三大喧嘩祭りの一つ!新居浜太鼓祭りの魅力や2015年の日程!

スポンサードリンク

男の祭り『新居浜太鼓祭り』って、

想像以上に凄いです!

新居浜太鼓祭りは、愛媛県新居浜市を代表する秋祭り。

「徳島の阿波踊り」「高知のよさこい祭り」と並んで、

四国三大祭りとしても知られています。

現在9地区で、全52台の太鼓台が参加しています。

各太鼓台は、それぞれ自治会や青年団が中心になって、

運営、管理等を行っています。

スポンサードリンク

祭りの発生時期は、平安から鎌倉時代には存在したという説が有力。

太鼓台は、神社祭礼の際に

御輿のお供をする山車の一種であったものが大元。

時代を経るごとに、次第に祭りの中心的存在となっていきました。

幕末から明治時代初期の太鼓台は、

現在の子供太鼓台くらいの大きさしかなく、

飾りも質素でした。

しかし、別子銅山の開坑により産業が発展。

地域経済の発達により、太鼓台を所有する地域の対抗意識も高まって、

明治中期以降から急速に大型化!

明治時代中期から、現在の太鼓台と同じくらいの大きさになりました。

また、飾り幕は豪華に、

天幕も膨らみを持ったものを付けるようになりました。

現在では、瀬戸内沿岸の数多い太鼓台の中でも、

150人余りの男衆で差し上げられます。

澄んだ秋空に舞う新居浜太鼓台の姿は、

その豪華絢爛さ、勇壮華麗なことから「男祭り」と呼ばれ、

毎年約10万人の観衆を魅了する祭りとして、

全国的にも有名になりました。

実際、動画はスゴイです!

ぜひカップルで見に行かれてはどうでしょう♪

2015年の『新居浜太鼓祭り』の日程など、

しっかりリサーチします!

彼女が男衆にウットリしないように、捕まえておきましょうね(笑)

『新居浜太鼓祭り』の口コミ紹介しますね~


太鼓に望む女性

新居浜太鼓祭りは、日本三大けんか祭りとして有名です。

金糸に彩られた太鼓台と呼ばれるおよそ3トンの山車を、

150人ほどの「かき夫」とよばれる担ぎ手に担がれて、

市内を練り歩きます。

大きく分けると、市内3地区でかき比べが行われます。

突発的に起こる太鼓台同士の喧嘩には気を付けてください!

そして、会場には駐車場がほとんどありません。

タクシー等の利用がおススメです。

2014年、『新居浜の太鼓祭り』に初参加しました。

新居浜の人は、太鼓祭りのために一年間過ごす!?

と言っても過言ではないくらい熱のこもった祭り!

ものすごく重い太鼓を皆で担いで半ば喧嘩?

みたいな迫力でした。

祭りを通して皆がひとつになってる!って感じですね〜。

新居浜太鼓祭りの見どころなどを紹介


『新居浜太鼓祭り』は男祭りであり、

主に男性のみが祭りに参加します。

祭りのメインは、太鼓台と呼ばれる巨大な山車の練り歩きです。

瀬戸内海沿岸では、『新居浜太鼓祭り』に似た山車が見受けられますが、

その中でも新居浜のものは巨大で絢爛豪華!

高さ約5.4m、長さ約11m、重さ約2.5tにもなる太鼓台を、

総勢150人ほどの「かき夫」と呼ばれる担ぎ手たちが担ぎ上げる様は

まさに勇壮そのものです。

◎太鼓台従事者

❖総責任者

太鼓台の先頭に立って、太鼓台の動きを指示する人たち。

❖指揮者

前後2人ずつ計4人が「かき棒」の上で、

太鼓台の進行、演技方法を笛と指揮棒(手旗)と掛け声によって

「かき夫」に伝える人たち。

❖太鼓係

太鼓台の内部に吊られ固定された太鼓を、

2人が向かい合ってたたきます。

「指揮者」の指示により、たたき方を変えて

「かき夫」を盛り上げます!

