子供と楽しむハロウィン仮装!ディズニーランドのイベント紹介

スポンサードリンク

今は、小さい頃からの英語教育が盛んですし、

ハロウィンという日があることを知っているお子さんも

増えてきました。

ですが、日本の一般家庭でハロウィンパーティをするお宅は

まだまだ少ないでしょう。

ハロウィンパーティーを開催しようと思っても、

どんな風に過ごしたら良いか?

考えあぐねているお父さんお母さんも多いでしょう。

そんな時には、

CMでも放映されているディズニーランドのハロウィンに

連れて行ってあげるのは如何でしょう?

お子さんも満足すること間違いなしですし、

わたしたち大人も、ハロウィンを十分に満喫できますよ!

スポンサードリンク

ディズニー・ハロウィーンとは?

公式には、ディズニー・ハロウィーン (Disney’s Halloween)

と呼ばれています。

毎年9月上旬から10月31日にかけて行われている、

秋のスペシャルイベントです。

東京ディズニーランドでは1997年から開始。

東京ディズニーシーでは2008年に、

ディズニー・ア・ラ・カルトの一環として、

ハロウィーンイベントを実施し、

2009年から正式なイベントとなりました。

2015年の今年は、9月8日から11月1日となっております。

1997年のスタート時は、10月31日のみのイベントで、

仮装したゲスト(入場客)が、

トゥーンタウン(ミッキーと仲間たちの住む街)に集まりましたが、

パレードなどは特にありませんでした。

毎年、イベント開催期間中は、東京ディズニーランドでは

カボチャやゴーストなどのデコレーションが施され、

東京ディズニーシーでは、

異国情緒あふれる華やかな装飾がされます。

パーク内に入るだけでも、楽しい事は間違いないでしょう!

2014年に行われた主なイベント



この記事を書いている今は、

まだ2015年の予定が出ていませんので、

2014年度を御紹介します。

2014年でいうと、東京ディズニーランドでは、

  • ハッピーハロウィーンハーベスト
    ⇒パレード
  • スーパードゥーパー・ジャンピンタイム
    ⇒プラザパビリオン・スタンドで行われる参加型キッズショー
  • ハッピーハロウィーン・アミーゴス!
    ⇒ラッキーナゲットカフェにある、
    ラッキーナゲットステージで行われるショー

東京ディズニーシーでは、

  • ニューヨーク・ハロウィーン・フォーリーズ
    ⇒ウォーターフロントパークにて開催されるショー
  • ウェルカム・スケルトン・フレンズ
    ⇒リドアイルでゲストと仲良くなりたい、
    スケルトンたちが開くイベント
  • チップとデールのスケルトンフィエスタ
    ⇒チップとデールたちが繰り広げるミニパレード
  • スケルトンのストリートパーティ
    ⇒メディテレーニアンハーバー周辺や,
    アメリカンウォーターフロント、ロストリバーデルタなどで
    スケルトンたちがパフォーマンスを行う
  • パークワイド、ナイトハイ・ハロウィーン
    ⇒花火

などのイベントがありました。

超重要!仮装期間と注意事項!


ハロウィンのかぼちゃ

ディズニー・ハロウィーン期間の第一週と最終週は、

ゲストが全身仮装することが許されています。

通称“Dハロ”と呼ばれています。

ただし、以下のルールが決められています。

まずは、ディズニーのキャラクターのみ。

ディズニーアニメーションやパーク内に登場するキャラクターのみで、

実写映画の登場人物やキャスト(従業員)のかたのコスチュームも禁止です。

実写映画でもパーク内に登場するキャラクターは

一部許可されてはいますが、

不安なキャラクターの場合には、

公式ホームページでご確認ください。

また、キャストさんのコスチュームは

小学生以下のみOKとなっています。

次に、ひげを描く・つける、肌の色を極端に変える、

傷跡を描く・つける、お面・ゴムマスクの着用は禁止です。

頬っぺたなどにワンポイントのお化けや、

カボチャなどのシールやファイスペインティングは

OKとなっています。

装飾品は、

幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのサイズ内のものであれば

持ち込め可能。

ただし、サイズはクリアしていても、

長いチェーンや先が尖っているものは禁止です。

そして、服装に関しては、

肩紐がないストラップレスドレスや、おへその露出など、

肌が多く見える衣装は禁止となっています。

また、引きずるほどのロングスカートやドレス、

ベールなどは、転倒の原因にもなりうるため禁止です。

丈の長さの目安は、くるぶし丈です。

水着・下着・全身タイツも禁止です。

たとえミッキーマウスであっても、全身タイツは禁止だそうです。

最後にその他のルールとして、

着替えが必要な場合は着替えスペースを利用し、

決してトイレでは着替えないこと。

ただし、最終週などの混雑時では

着替えるのに5時間半待ちなどあったそうですので、

車で来て車内で着替える、などの工夫をした方が良いですね。

他のかたの仮装姿の写真を撮る時は、

必ずご本人の許可を得てから撮影するようにします。

勝手に撮ってしまうと、トラブルの原因になりますので、

止めましょう。

中学生以上が全身仮装できるのは、

ディズニーランドのみ。

ディズニーシーには、仮装のままの入場はできません。

全身仮装日以外のハロウィーン期間内は、

ワンポイントアイテムなど部分的に仮装する「ちょこっと仮装」が

許可されています。

出かける前に公式サイトを再度確認して、

楽しい一日となりますように。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加