感動すること間違いなし!孫から送る金婚式のメッセージ

スポンサードリンク

もしも、結婚50年目の金婚式を迎える夫婦が身内にいたら、

子や孫が中心となって、盛大に祝ってみましょう。

金婚式では、食事会は外せません。

温泉旅館の宿泊券をプレゼントするのもいいけれど、

せっかくならば、記念となるプレゼントも

一緒に贈りたい。

そしてやっぱりメッセージカード。

気持ちはやっぱり、言葉で伝えた方が

相手にちゃんと伝わります。

直接言うのは恥ずかしい。

でも、メッセージカードなら贈りやすい。

それに、形に残りますからね〜!

スポンサードリンク

最近流行っている贈り物

金婚式を企画するときには、

お祝いの席だけじゃなく、

贈り物を考えている方も多いでしょう。

定番の贈り物としては、

  • ご夫婦のお名前が入った時計やマグカップ
  • 夫婦箸や夫婦茶碗

などがあります。

そして最近、

ご夫婦のお名前からできたポエムに、

かわいらしい絵柄を添えた「感謝の筆文字」「名前詩」、

または「ネームインポエム」

といった贈り物が、人気急上昇!

外部サイト

世界に一つしかないオリジナル感が出ていて、

これはこれで素晴らしい贈り物だと思いました。

心の籠ったプレゼント



私の祖父母は、父方、母方ともに

金婚式を行いました。

主催者は、私の父と母。

・・・と言いたいところなんですが、

父は次男で、母は四女。

やっぱりどちらも、主催者は長男、長女が執り行いました。

そして、私たち孫やひ孫からも、色々なものをプレゼントしました。

ひ孫はまだまだ小さいので、手書きの似顔絵を送っていましたが、

これが一番嬉しかったようですね(笑)

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、

孫やひ孫からもらえるものは、なんでも嬉しいのではないでしょうか。

それに、プレゼントのために、

好きなものを買わずに我慢をしたり・・・

なんて、無理をさせてまで、

高価なプレゼントを望んではいないでしょう。

うちの両親も、誕生日にプレゼントをあげると喜んでくれます。

ですが、高価なものをプレゼントすると

「無理したんじゃないの」

と心配されてしまいます。

心の籠ったプレゼントって、なかなか贈る機会ってありません。

こういう機会じゃないと、

手紙やメッセージカードを贈る機会もありませんよね。

ですのでぜひ金婚式に食事会を開催したりして、

プレゼントと一緒に、手紙やメッセージカードを添えてみるのも

良いんじゃないかな〜と思います。

おしゃれな便箋や、メッセージカードを探しに行くのも

結構楽しいものですよ!

どんなことを書いたらいい?


孫からの手紙

時候の挨拶から始まるような、

形式的なものじゃない方が良いでしょう。

自分が書きたいと思うことを書けば良いと思います。

まずは、金婚式おめでとうというお祝いの言葉は必要でしょう。

金婚式は、誰もが迎えられることではありません。

「今日のよき日を二人そろって元気で迎えられたことは本当におめでたく、

私たち家族にとってもとても嬉しい」

という気持ちを伝えましょう。

お祝いに始まり、次は祖父母と自分の思い出を書く・・・

というアドバイスがほとんどですが、

二人に対しての印象やエピソードを話すのもオススメです。

私の親戚でつい最近、金婚式を迎えた夫婦がいましたが、

畑仕事をするのも旅行に行くのもいつも一緒で、

二人揃って何かをしている姿は、とても微笑ましいものでした。

皆で出かけていても、

いつの間にか隣同士に並んで歩調を合わせていて、

傍に寄ると同じものをみたお互いの感想を伝えあっていました。

いつか私も二人と同じような家族が持てるといいな〜

といったような、二人のエピソードを語ってみてください。

締めくくりは、

「これからも変わらず仲良しな二人でいてください」

といった内容で良いかと思います。

先にも書きましたとおり、

誰もがもれなく経験できるお祝いではありません。

なので、結婚してから半世紀を一緒に過ごしたお二人に対して、

感謝と称賛をおくるとともに。

家族の一員として、一緒にお祝いできることを心から喜んで欲しいなと、

心の底からわたしは思っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加