❖重係

太鼓台の巨大化で障害物を撤去する必要が生じ、

「重り」の上に乗ってその仕事をします。

前後2人ずつ計4人が「くくり」周辺に配置されます。

❖かき夫

揃いのハッピで、太鼓台の「かき棒」を支え、

「指揮者」の指示で太鼓台を担ぎ上げたり、差し上げたりする人たち。

1台あたり約150人で構成します。

❖運行係

太鼓台の運行を「かき棒」棒端で調整したり、

祭りの最中に事故が起きないよう、太鼓台の進路を確保する人たち。

❖車係

太鼓台の「台場」に設置する台車や二輪車を着脱する人たち。

◎見どころは?

太鼓台の経緯欄豪華なこと!

飾りや、揺れる大きな房。

迫力満点なのに装飾は細かいんです。

太鼓台を見るだけでも、祭りに行く価値ありですよ!

この太鼓台、通常は“車輪”がついた状態で運行されるのですが、

会場での「かきくらべ」では、車輪を外して「かき夫」が担ぎ上げ、

天高く「さしあげ」をします!

天高く「さしあげ」をします!

男衆を鼓舞するように太鼓が早打ちされ、

太鼓に乗った指揮者の絶妙な指示で競い合う、

まさしく男衆の力比べ、技比べです。

「かきくらべ」は、祭り期間中、市内各所で繰り広げられます。

新居浜太鼓祭り!2015年の日程やアクセス方法、注意点など


太鼓を叩く男性

開催期間:2015年10月16日(金) ~ 18日(日)

問い合せ:新居浜市 ℡0897-65-1261

新居浜市観光協会 ℡0897-32-4028

『新居浜太鼓祭り』での喧嘩というのは、

鉢合わせとも言われる、太鼓台同士をぶつけ合うことなんです。

実のところ、この鉢合わせは、祭りを盛り上げるために、

地区同士の話し合いで行われる場合もあれば、

突発的に発生する場合もあるんです!

毎年祭り期間中は、安全面も考慮して、

愛媛県警から機動隊も投入されるみたいですよ。

それでも毎年鉢合わせで、怪我人が出てしまうようです。

見物する時は、巻き込まれないようにしましょう。

※太鼓台の周辺は危険です、安全な場所で見物しましょう。

◎どこで見るのが良いのでしょう?

祭り期間中に、有料観覧席が3,000円で販売されます。

有料観覧席:一宮の杜ミュージアム(一宮神社南参道)

◆観覧チケット販売所

    • イオンモール新居浜2F総合インフォメーション (0897)31-0500
    • トップツアー新居浜支店 (0897)37-0181
    • フジトラベルサービストムズ新居浜営業所 (0897)32-4001
    • 読売旅行 新居浜営業所 (0897)65-3065
    • 銅夢にいはま (0897)35-2468
    • 一宮の杜ミュージアム事務局 (0897)37-1123

◆駐車場情報

例年通りなら、新居浜市経済センターJAグリーンの駐車所と

山根グランド周辺です。

新居浜駅から会場行きのシャトルバスが、運行されると思います。

シャトルバスなら迷うことなく会場に到着します。

(これも例年通りなら)

◆「おまつり広場」・「一宮の杜ミュージアム」へのアクセス

        • 新居浜駅から 車で約10分/新居浜インターから約20分
        • 国道11号西之端交差点から車で約15分
        • 国道11号東城交差点から車で約15分

❖新居浜市外からのアクセス

          • 岡山から 車で約1時間40分、JRで約1時間40分
          • 松山から 車で約1時間、JRで約1時間
          • 高松から 車で約1時間10分、JRで約1時間30分
          • 徳島から 車で約1時間40分、JRで約3時間
          • 高知から 車で約1時間30分、JRで約2時間30分
          • 尾道から 車で約2時間10分
          • 松山空港からは車で約1時間10分、高松空港からは車で約1時間20分
          • 大阪・神戸方面からはフェリーで約9時間

ちなみに日本三大喧嘩祭りとは、

          • 新居浜太鼓祭り
          • 伊万里トンテントン祭り
          • 飯坂けんか祭り

の総称です。

くれぐれも、気を付けて見物しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です