夏バテを根本的に解決するには?手軽な運動で解消しよう!

スポンサードリンク

夏になると、なんだかダルくなる。。。

どこに行っても、冷房がガンガンに効いています。

だから、冷房が効いている環境に身体が慣れてしまって、

とってもだるい。

特に、東京などの都会だと、

照り返しが強い屋外と、エアコンがガンガンに効いている屋内を

行ったり来たり・・・

ダルいからよけいに、冷房が効いている部屋に居ついてしまいますし。。。

気を付けないと、すぐに夏バテしてしまいますよね〜。

スポンサードリンク

夏バテを運動で解消

夏バテって、どんな症状なの?

具体的にはよくわかっていない人も、

たくさんいるはずです。

食欲が低下したり、

全身が倦怠感に包まれてしまう。

これが夏バテの主な症状です。

学生さんだと、今まで夏バテを経験したことがなくても、

20歳を超えてきた辺りから、体力が減ってくるので

夏バテになりやすくなってしまいます。。。

病気ではないとは言え、酷くなってくると、

頭痛やめまい、発熱を起こしてしまうことも!

でも、身体がダルいからといって、ダラダラするのではなく

簡単な運動でリセットするようにしましょう!

運動には、自律神経の働きを整える効果があります。

自律神経の乱れによって起こる夏バテを、

予防・解消することが出来るんです。

どんな運動が良いの?


軽快にジョギングする女性

適度な運動は、夏バテの撃退に効果があります。

しかし、炎天下でのハードな運動は疲れを呼び、

熱中症などの危険もあります。

夏の時期ならでは! の、

マイペースで行う事の出来る運動がオススメ!

手軽な方法としては、朝晩の涼しい時間帯のウォーキング。

30分間程度、軽く息切れするくらいの速さを意識して

ウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングをするコツとしては、

まず、背筋を伸ばして前方を真っ直ぐ見て、

腕を前後に大きく振って、足はカカトから下ろす、

という歩き方を、意識して歩く。

他にも、長時間ゆっくり泳ぐのも効果的。

心肺機能を高める効果も高いですので、オススメの運動です。

背泳ぎだと、効果は低いですけど ^^;

水泳は、泳いでいる時には気付きにくいのですが、

かなりハードな全身運動になります。

体力や体調に合わせて、休憩を入れつつ行うこと。

またジムに通って有酸素運動をする事も、

夏バテの解消に効果が期待できます。

暑い夏こそダラダラするのではなく、

運動をして汗をかくことが大切なんですよ〜。

運動による効果


クロールをする男性

夏になると、冷たいジュースやアイスクリームを

ついつい食べてしまいますよね~。

甘いものを頻繁に食べていると、

糖の摂取量が高くなってしまいます。

上がり過ぎた血糖値は、

運動によって下げる事が出来ます。

血糖値が下がる事により、食欲が増すので

他の栄養素摂取が可能になります。

交感神経と副交感神経のバランスを取るためには

運動する事が一番良いとされています。

また快眠を得るにも、運動が効果的。

運動をして、昼間に体温を上げておいて、

夜までにクールダウン・・・

というのがポイント!

昼間身体を動かしておく事は、とても重要なんです。

運動する時間も注意しましょう。

ウォーキングの場合には、

日中の気温が上がっているうちを避けたり、

水分を摂るなど注意して行うこと。

汗もこまめに拭き取り、

喉が渇きを感じる前に水分を摂ることが大切です。

暑い夏こそ、運動をして健康的にすごしたいですよね〜!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加