが、

視力が下がって行くのを見るのは

身近にいて、とても悲しかったです。

完全に回復できなくても、

視力が下がっていくのを、なんとかくい止める方法って、

無いものなのでしょうか?

スポンサードリンク

子どもの視力低下の主な原因

人間はみんな、初めから1.0程度の視力を持っているわけではありません。

生まれたばかりの時は、視力がほとんど発達しておらず、

1歳ごろは0.3程度しかありません。

6歳ごろまで成長を続け、

小学校入学の頃に、ようやく1.0程度の視力に達するのだそうです。

この目の発達の時期に、

目を正しく使わず、目に良い健康状態を保てないと、

視力の低下に繋がる・・・というわけなんです。

子供の視力が下がってくる主な原因は、

目を酷使することによる疲れ目。

視力が悪いことの多くは、近くはよく見えても

遠くがぼやけてよく見えない近視をさすことが多いと思います。

ですが近視というものは、仮性近視と近視の大きく2つに分かれます。

仮性近視とは、

長時間の読書、ゲームなど目を酷使したことにより、

ピント調節をする筋肉に緊張が起こり、

一時的に視力が低下した状態のこと。

生活習慣の改善やトレーニング、目薬などにより、

症状を回復できる可能性があります。

一方、近視の場合は、眼球の屈折力に問題があるため、

悪化を防ぐことはできても、仮性近視のように生活習慣の改善等で

回復することは難しいのが現状です。

また、眼球や視神経には全く異常が無いのに、

脳に過剰なストレスがかかると、

一時的に視力が減退することがあります。

これを心因性視力障害といい、

脳にかかったストレスと取り除いてあげれば、

自然に視力が改善します。

その他の様々な原因


視力検査をする小学生

幼児期には、近視よりも遠視になることが多いです。

遠くのものも、近くのものも、どちらもぼやけて見える状態で、

目の成長不足が原因だといわれており、

成長につれて改善されることが多いです。

ただし、そのままにしておくと、

視力の発達に影響を及ぼしてしまいます。

必ず早めに、眼科医への相談は必要です。

また、目の発達の途中で、

病気や目の怪我による屈折異常(遠視、強度の近視、乱視など)、

いわゆる弱視と呼ばれる場合。

自己解決しようとせずに、適切な治療が必要です。

そして、両眼を使って一つのものを見ることができなくなる斜視は、

目の筋肉や神経の異常、遠視によるものなど、

人それぞれ、症状が異なります。

遠視が原因の場合は、メガネをかけて遠視を調節するなど、

原因によっては、特殊な機械を使った視能訓練が必要になりますので、

眼科医の診察が必要です。

生活改善や自宅でできるトレーニングなど


今すぐできる生活改善として、色々と紹介しておきます。

①長時間見続けない

テレビは見たい番組を決めてそれだけを見るようにする。

また、テレビから離れて見るようにする。

携帯ゲーム機、PCやスマートフォンなども時間を決める。

定期的に休憩を入れる

②読書や勉強をする時は、近づけすぎないように30cmくらい

離して見る

③30分ほど近くを見続けたら目の休憩をさせる

外の風景を見てみたり、部屋の中の時計や

カレンダーなど、離れた場所を見てみる

また外出中も、電車や車の中など乗り物の中で、

本や液晶画面を見続けないように気を付けましょう。

他には、目のマッサージですね。

  1. 両眼の間のくぼんだところを2秒押す。
  2. 眼窩の骨の一番上のくぼんだところを下から2秒。
  3. 頬骨の一番下の部分を下から2秒。
  4. こめかみを左右から2秒。
  5. 親指をこめかみにあてて人差し指の横で、
    目のまわりマッサージを上下二回ずつ。

この5つを一回ないし、二回繰り返すとよいでしょう。

ちなみに眼窩(がんか)とは、

眼球の収まる頭蓋骨のくぼみのことです。

簡単な目の体操も実践してみて下さい。

  1. 目を強くつぶり10秒上を見る
  2. 目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返す
  3. 指の先端を目で追う運動(顔は動かさない)
    自分で行う場合は∞を3回指で描き目で追う
  4. 指を奥から手前へ3回動かして目を追う
    1~4を5分間行うことで効果が表れるそうです。

また、目にはブルーベリーがよいと聞きますが、

ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が、

視力低下を防いだり、疲れ目を和らげる効果があると言われています。

ただ、効果がある特別な食べ物を、意識して食べさせるよりも、

バランスのよい食事を心がけたほうが良いでしょう。

緑黄色野菜や青魚をあまり食べない場合は、

βカロテンやDHAを、他の食品で補うようにしましょう。

最後に、メガネをかけると視力の低下が進行するかどうか?

という問題。

遺伝的な要因が大きい近視の場合は、

メガネをかけ始めても遺伝的な因子により、

お父さんかお母さんの近視のレベルにまで

進行し続けてしまう可能性が高いです。

むしろ無理してメガネをかけずにいると、

目が疲れることで、かえって近視が進行する場合があります。

日頃の生活習慣を改善しても変わらない場合は、

早急に眼科にかかり、眼科医に相談されることが良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です